片山津駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片山津駅(かたやまづえき)は、石川県加賀市片山津温泉に存在した北陸鉄道片山津線加南線)のである。1965年(昭和40年)、同線の廃線に伴い廃駅となった。

概要[編集]

片山津温泉の最寄駅で、加賀温泉郷の主要4温泉の中では馬車鉄道の開業が最も遅く、電車への転換も最後となった。なお馬車鉄道の時代から温泉電軌によって運営が行われていた。

駅構造[編集]

電化開業当初は島式ホーム1面2線であったが、後年に本線の駅舎に面した位置にもホームが造られてここで客扱いを行うようになっていた。また当初から存在したホームの上屋は側線の線路を覆う大きさであった。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

北陸鉄道
片山津線
片山津本町駅 - 片山津駅

廃止後[編集]

駅の跡地には廃止翌年の1966年(昭和41年)2月19日に片山津バスターミナルが設置され、鉄道駅時代と同様に国鉄との連絡乗車券も取り扱っていたが、次第に業務内容が縮小され、末期には無人化されていた。代替バス路線も年を追うごとに減便されて2008年(平成20年)5月1日に廃止され、ターミナルも撤去されて駐車場に転用されているが、2010年(平成22年)11月14日から加賀温泉駅とを結ぶ路線バスの運行が再開されている。

関連項目[編集]

座標: 北緯36度20分37.9秒 東経136度22分2.4秒