澁澤倉庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渋沢倉庫株式会社
Shibusawa Warehouse Company, Limited
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
135-8513
東京都江東区永代2丁目37番28号
(澁澤シティプレイス永代)
設立 1909年7月15日
業種 倉庫・運輸関連業
法人番号 6010601038102
事業内容 物流事業(倉庫業務、港湾運送業務、陸上運送業務、国際輸送業務、その他物流業務)、不動産事業
代表者 代表取締役社長:大隅 毅
資本金 78億47百万円
発行済株式総数 15,217,747株
売上高 連結:632億円、単体:551億円
(2018年3月期)
純資産 連結:429億円、単体:406億円
(2018年3月)
総資産 連結:969億円、単体:886億円
(2018年3月)
従業員数 連結:1,135人、単体:491人
(2018年3月)
決算期 3月31日
主要株主 ㈱ドンキホーテホールディングス 9.52%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 5.99%
東京海上日動火災保険㈱ 5.71%
清水建設㈱ 4.93%
みずほ信託退職給付信託(みずほ銀行口) 4.93%
(2018年3月)
主要子会社 澁澤陸運㈱、大宮通運㈱、日正運輸㈱
関係する人物 渋沢栄一(創業者)
外部リンク https://www.shibusawa.co.jp/
特記事項:古河三水会の会員会社である。
テンプレートを表示
賃貸オフィスビル「澁澤シティプレイス」。渋沢倉庫が本社を置いていた

渋沢倉庫株式会社(しぶさわそうこ、英文社名:The Shibusawa Warehouse Co., Ltd.)は、東京都江東区に本社を置く物流企業である。日本資本主義の生みの親ともいわれ、江戸幕府の幕臣で、明治維新後は実業界に転身した渋沢栄一を創業者とする[1]

戦前の渋沢財閥の流れを汲んでおり、2015年現在、旧渋沢財閥の流れを汲む企業集団第一勧銀グループ及び旧古河財閥の流れを汲む古河グループ古河三水会)に所属している[2][3]

主力製品・事業[編集]

  • 陸上運送
  • 倉庫・保管
  • 国際輸送
  • 通関・輸出入
  • 物流コンサルテーション

主要事業所[編集]

  • 本社・東京支店- 東京都江東区永代2丁目37番28号(澁澤シティプレイス永代)※敷地内に澁澤榮一住宅跡および澁澤倉庫発祥の地の記念碑が存在。
  • 横浜支店- 横浜市中区海岸通3丁目9番地
  • 中部支店- 小牧市入鹿出新田822番地
  • 大阪支店- 大阪市港区築港4丁目1番11号
  • 神戸支店- 神戸市中央区港島1丁目5番地8
  • 中国・九州支店- 福岡県新宮町下府2丁目9番26号

沿革[編集]

  • 1897年(明治30年)3月30日-東京深川の渋沢栄一邸にて澁澤倉庫部創業
  • 1909年(明治42年)7月15日-澁澤倉庫株式会社に改組
  • 1915年(大正4年)10月-小樽出張所開設(大正11年支店に改組)
  • 1922年大正11年)5月-門司支店開設
  • 1923年(大正12年)9月-東京茅場町に本社を移転
  • 1933年(昭和8年)12月‐浪華倉庫株式会社を合併、横浜支店、大阪支店開設
  • 1937年(昭和12年)1月‐神戸出張所開設(昭和16年支店に改組)
  • 1950年昭和25年)12月‐東京証券取引所上場
  • 1954年(昭和29年)3月‐親和海運株式会社設立
  • 1963年(昭和38年)7月‐澁澤陸運株式会社設立
  • 1969年(昭和44年)8月‐国際航空貨物運送取扱業務開始
  • 1969年(昭和44年)9月‐澁澤倉庫(香港)有限公司(現 澁澤(香港)有限公司)設立
  • 1972年(昭和47年)4月‐倉庫・海運・陸運の営業一体化をはかり総合物流体制を強化
  • 1991年(平成3年)4月 - 東京茅場町にオフィスビル「澁澤シティプレイス」竣工、本社を「澁澤シティプレイス」に移転
  • 1994年(平成6年)12月‐上海駐在員事務所開設
  • 1998年(平成10年)7月‐ホーチミン駐在員事務所開設
  • 2002年(平成14年)9月‐澁澤物流(上海)有限公司設立
  • 2004年(平成16年)5月-東京永代にオフィスビル「澁澤シティプレイス永代」竣工
  • 2005年(平成17年)8月‐広州駐在員事務所開設
  • 2009年(平成21年)8月-本社を東京永代に移転
  • 2009年(平成21年)9月-東京蠣殻町にオフィスビル「澁澤シティプレイス蛎殻町」竣工
  • 2009年(平成21年)11月-ホーチミンにShibusawa Logistics Vietnam Co., Ltd.設立
  • 2011年(平成23年)11月-Shibusawa Logistics Vietnam Co., Ltd.のハノイ支店開設
  • 2013年(平成25年)6月-澁澤物流(上海)有限公司の広州分公司開設
  • 2013年(平成25年)9月‐マニラ駐在員事務所開設
  • 2014年(平成26年)4月‐大阪茨木に物流施設「茨木倉庫A棟」竣工
  • 2014年(平成26年)8月‐横浜恵比須町に物流施設兼R&Dオフィスビル「澁澤ABCビルディング1号館」竣工
  • 2014年(平成26年)11月‐ベトナムの物流会社Vinafco Joint Stock Corporationの株式取得
  • 2015年(平成27年)5月‐大阪茨木に物流施設「茨木倉庫B棟」竣工
  • 2018年(平成30年)4月‐澁澤物流(上海)有限公司の武漢分公司開設

(以上[4]より)

創業者[編集]

創業者渋沢栄一日本資本主義の父とも呼ばれる。

武蔵の国血洗島村(現埼玉県深谷市)の農家に生まれた渋沢栄一は、尊王討幕運動に身を投じたものの失敗して京都に逃れ、1864年(元治1年)のちの将軍一橋慶喜に仕えることとなった。1867年(慶応3年)パリ万国博覧会に将軍慶喜の名代として参加する水戸徳川家当主徳川昭武(慶喜の実弟)の随員としてヨーロッパに渡る。そこで産業革命に成功したヨーロッパ諸国の近代産業と発達した諸制度に感銘を受ける。明治維新後は新政府の大蔵省高官を経て実業界に転ずる。1873年(明治6年)に日本初の銀行であるを第一国立銀行を創設。さらに化学紡績製紙造船ホテルビールガス電力などの企業を次々に設立。物流業が重要な位置を占めることにも着目し、明治10年頃から倉庫業も創設。日本の資本主義生みの親とも呼ばれ、近代経済発展に指導的役割を演じ大きく貢献した。商工業を適正に育成するためには、銀行、運送保険などと共に倉庫業の発達が不可欠との信念を持ち続けた[1]

(※詳しくは渋沢栄一頁も参照)

主要関係会社[編集]

国内グループ企業[編集]

  • 澁澤陸運株式会社
  • 大宮通運株式会社
  • 日正運輸株式会社
  • 北海澁澤物流株式会社
  • 親和物流株式会社
  • 澁澤ファシリティーズ株式会社
  • システム物流株式会社
  • 九州澁澤物流株式会社
  • 中部システム物流株式会社

海外グループ企業[編集]

  • 澁澤(香港)有限公司
  • 澁澤物流(上海)有限公司
  • Shibusawa Logistics Vietnam Co.,Ltd.

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]