別府亀の井ホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
別府亀の井ホテル

別府亀の井ホテル(べっぷかめのいホテル)は、大分県別府市別府八湯のうちの別府温泉にある大型リゾートホテルである。

概要[編集]

別府観光の父と呼ばれる油屋熊八によって1911年明治44年)10月に創業された亀の井旅館を前身とする。1924年大正13年)11月に洋式ホテルに改装して亀の井ホテルとなるとともに、運営会社の株式会社亀の井ホテルを設立[1]1953年(昭和28年)8月に別府市初の政府登録旅館となり、1972年(昭和47年)12月には政府登録ホテルとなった[2]。。

1994年平成6年)5月に運営会社がジョイフルに買収されると、翌1995年(平成7年)12月にはホテル新築のため休業して旧ホテルの取り壊しを開始。1997年(平成9年)7月に現在の本館が竣工した。本館は、客室総数322室、建坪6,000、17階建てと、別府市にあるホテルの中で2番目に大きく、最も高い。運営会社は2000年代に入るとビジネスホテルチェーンを展開。当ホテルは業態は変わらなかったものの、2010年平成22年)頃に亀の井ホテル別府店に名称を変更した。2013年(平成25年)3月には運営会社が、株式会社亀の井ホテルから株式会社アメイズに商号を変更。

当ホテルは2014年(平成26年)10月29日をもってMonza特定目的会社に40億円で売却され、同日からナクアホテル&リゾーツマネジメントが運営を受託し[3]、新設された別府ホテル・マネジメント合同会社に引き継がれた[4]。また、この売却時に名称を別府亀の井ホテルに戻している。

2015年12月1日に、マイステイズ・ホテル・マネジメントによる運営が開始され、マイステイズコレクションの1つとして運営されることとなった。

館内にあったジョイフル亀の井店は引き続き営業していたが、2016年(平成28年)8月31日に閉店している[5]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]