秋月氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
秋月氏
家紋
三つ撫子みつなでしこ
輪違い唐花わちがいにからはな
本姓 大蔵朝臣
家祖 大蔵春実
種別 武家
華族子爵
主な根拠地 筑前国朝倉郡秋月城[1]
筑前秋月藩
日向高鍋藩
阿波国阿波郡秋月庄秋月城秋月村[2]
著名な人物 秋月文種
秋月種実
上杉鷹山
秋月種美
秋月種茂
凡例 / Category:日本の氏族

秋月氏(あきづきし)は、日本の氏族の1つ。

出自[編集]

秋月氏の祖は、平安時代伊予で反乱を起こした藤原純友を討伐した大蔵春実である。この功績により、春実は大宰府官人となって筑前国に土着したと言われている。

歴史[編集]

鎌倉時代[編集]

平安時代後期から九州に土着した松浦氏蒲池氏など他の豪族と同じく秋月氏の祖 原田氏も平家の家人だった。

原田種雄から改姓し、秋月種雄を名乗る。筑紫郡原田郷にあった兄の原田種直の居城に居住していた。兄の原田種直が、保元の乱・平治の乱に平家方として参加したとき、種雄はまだ幼少だったが、平家が追いつめられていく過程で、種雄も成長し、兄・弟らとともに平家のために戦った。

「秋月家譜」によれば、寿永2年(1183)木曽義仲に京を追われた平家一門は、安徳天皇を奉じて北九州まで逃れてくるが、この時、原田種直は自分の居館を天皇の行在所に提供している。

その直後、平家は壇ノ浦で滅亡し、源頼朝の怒りに触れた兄・原田種直は、源氏方に捕えられ鎌倉へ送られ、関東(一説には扇ヶ谷)に幽閉される。それを知った種雄はいずこかへ身を隠したと「秋月家譜」は記す。

寿永2年7月には後白河法皇による平家追討の院宣が出され、8月6日(同年8月25日)に、朝廷は平家一門200名余りの官職を剥奪した。

時期は不明であるが、この過程で平家一門の所領に対する没官も実施されたと考えられている。

元暦元年(1184年)に入ると、最終的に平家の没官領は全て頼朝に与えることになった。

その直後(同年3月頃)に朝廷から頼朝の元に没官領に関する注文が送られた(「平家没官領注文」)。

頼朝は没官領を自らの直轄領(関東御領)として実際の経営は、御家人を地頭・預所として派遣して行わせることで自らの政権(鎌倉幕府)を政治的・財政的に安定させた。

兄・原田種直は、建久元年(1190年)に赦免され、御家人として筑前国怡土庄の地頭に任じられる。

(*)種雄は、種直の子とする説もある。


しかし将軍・源頼朝からの信頼は薄く、頼朝の代官的意志を帯びて、鎮西御家人の抑えを含め守護として赴任してきた少弐氏島津氏大友氏など幕府御家人の傘下に置かれる。

建久2年(1191年)には少弐氏(武藤氏)は鎌倉幕府将軍・源頼朝の命を受けて、平盛時と共に役人を伊勢国・志摩国二国に派遣し平家没官領を巡検させている。

同、建久年間、少弐氏(武藤氏)は、九州に派遣されて、猶父・武藤頼平の甥に当たる大友能直と共に鎮西奉行に就任。

鎮西奉行(宰府守護所)…鎮西(九州)の御家人の指揮統制(鎌倉幕府任命)

さらに、少弐氏(武藤氏)は、肥前国、筑前国、豊前国、壱岐国、対馬国の守護となった。

守護職…筑前国、豊前国、肥前国、対馬国の守護(鎌倉幕府任命)

平家没官領のうち、筑前、筑後一円の大蔵氏流原田種直の所領3700町歩は、全て少弐(武藤)資頼の所領となった。

嘉禄2年(1226年)に少弐氏(武藤氏)は大宰少弐職に任ぜられた。

大宰少弐(大宰府)…九州(西海道)の管内を総管、対外交渉に加えて、非御家人の統括(朝廷の任命)

この平安時代に九州に土着し平家方となっていた武家と、鎌倉幕府の意向を帯びて下ってきた少弐、大友、島津との関係が、その後の九州での勢力構造を形成する。幕府の意向を帯びた少弐氏、大友氏、島津氏は九州の三大名となり、元・平家方の武家はその勢力下に置かれることになる。

建仁3年(1203年)7月に、 2代将軍・源頼家が病に倒れると、9月2日に北条時政は、将軍・頼家の乳母父で舅である比企能員を自邸に呼び出して謀殺し、将軍・頼家の嫡子・一幡の邸である小御所に軍勢を差し向けて比企氏を滅ぼす。次いで頼家の将軍位を廃して伊豆国修善寺へ追放した(比企能員の変)。

北条時政は、将軍・頼家の弟で12歳の実朝を3代将軍に擁立し、自邸の名越亭に迎えて実権を握った。

9月16日には幼い3代将軍・実朝に代わって北条時政が単独で署名する「関東下知状」という文書が発給され(『鎌倉遺文』1379)、御家人たちの所領安堵以下の政務を行った。

この頃、原田種雄が秋月に入り、秋月氏となる。

ちなみに、公家・九条兼実の日記『玉葉』(正治2年正月2日条)によると、他の武士たちに嫉まれ、恨まれた侍所別当・梶原景時は、2代将軍・頼家の弟・実朝を将軍に立てようとする陰謀があると2代将軍・頼家に報告し、他の武士たちと対決したが言い負かされ、一族とともに追放されてしまったという。(梶原景時の変)

南北朝時代[編集]

