澁澤倉庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
澁澤倉庫株式会社
Shibusawa Warehouse Company, Limited
本社がある澁澤シティプレイス永代
本社がある澁澤シティプレイス永代
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
135-8513
東京都江東区永代二丁目37番28号
(澁澤シティプレイス永代)
設立 1909年7月15日
業種 倉庫・運輸関連業
法人番号 6010601038102
事業内容 物流事業(倉庫業務、港湾運送業務、陸上運送業務、国際輸送業務、その他物流業務)、不動産事業
代表者 代表取締役会長:今井 惠一
代表取締役社長:大隅 毅
代表取締役副社長:柏原 治樹
資本金 78億4,700万円
発行済株式総数 1,521万7,747株
売上高 連結:632億円、単体:551億円
(2018年3月期)
純資産 連結:429億円、単体:406億円
(2018年3月)
総資産 連結:969億円、単体:886億円
(2018年3月)
従業員数 連結:1,135人、単体:491人
(2018年3月)
決算期 3月31日
主要株主 株式会社パン・パシフィック・インターナショナル・ホールディングス 9.52%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 5.99%
東京海上日動火災保険株式会社 5.71%
清水建設株式会社 4.93%
みずほ信託退職給付信託(みずほ銀行口) 4.93%
(2018年3月)
主要子会社 澁澤陸運株式会社
大宮通運株式会社
日正運輸株式会社
関係する人物 渋沢栄一(創業者)
外部リンク https://www.shibusawa.co.jp/
テンプレートを表示
2009年まで本社を置いていた茅場町にある「澁澤シティプレイス」

澁澤倉庫株式会社(しぶさわそうこ、英文社名:The Shibusawa Warehouse Co., Ltd.)は、東京都江東区に本社を置く物流企業である。1897年に日本の資本主義の生みの親ともいわれる渋沢栄一が自ら創業[1]した。

渋沢栄一ゆかりの企業(「渋沢財閥」の頁も参照)として設立時より第一銀行と親密であり、その流れを汲んで三金会(旧第一勧銀グループ(現みずほフィナンシャルグループ))及び旧古河財閥の流れを汲む古河グループ古河三水会に所属している[2][3]

主力事業[編集]

  • 倉庫保管サービス
  • 陸上運送サービス
  • 輸出入フォワーディングサービス
  • 港湾運送サービス
  • トランクルーム(文書保管)サービス
  • 引越サービス
  • 情報システムサービス
  • 海外物流事業
  • 不動産事業

国内主要拠点[編集]

  • 本社・東京支店- 東京都江東区永代2丁目37番28号澁澤シティプレイス永代[4]
  • 横浜支店- 横浜市中区海岸通3丁目9番地
  • 中部支店- 小牧市入鹿出新田822番地
  • 大阪支店- 大阪市港区築港4丁目1番11号
  • 神戸支店- 神戸市中央区港島1丁目5番地8
  • 中国・九州支店- 福岡県新宮町下府2丁目9番26号

海外主要拠点[編集]

  • 香港-澁澤(香港)有限公司
  • 上海-上海駐在員事務所、澁澤物流(上海)有限公司
  • 広州-澁澤物流(上海)有限公司広州分公司
  • 武漢-澁澤物流(上海)有限公司武漢分公司
  • ホーチミン‐ホーチミン駐在員事務所、Shibusawa Logistics Vietnam Co.,Ltd
  • ハノイ‐Shibusawa Logistics Vietnam Co.,Ltd Hanoi Branch、Vinafco Corporation 
  • マニラ‐マニラ駐在員事務所

沿革[編集]

