さいたま赤十字病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg さいたま赤十字病院

Japanese Red Cross Saitama Hospital 20170318.JPG

情報
英語名称 Japanese Red Cross Saitama Hospital
前身 埼玉支部療院
埼玉支部与野療院
埼玉県支部与野病院
与野赤十字病院
大宮赤十字病院
標榜診療科 内科、精神科、神経内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科
許可病床数

605床


一般病床:632床
職員数 1,006人(2009年3月現在)
機能評価 一般500床以上:Ver6.0
開設者 日本赤十字社埼玉県支部埼玉県知事
管理者 安藤昭彦(院長)
開設年月日 1934年7月6日
所在地
330-8553
埼玉県さいたま市中央区新都心1番地5
位置 北緯35度53分30.1秒 東経139度37分53秒 / 北緯35.891694度 東経139.63139度 / 35.891694; 139.63139 (さいたま赤十字病院)座標: 北緯35度53分30.1秒 東経139度37分53秒 / 北緯35.891694度 東経139.63139度 / 35.891694; 139.63139 (さいたま赤十字病院)
二次医療圏 さいたま
PJ 医療機関
テンプレートを表示
赤十字の標章

さいたま赤十字病院(さいたませきじゅうじびょういん)は、埼玉県さいたま市中央区にある医療機関である。日本赤十字社埼玉県支部設置の病院である。救急病棟32床 ・ICU6床、CCU14床を備える。

概要[編集]

現在地への移転の沿革については「さいたま新都心#さいたま新都心医療拠点整備」も参照。

東日本大震災後の防災意識の中で、それまでの建物(中央区上落合8丁目)の老朽化と耐震性の問題がクローズアップされ、また、災害時に防災基地・大規模避難施設となるさいたまスーパーアリーナや国の官公庁が入る合同庁舎が集まる地区に移転することで、緊急時の医療拠点となることを企図し、さいたま新都心第8-1A街区医療拠点整備事業として、埼玉県立小児医療センターと併設新築され、2017年1月1日に移転開院(外来診察は1月4日開始)した。

移転に際して母子医療を拡充させ、小児医療センターと併設する事により、連携して総合周産期母子医療センターの機能を整備した。8-1街区敷地の北側(1.4ha)に赤十字病院(地上14階地下1階、高さ78m)、南側(1ha)に小児医療センター(地上13階地下2階、高さ70m)が置かれ、両病院は別の建物となるが、地下1階から2階、4階から6階が渡り廊下で連結される。

新しい赤十字病院には、県内2番目となる母体・胎児集中治療室(MFICU)を9床新設する。

1階には救急車ドクターカー搬送に対応した、救急救命設備を2病院別個に置く。外来受付も2階に別個に置くが、外来用エントランスは、他の街区や駅に接続するペデストリアンデッキに面した、両病院の間に置いて共用する。また2階には、新都心の賑わい創出に貢献するため、デッキに面して店舗を併設する一方、デッキ自体は災害時のトリアージの実施スペースとするため、広く確保する設計とした。両病院共に4階に手術室、6階等に会議室や図書室、研修施設を合わせて設置して、双方の医師や職員の連携を行う。

赤十字病院の屋上にはヘリポートを設置し、ドクターヘリ消防防災ヘリコプターなど、航空救急で運ばれるような特殊な患者に対応し、救命集中治療室(ICU)を増強して、高度救命救急センターを目指す。また一般病室の個室化の拡大、がん治療能力の拡大が行われる。

病院の用地は、埼玉県さいたま市日本赤十字に貸与している。赤十字は旧病院の土地を賃貸して、費用を捻出する方針をとり、2016年島忠との間で、40年間の定期借地権契約を結んだ。建物移転・建設費用は、埼玉県と赤十字病院がそれぞれ負担した。島忠は2019年3月に「島忠ホームズさいたま中央店」として開業し、同年7月に本社を移転した。

旧病院内の「さいたま赤十字看護専門学校」(2020年3月に廃校)の隣接地には、日本赤十字看護大学が新たに開設する「さいたま看護学部」(同年4月に開設予定)のキャンパスが建設される。

沿革[編集]

かつては中央区(旧与野市上落合に所在し、与野赤十字病院、大宮赤十字病院、さいたま赤十字病院と病院名が変遷した。当時浦和町大宮町に建設しようとしたところ、両町の医師会から反対を受け、やむなく与野町と大宮町の境に病院用地を取得して建設した。

その後、最寄駅が大宮駅であるにも関わらず『与野赤十字病院』だったため、与野駅から来院する者が多数おり、与野の名称では埼玉県所在とすぐに分からず、説明を要したことによって『大宮赤十字病院』に改称された[1]。さいたま市誕生により、さいたま赤十字病院に再度改称され、2017年にはさいたま新都心に移転した。

  • 1934年昭和9年)7月3日 - 日本赤十字社埼玉支部療院落成式。7月6日より診療開始
  • 1940年(昭和15年)11月1日 - 日本赤十字社埼玉支部与野療院に改称。
  • 1942年(昭和17年)12月22日 - 日本赤十字社埼玉県支部与野病院に改称。
  • 1943年(昭和18年)1月4日 - 与野赤十字病院に改称。
  • 1947年(昭和22年)1月17日 - 大宮赤十字病院に改称。
  • 1947年(昭和22年)11月3日 - 本館塗装工事中に出火。本館・第一病棟を焼失。
  • 1957年(昭和32年)10月25日 - 総合病院の名称許可
  • 1964年(昭和39年)6月12日 - 救急病院の指定。
  • 1968年(昭和43年)10月31日 - 鉄筋5階建新病棟完成
  • 1972年(昭和47年)4月1日 - 臨床研修病院に指定。
  • 1975年(昭和50年)10月22日 - 新病棟新築
  • 1980年(昭和55年)1月31日 - 埼玉県救命救急センター完成(1987年に大宮赤十字病院救命救急センターに名称変更)
  • 1999年平成11年) - 埼玉県災害拠点病院に指定。
  • 2003年(平成15年) - さいたま赤十字病院に改称。
  • 2005年(平成17年)1月17日 - 地域がん診療連携拠点病院に指定。
  • 2011年(平成23年) - 建物の老朽化・耐震の観点から、さいたま新都心に移転決定。
  • 2013年(平成25年) 新病院着工
  • 2016年(平成28年)8月 - 新病院完成。
  • 2017年(平成29年)1月1日 - 移転開院(外来診察は1月4日開始)。高度救命救急センター及び総合周産期母子医療センター(埼玉県立小児医療センターと一体運営)に指定。

標榜診療科[編集]

高度救命救急センター

さいたま市のほぼ中央に位置し、埼玉県中央部の3次救急の中心的な役割を担っている。 大規模災害時には埼玉県特別機動援助隊(埼玉SMART)災害派遣医療チーム(DMAT)として医師や看護師を派遣する。

診療協働部門
  • 看護部
  • 健診部
  • 病理部
  • 放射線科部
  • 薬剤部
  • 栄養課
  • 検査部
  • 臨床工学技術課

医療機関の指定等[編集]

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 昭和22年1月6日付埼赤第4号「病院名改正認可申請書」日本赤十字社社長宛文書。

参考文献[編集]

  • 『赤十字埼玉百年史』日本赤十字社埼玉県支部、1988年

外部リンク[編集]