南北朝時代においては、九州に敗走してきた足利尊氏を迎え撃った多々良浜の戦いに、菊池氏の傘下で阿蘇氏蒲池氏などと共に南朝(宮)方として戦い敗れる。

戦国時代[編集]

戦国時代に入ると、少弐氏の家臣となったが、少弐氏が大内義隆と争って敗れたため、大内氏の家臣となる。

1551年に大内義隆が家臣の陶晴賢に殺された後は、豊後大友氏の家臣となった。

ところが1557年、大内氏を滅ぼした毛利氏の勢力が北九州にまで進出してくると、当時の秋月氏の当主・秋月文種は大友氏から離反して毛利氏と手を結び、このため同年7月、文種は大友軍の猛攻に遭って討ち死にし、秋月氏は一時、滅亡した。

しかし文種の次男・秋月種実は毛利氏のもとに落ち延びて、やがて大友氏の衰退とともに再興を果たした。さらに薩摩島津氏と手を結んで大友氏に対して反抗し、のち従属して一時期は筑前に六郡、筑後に四郡、豊前に一郡と推定36万石にも及ぶ広大な勢力範囲を築き上げ、秋月氏の最盛期を現出する。

豊臣時代[編集]

1587年豊臣秀吉九州征伐では島津氏に属して豊臣勢に抵抗したが、もとより20万人という圧倒的な大軍を擁して侵攻してきた豊臣秀吉の敵ではなく、種実は名器「楢柴肩衝」を献上することで降伏は許されたが、本領安堵はならず、日向国高鍋に移封された。

ちなみに、大友氏家臣の新田鎮実は、天正15年(1587年)、九州平定で下向した豊臣秀吉による国割の結果、筑前上座郡の所領を失って、大友氏を去り、同年中に立花宗茂に仕える。

江戸時代[編集]

1600年関ヶ原の戦いで、種実の子・秋月種長は西軍に属して大垣城を守備していたが、9月15日の本戦で西軍が敗れると東軍に内応して大垣城にて反乱を起こし、木村由信らを殺害した。

戦後、その功績を認められて徳川家康から所領を安堵され、その後の秋月氏は江戸時代を通じて、日向高鍋藩として存続した。しかし、高鍋に移封されても高禄の者が少なく無く、また文禄・慶長の役から大坂の陣に至るまでの戦役による出費でこの頃の藩財政は逼迫しており、借り上げと言う形で藩士知行を減らしている。

また、2代藩主種春の頃は、家老白井種盛種重親子に藩政を牛耳られ、上方下方騒動という40年近くに及ぶ騒動により混迷の時期を送ったが、3代藩主種信により白井一派は一掃されている。

ちなみに名君として名高い上杉鷹山は秋月氏の出身で母方祖母の実家である上杉氏への養子縁組によって出羽米沢藩主となった。筑前福岡藩を領有した黒田氏とは縁戚関係で、血統として現代まで続いている。

秋月氏歴代当主[編集]

  1. 秋月種雄
  2. 秋月種幸
  3. 秋月種家
  4. 秋月種頼
  5. 秋月種資
  6. 秋月種貞
  7. 秋月種高
  8. 秋月種顕
  9. 秋月種道
  10. 秋月種忠
  11. 秋月種氏
  12. 秋月種照
  13. 秋月種朝
  14. 秋月種時
  15. 秋月文種
  16. 秋月種実
  17. 秋月種長
  18. 秋月種春
  19. 秋月種信
  20. 秋月種政
  21. 秋月種弘
  22. 秋月種美
  23. 秋月種茂
  24. 秋月種徳
  25. 秋月種任
  26. 秋月種殷
  27. 秋月種樹
  28. 秋月種繁
  29. 秋月種英
  30. 秋月種苞
  31. 秋月種久
  32. 秋月種高 - 現・当主

秋月氏一族[編集]

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。
東漢爾波伎
 
 
 
 
角古
 
 
 
 
久爾
 
 
 
 
古閉
 
 
 
 
大蔵広隅
 
 
 
 
国足
 
 
 
 
 
 
 
 
麻呂
 
 
 
 
子足
 
 
 
 
真勝
 
 
 
 
広勝
 
 
 
 
常直
 
 
 
 
春実
 
 
 
 
春種
 
 
 
 
種光
 
 
 
 
種材
 
 
 
 
種弘
 
 
 
 
種資
 
 
 
 
種生
 
 
 
 
種雄
 
 
 
 
原田種直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秋月種雄1高橋頼種
 
 
 
 
種幸2
 
 
 
 
種家3
 
 
 
 
種頼4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
種資5横大路種経
 
 
 
 
種貞6
 
 
 
 
種高7
 
 
 
 
種顕8
 
 
 
 
種道9
 
 
 
 
種忠10
 
 
 
 
種氏11
 
 
 
 
種照12
 
 
 
 
種朝13
 
 
 
 
種時14
 
 
 
 
文種15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
晴種種実16高橋種冬長野助盛
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
種長17種至高橋元種秋月種貞
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
種貞種春18左京長吉
 
 
 
 
 
種春種信19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
種恒種政20[旗本]
種封
種利佐久間勝茲
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
種弘21種羽牧野忠列種輔松浦信秀中村道重
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
種美22種輔
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
種茂23上杉治憲相良晃長大久保忠快[新小路秋月家]
種懐
中条信義斉藤利国種蔭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
種徳24黒田長舒種備種賀種武種穀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
種任25[宮田秋月家]
種堅
種穀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
種殷26種樹種事種備
 
 
 
 
 
種樹27種賀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
種繁28種英29種博
 
 
 
 
 
 
 
種苞30種明種記
 
 
 
 
 
種久31種事
 
 
 
種高32(現当主)

主要家臣団[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

系譜参考[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]