  • 1897年(明治30年)3月30日-東京深川の渋沢栄一邸[5]にて澁澤倉庫部創業 第一銀行頭取在任のまま渋沢栄一が営業主 栄一長男渋沢篤二が倉庫部長就任
  • 1905年(明治38年)8月-渋沢家が住居を三田綱町に移築[6] 深川は澁澤倉庫部専用地となる
  • 1907年(明治40年)深川にて日本初となる鉄筋コンクリート造平屋倉庫を清水組[7](現 清水建設)に発注
  • 1909年(明治42年)7月-南茅場町出張所開設[8]
  • 1909年(明治42年)7月15日-澁澤倉庫株式会社に改組 社長を置かず会長・専務制を採る 取締役会長に渋沢栄一長男渋沢篤二 専務取締役に渋沢栄一秘書役八十島親徳就任
  • 1912年(明治45年)1月-渋沢篤二に代わり第一銀行取締役総支配人佐々木勇之助が同職在任のまま取締役会長就任
  • 1915年(大正4年)9月-深川に清水組施工で2階建延床面積1200坪の最新鋭鉄筋コンクリート倉庫建設 日本初の二階荷揚機(コンベヤー装置)設置
  • 1915年(大正4年)10月-小樽出張所開設(大正11年支店に改組)
  • 1916年(大正5年)7月-取締役会長佐々木勇之助が渋沢栄一に代わり第一銀行頭取に就任 引続き取締役会長を兼務
  • 1922年(大正11年)5月-門司支店開設
  • 1923年(大正12年)9月-関東大震災後、茅場町(旧町名 南茅場町)に本社を移転
  • 1924年(大正13年)5月-蛎殻町出張所開設[9]
  • 1927年(昭和2年)2月-渋沢篤二取締役会長再任
  • 1927年(昭和2年)10月-蠣殻町倉庫四階建竣工
  • 1929年(昭和4年)8月-茅場町河岸倉庫五階建竣工
  • 1932年(昭和7年)12月-渋沢篤二死去により渋沢栄一娘婿の明石照男第一銀行副頭取が同職在任のまま取締役会長就任
  • 1933年(昭和8年)12月‐第一銀行の斡旋により鈴木商店系列の浪華倉庫株式会社を合併、横浜支店、大阪支店開設
  • 1935年(昭和10年)10月-第一銀行常務取締役杉田富が同職在任のまま取締役会長就任
  • 1937年(昭和12年)1月‐神戸出張所開設(昭和16年支店に改組)
  • 1937年(昭和12年)6月-本店事務所・茅場町表倉庫三階建竣工
  • 1940年(昭和15年)1月-第一銀行副頭取佐々木修二郎(当社会長、第一銀行頭取佐々木勇之助二男)が同職在任のまま取締役会長就任
  • 1946年(昭和21年)本社事務所GHQに接収、当社並びに当社株主渋沢同族会社が制限会社に指定
  • 1946年(昭和21年)当社の持株会社渋沢同族社長の渋沢敬三公職追放、当社発祥の深川より移築した三田綱町渋沢邸は戦後処理の臨時課税である財産税として国に物納[10]
  • 1948年(昭和23年)-第一銀行及び渋沢同族株式会社保有の当社株が証券保有制限令、持株会社整理委員会令により処分
  • 1949年(昭和24年)5月-会長・専務制から社長制へ移行、第一銀行出身の矢崎邦次初代社長就任
  • 1950年(昭和25年)12月‐東京証券取引所上場
  • 1954年(昭和29年)3月‐親和海運株式会社設立
  • 1956年(昭和31年)5月-石川島重工業出身の中島正則社長就任
  • 1963年(昭和38年)7月‐澁澤陸運株式会社設立
  • 1964年(昭和39年)4月-第一銀行出身の八十島親義(渋沢栄一秘書役八十島親徳三男)社長就任
  • 1969年(昭和44年)8月‐国際航空貨物運送取扱業務開始
  • 1969年(昭和44年)9月‐澁澤倉庫(香港)有限公司(現 澁澤(香港)有限公司)設立
  • 1972年(昭和47年)4月‐総合物流体制強化を目的に倉庫・海運・陸運の営業一体化実施
  • 1973年(昭和48年)5月-田中昌司社長就任
  • 1985年(昭和60年)6月-角田彦三社長就任
  • 1991年(平成3年)4月 - 東京茅場町にオフィスビル「澁澤シティプレイス」竣工、本社を「澁澤シティプレイス」に移転
  • 1991年(平成3年)6月-栗村恒治社長就任
  • 1994年(平成6年)12月‐上海駐在員事務所開設
  • 1995年(平成7年)6月-角田彦三社長再任
  • 1996年(平成8年)6月-伊藤幸治社長就任
  • 1998年(平成10年)7月‐ホーチミン駐在員事務所開設
  • 2002年(平成14年)9月‐澁澤物流(上海)有限公司設立
  • 2004年(平成16年)5月-東京永代にオフィスビル「澁澤シティプレイス永代」竣工
  • 2005年(平成17年)8月‐広州駐在員事務所開設
  • 2009年(平成21年)7月-神戸支店を港島の新拠点に移転
  • 2009年(平成21年)8月-本社を東京永代に移転
  • 2009年(平成21年)9月-東京蠣殻町にオフィスビル「澁澤シティプレイス蛎殻町」竣工
  • 2009年(平成21年)11月-ホーチミンにShibusawa Logistics Vietnam Co., Ltd.設立
  • 2011年(平成23年)11月-Shibusawa Logistics Vietnam Co., Ltd.のハノイ支店開設
  • 2013年(平成25年)6月-澁澤物流(上海)有限公司の広州分公司開設
  • 2013年(平成25年)9月‐マニラ駐在員事務所開設
  • 2014年(平成26年)4月‐大阪茨木に物流施設「茨木倉庫A棟」竣工
  • 2014年(平成26年)8月‐横浜恵比須町に物流施設兼R&Dオフィスビル「澁澤ABCビルディング1号館」竣工
  • 2014年(平成26年)11月‐ベトナムの物流会社Vinafco Joint Stock Corporationの株式取得
  • 2015年(平成27年)5月‐大阪茨木に物流施設「茨木倉庫B棟」竣工
  • 2018年(平成30年)4月‐澁澤物流(上海)有限公司の武漢分公司開設

