秋月文種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
秋月文種
時代 戦国時代
生誕 永正9年(1512年
死没 弘治3年7月12日1557年8月6日
別名 種方
官位 中務大輔
主君 大内義隆大友義鎮毛利元就
氏族 秋月氏
父母 父:秋月種時
兄弟 原田義種
晴種種実高橋種冬[1]長野種信[2]原田親種

秋月 文種(あきづき ふみたね)は、戦国時代武将秋月氏15代当主。筑前国古処山城主。

生涯[編集]

永正9年(1512年)、筑前の国人領主である秋月氏14代当主・秋月種時の嫡男として誕生[3]享禄4年(1531年)、父の死去により家督を継いで15代当主となった。

文種が家督を継承した頃は大内義隆に従属している。大内氏大友氏との和睦に功績があったとされており、天文10年(1541年)には義隆の推挙を受けて、幕臣の1人にまで任じられている。

天文20年(1551年)、陶晴賢の謀反により大内義隆が自害すると(大寧寺の変)、大友宗麟に属した。

弘治3年(1557年)、大内氏が滅んで毛利氏の勢力が北九州にまで及んでくると、文種は毛利元就の調略に応じて大友氏に反旗を翻した。このため7月、宗麟は立花道雪臼杵鑑速に2万の兵を預けて、文種討伐を命じる。文種は古処山城で徹底抗戦したが、衆寡敵せず、嫡男・晴種と共に城中にて自刃した。しかし残りの子供達は家臣らに守られ、毛利氏の元に逃れるなどした。文種の死により、秋月氏は一時滅亡し、ほとんどの所領を失うこととなった。残った所領は家臣の深江氏が死守している。

脚注[編集]

  1. ^ のち元種、高橋鑑種養子。
  2. ^ 子に永盛田原親貫
  3. ^ 生年には異説もある。