大蔵氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
  1. 古代氏族。本項で詳述。
  2. 名字武蔵七党の一派・野与党の一族で、本姓忠常流武蔵平氏

大蔵氏

紋(代表的な家紋
※ 各、大蔵系氏族によって異なる。
氏姓 大蔵忌寸宿禰朝臣
出自 東漢忌寸
氏祖 大蔵広隅
種別 諸蕃
本貫 山城国
九州
著名な人物 大蔵善行
大蔵春実
後裔 原田氏武家
秋月氏(武家)
江上氏(武家)
小金丸氏(武家)
波多江氏(武家)
三原氏(武家)
田尻氏(武家)
高橋氏(武家)
日田氏(武家)
大倉氏(武家)
小山田氏(武家)
凡例 / Category:氏

大蔵氏(おおくらうじ)は、「大蔵」をの名とする氏族

渡来氏族東漢氏秦氏のうち、国庫である「大蔵」の管理・出納を務めた者がその職名を氏の名として称したという[1]



東漢系[編集]

東漢氏の一族で、壬申の乱の功臣である大蔵広隅を祖とする。は直のち忌寸宿禰朝臣。大蔵氏の名は大蔵に仕えたことに由来するが、東漢氏の祖・阿智使主が播磨国明石郡大蔵谷に館を構えたことに由来するとの説もある[要出典][2]

平安時代前期には、学者として菅原道真と双璧を為した善行や、承平天慶の乱藤原純友の追討に功のあった春実を輩出した。また、大蔵氏は春実以降、代々大宰府府官を務め、子孫は九州原田氏秋月氏波多江氏三原氏田尻氏高橋氏の祖となって繁茂し、大蔵党一族と呼ばれる。

また幕末尊皇攘夷志士福岡藩士の平野国臣(大蔵種徳)は、春実の三男種季の子孫という。

出自に関する諸説[編集]

「大蔵系図」(『続群書類従』巻第186所収)に、大蔵氏の出自として以下の記述がある。ただし内容は創作だと思われる。

  • 後漢最後の皇帝献帝の子孫である阿智王(阿智使主)の子に阿多倍(高尊王)がいた。阿多倍は初めて日本に渡来し、准大臣に任ぜられた[3]。また、敏達天皇の孫・茅渟王の娘を妻にし、3人の男子をもうけた。長男・志拏は坂上姓を、次男・山本は大蔵姓を、三男・爾波木は蔵内姓を賜与された。

また、阿多倍が日本に帰化した後、播磨国明石郡明石郷大蔵谷(現明石市大蔵谷地区)に居住したために、子孫が大蔵姓を称したとする史書もある[4]

秦系[編集]

秦氏の内で大蔵の出納を務めた者が大蔵を称した。雄略朝において初めて大蔵官員を設置し、秦酒を以て長官としたという[5]。氏姓は大蔵秦公のち秦大蔵造。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「長谷朝倉朝に至りて、(中略)更に大蔵を立つ。秦氏・其物を出納し、東西文氏・其簿を勘録す。是を以って漢氏姓を賜ひて内蔵・大蔵と為す。今の秦漢二氏を内蔵・大蔵と爲し(後略)」(『古語拾遺』)
  2. ^ 続日本紀』や『坂上系図』所引『新撰姓氏録』逸文では、阿智使主は大和国高市郡檜前(現在の奈良県高市郡明日香村檜前)に居住したという、また東漢氏はこの地を根拠地とした。
  3. ^ 実際は平安時代中期に藤原伊周が任ぜられたのが准大臣任官の初例。
  4. ^ 『原田家譜』
  5. ^ 日本書紀』雄略天皇15年条

参考文献[編集]

  • オープンアクセス太田亮「オホクラ」『国立国会図書館デジタルコレクション 姓氏家系大辞典』第1巻、上田萬年三上参次監修、姓氏家系大辞典刊行会、1934年、1142-1149頁。全国書誌番号:47004572NCID BN05000207OCLC 673726070

関連項目[編集]

主な子孫