(以上 澁澤倉庫百年史[11]より)

創業者[編集]

創業者渋沢栄一

渋沢栄一は天保11年(1840年)武蔵国榛沢郡血洗島村(現埼玉県深谷市)の豪農の家に生まれた。やがて尊王攘夷運動に身を投じたものの、文久3年(1863年)地元での蹶起を断念して京都に逃れるため故郷を離れた。京都では朝議参与として在京していた一橋慶喜に仕えることとなった。その後慶喜が将軍になるに至り、結果自身も幕臣の身となってしまったが、慶応3年(1867年)パリ万国博覧会に将軍慶喜の名代として参加する慶喜実弟で年若き御三卿清水家当主徳川昭武(後の水戸藩主)の随員たる命を受け、日本を離れヨーロッパ諸国を歴訪した。そこで産業革命に成功したヨーロッパ諸国の近代産業と発達した資本主義の社会諸制度に感銘を受け知識を吸収する。[12]

明治維新後に帰国し新政府出仕の招請を受け大蔵省高官に就くも、明治6年(1873年)官を辞し実業界に転じる。日本初の銀行である第一国立銀行創設を足掛かりに、化学、紡績、製紙、造船、ホテル、ビール、ガス、電力などの日本の近代産業を担う多数の企業設立や、近代社会に不可欠な教育、福祉、医療に係る社会事業創設に取り組んだ。日本の資本主義の生みの親とも呼ばれ、日本の近代社会発展に指導的役割を果たした。[12]

