粟津駅 (石川県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
粟津駅
木造の駅舎(2006年8月)
木造の駅舎(2006年8月)
あわづ - Awazu
動橋 (4.9km)
(5.8km) 小松
所在地 石川県小松市符津町ヰ2-1-8
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)*
所属路線 北陸本線
キロ程 142.4km(米原起点)
電報略号 アワ
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
1,173人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1907年明治40年)11月16日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
* 1962年まで北陸鉄道粟津線新粟津駅併設。
テンプレートを表示

粟津駅(あわづえき)は、石川県小松市符津町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線である。

かつては北陸鉄道粟津線が接続していた。

歴史[編集]

駅構造[編集]

ホーム

島式ホーム2面4線と貨物列車用であった側線を有する地上駅。線路東側に開業当初からの木造駅舎が残る。駅舎から各ホームへは地下道で連絡している。

小松駅が管理し、ジェイアール西日本金沢メンテックが業務を受託する業務委託駅で、みどりの窓口も設置されている。

かつて、下りホーム小松駅寄りにはコマツ関連工場専用の出入口があった。現在は撤去されている。

粟津駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1・2 北陸本線 上り 福井敦賀方面
3・4 北陸本線 下り 金沢方面
  • 内側2線が本線、外側2線が待避線という構成である。なお、運転指令上では1番のりばから順に「上り1番」「上り本線」「下り本線」「下り1番」とされている。通常は上下本線(2・3番のりば)に列車が発着し、外側2線(1・4番のりば)は一部の普通列車(特急退避する)のみ発着する。

利用状況[編集]

「石川県統計書」「小松市統計書」によると、一日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
2000年 1,366
2001年 1,362
2002年 1,348
2003年 1,328
2004年 1,257
2005年 1,287
2006年 1,278
2007年 1,253
2008年 1,273
2009年 1,200
2010年 1,212
2011年 1,219
2012年 1,223
2013年 1,231
2014年 1,173

駅周辺[編集]

付近にはコマツ関連の工場が立ち並んでいる。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
北陸本線
動橋駅 - 粟津駅 - 小松駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]