鳥取赤十字病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 鳥取赤十字病院
鳥取赤十字病院 新本館
情報
前身 鳥取県立鳥取病院
鳥取陸軍病院赤十字病院
日本赤十字社鳥取支部病院
舞鶴海軍病院鳥取赤十字病院
許可病床数 350床
職員数 648人
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver6.0
開設者 日本赤十字社鳥取県支部
管理者 西土井英昭(院長)[1]
開設年月日 1915年大正4年)4月1日[1]
所在地
680-8517
鳥取県鳥取市尚徳町117
位置 北緯35度30分5.4秒
東経134度14分8.8秒
二次医療圏 東部
PJ 医療機関
テンプレートを表示
赤十字の標章

鳥取赤十字病院(とっとりせきじゅうじびょういん)は、鳥取県鳥取市にある医療機関である。日本赤十字社鳥取県支部が設置する鳥取県東部の中核病院の一つである。

沿革[編集]

手前側の旧A館および奥側のB館
(2011年3月26日)
  • 1915年大正4年)4月1日 - 鳥取県より県立病院を無償譲渡を受け、発足[1]
  • 1937年昭和12年)7月 - 鳥取陸軍病院赤十字病院へ改称。
  • 1938年(昭和13年)7月 - 日本赤十字社鳥取支部病院へ改称。
  • 1945年(昭和20年)3月 - 舞鶴海軍病院鳥取赤十字病院へ改称。
  • 1945年(昭和20年)9月 - 鳥取赤十字病院へ改称。
  • 1962年(昭和37年) - A館改築竣工(新本館竣工により2018年末に解体予定)[2]
  • 1967年(平成42年) - C館竣工(新本館新築工事のため解体)。
  • 1990年(平成2年) - B館竣工。
  • 1999年(平成11年)5月 - 地域災害医療センター(災害拠点病院)に指定。
  • 2004年(平成16年)8月23日 - 日本医療機能評価機構認定病院に認定。
  • 2008年(平成20年)7月 - 地域医療支援病院に認定。
  • 2018年(平成30年)5月28日 - 新本館が全面開業[2]

診療科[編集]

診療協働部門
  • 看護部
  • 薬剤部
  • 検査部
  • 放射線技術課
  • リハビリテーション課
  • 栄養課
  • 医療社会事業課
  • 地域医療連携室
  • 健診センター

医療機関の指定等[編集]

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 真下信幸(2015年6月8日). “鳥取赤十字病院:「災害医療の強化目指す」 100周年記念式典”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  2. ^ a b 鳥取赤十字病院本館、4年かけ新築工事完了 災害対応などを強化 (産経新聞)
  3. ^ 鳥取DMAT派遣に関する協定締結式 鳥取県・医療政策課HP

備考[編集]

  • 院長室に、版画家長谷川富三郎から寄贈された作品「ヒポクラテスの誓」が飾られている。

外部リンク[編集]