河南駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河南駅(かわみなみえき)は、石川県加賀市河南町に存在した北陸鉄道山中線山代線加南線)の である。1971年(昭和46年)、同線の廃線に伴い廃駅となった。

概要[編集]

加南線を構成する山中線から連絡線(後の山代線)が分岐する駅。

駅構造[編集]

島式ホーム2面3線を有し、ホーム上に木造の駅舎が設けられていた。

歴史[編集]

  • 1899年(明治32年)10月8日 - 山中馬車鉄道山中村(山中) - 当駅間開業とともに同社の駅として開業。
  • 1900年(明治33年)5月16日 - 山中馬車鉄道当駅 - 三木村(大聖寺)間開業。中間駅となる。
  • 1912年(明治45年) - 山中電軌への改称により同社の駅となる。
  • 1913年(大正2年)11月16日 - 山中電軌の温泉電軌への譲渡により同社の駅となる。
  • 1914年(大正3年)10月1日 - 連絡線当駅 - 山代東口間開業。分岐駅となる。
  • 1943年(昭和18年)10月13日 - 北陸鉄道への合併により同社の駅となる。
  • 1963年(昭和38年)7月19日 - 連絡線が山代線へ改称。 
  • 1971年(昭和46年)7月11日 - 加南線全線廃止により廃駅。

隣の駅[編集]

北陸鉄道
山中線
二天駅 - 河南駅 - 黒瀬駅
山代線(旧・連絡線)
河南駅 - 山代駅

廃止後[編集]

加南線廃止後は線路跡が生活道路となっており、分岐部もほぼそのままの形で面影を残している。

関連項目[編集]

座標: 北緯36度16分52秒 東経136度20分56.7秒