高鍋城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
高鍋城
宮崎県
別名 舞鶴城、財部城
城郭構造 梯郭式平山城
天守構造 三階櫓(非現存)
築城主 土持氏
築城年 平安時代末期
主な改修者 秋月種長
主な城主 土持氏、伊東氏、秋月氏
廃城年 明治4年(1871年
遺構 石垣、土塁、堀
位置 北緯32度7分24.82秒
東経131度30分3.36秒

高鍋城(たかなべじょう)は宮崎県児湯郡高鍋町にあった平山城。別名を舞鶴城。旧名は「財部城(たからべじょう)」といった。江戸時代には高鍋藩の藩庁となった。城跡は舞鶴公園として整備されている。

概要[編集]

城跡に見られるような縄張りとなったのは慶長12年である。城は山の東側にあり、大手門から三の丸、岩坂門をくぐり二の丸、その先の石段を昇って長峰門をくぐると、山の中腹に本丸および本丸御殿があった。本丸の上、詰の丸に天守に相当する三階櫓があったが、江戸中期に取り壊されたとされる。

歴史[編集]

高鍋城はかつて財部(たからべ)城と呼ばれ、平安時代末期に宇佐八幡宮の神官の出で、日向豪族となった土持氏によって築かれたといわれる古城である。土持氏は室町時代までこの地に勢力を張ったが、戦国時代になると、日向に勢力を伸ばしてきた伊東氏の所領となった。

長禄元年(1457年)7月に、都於郡城主の伊東祐堯が大軍をもって城を攻撃。土持景綱の軍は敗退し、財部城を始めとした高城日知屋城など合計10の城が伊東氏に帰属する。財部城は落合民部少輔(名も含め代々世襲)が治めることとなった。

天正3年(1575年)、この当時の落合民部少輔の子・落合丹後守ら若衆36人が、木崎原合戦で没した伊東祐安および、その嫡男・伊東祐次の跡目問題で、伊東義祐の寵臣・伊東帰雲斎の専横が原因で反乱に至り(反乱時は34人)、その果てに殺される事件が発生する。この事件が元で、落合民部少輔は帰雲斎を深く恨むようになり、天正5年(1577年)の伊東義祐の「豊後落ち」の際に落合は島津氏に寝返り、財部城は島津氏の城に帰して川上忠智が城主として差遣される。

天正15年(1587年)の豊臣秀吉による九州征伐以後、筑前秋月城主であった秋月種実が移封され、城も秋月氏のものとなる。秋月氏は当初、櫛間城(宮崎県串間市)を居城としていたが、慶長9年(1604年)に次代・秋月種長により財部城に居城を移し、そのまま幕末に至る。

慶長12年(1607年)に大幅な改修工事がなされ、このときに三階櫓などを築いている。さらに、秋月種信のときに寛文9年(1669年)から延宝6年(1678年)にかけて堀、大手門などの城門、本丸御殿などを建設した。その間の延宝元年(1673年)に、「財部城」から「高鍋城」に名を改めた。

明治4年(1871年)本丸に高鍋県の県庁が置かれ、同年11月に美々津県に合併し出張所として使用されたが、明治6年(1874年)に宮崎県へ統合された後、全ての建物は払い下げられ撤去された。

関連項目[編集]