そうした活動の中で、物流や倉庫が商工業の発展の上で重要な位置を占めることに早くから着目し、明治10年頃より近代的な倉庫業の創設のための建白を行う等、業界育成に尽力した。その後も商工業を適正に育成するためには、銀行、保険などと共に運輸業や倉庫業の発達が不可欠との信念を持ち続け、明治30年(1980年)には栄一自身を営業主、長男篤二を倉庫部長として自邸内の倉庫を使い、澁澤倉庫部(後に澁澤倉庫株式会社に改組)を創設し倉庫業の発展を自ら先導することとなった[1]

(※詳しくは渋沢栄一頁も参照)

社章[編集]

社章

武蔵国榛沢郡血洗島にあった渋沢栄一の生家では、養蚕業の他に染料となる藍玉の製造販売も家業としていた。この藍玉の商いの際に使用した記章が現社章の起源とされている。渋沢一族の本家である通称「東ノ家」では、糸巻きのようなこの印を「チギリボシ」と呼んで、家財道具のありとあらゆるものにつれられていたという[13]。この記章を澁澤倉庫では「りうご」と呼んでいるが、元来は糸巻きに糸を巻き付けた形を図案化したもので、この形がを立てて横から見た形に似ているところから「立鼓(りうご)」と呼ぶようになったなどと言われている。この渋沢家の記章を創業の際より、倉庫現場の作業員が着用する袢纏に赤く染め抜いたり、倉庫の壁に掲げたりして使用してきた。澁澤倉庫部が株式会社に改組後も社章として現在まで使用されている。

主要関係会社[編集]

国内グループ企業[編集]

  • 澁澤陸運株式会社
  • 大宮通運株式会社
  • 日正運輸株式会社
  • 北海澁澤物流株式会社
  • 親和物流株式会社
  • 澁澤ファシリティーズ株式会社
  • システム物流株式会社
  • 九州澁澤物流株式会社
  • 中部システム物流株式会社
  • 株式会社オーミパッケージ
  • ダイドー・シブサワ・グループロジスティックス株式会社

海外グループ企業[編集]

  • 澁澤(香港)有限公司
  • 澁澤物流(上海)有限公司
  • Shibusawa Logistics Vietnam Co.,Ltd.
  • Vinafco Joint Stock Corporation

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 渋沢倉庫株式会社公式サイト - 企業情報「創設者の精神」
  2. ^ 六大企業集団の無機能化 - 同志社大学学術情報検索システム内にあるPDFファイル 筆者は経済学者の田中彰
  3. ^ 古河グループ(古河三水会)
  4. ^ 敷地内に「澁澤榮一住宅跡」案内板および「澁澤倉庫発祥の地」記念碑がある
  5. ^ 現「澁澤シティプレイス永代」、「澁澤永代ビル」、「みずほ銀行深川支店」の場所
  6. ^ 清水組(現 清水建設)二代目清水喜助が渋沢栄一本邸として1878年(明治11年)に建築した木造二階建
  7. ^ 清水家先代当主が急逝し子息が幼少のため、渋沢栄一が請われて1887年から1916年まで相談役を務め経営指導に当たっていた
  8. ^ 現「澁澤シティプレイス」、「澁澤ビル」の場所
  9. ^ 現「澁澤シティプレイス蛎殻町」の場所
  10. ^ 大蔵省所有管理となり蔵相公邸等に利用された後、渋沢家が開墾に係わった渋沢農場があった青森県古牧温泉に移築され保存。現在、清水喜助設計施工の現存する唯一の遺構でもあり、清水建設が東京への移築里帰りプロジェクトを推進中。
  11. ^ 『澁澤倉庫百年史』1999年、要約は澁澤倉庫株式会社公式サイト - 企業情報 > 沿革参照
  12. ^ a b 渋沢栄一伝記資料 1969 澁澤青淵記念財団竜門社
  13. ^ 『澁澤龍彦全集, 第 16 巻』澁澤龍彦、河出書房新社、p405

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 【移転】花王、本社隣接の澁澤シティプレイスA棟に入居|日経不動産マーケット情報(ケンプラッツ)2009年10月7日記事、2011年5月11日閲覧。