福岡赤十字病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 福岡赤十字病院
福岡赤十字病院
情報
正式名称 日本赤十字社 福岡赤十字病院
英語名称 Japanese Red Cross Fukuoka Hospital
前身 日本赤十字社 福岡支部 福岡診療所
標榜診療科 内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、肝臓内科、糖尿病内科、腎臓内科、脳・血管内科、外科、心臓血管外科、整形外科、脳神経外科、形成外科、精神科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科(休診中)、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、救急科、歯科、歯科口腔外科、病理診断科
許可病床数

509床


一般病床:509床
開設者 日本赤十字社 福岡県支部長(福岡県知事
管理者 寺坂 禮治(院長)
開設年月日 1947年(昭和22年)12月
所在地
815-8555
福岡県福岡市南区大楠三丁目1番1号
位置 北緯33度34分21.1秒
東経130度24分50秒
二次医療圏 福岡・糸島
PJ 医療機関
テンプレートを表示
赤十字の標章

福岡赤十字病院(ふくおかせきじゅうじびょういん)は、福岡県福岡市南区にある医療機関である。日本赤十字社福岡県支部設置の病院である。ICU4床を備える。[1]

沿革[編集]

  • 1947年昭和22年)12月 - 日本赤十字社 福岡事務所開設と同時に福岡診療所を開設。
  • 1952年(昭和27年)4月 - 福岡赤十字病院へと改称。
  • 1958年(昭和33年)4月 - 福岡赤十字高等看護学院を開校。
  • 1976年(昭和51年)4月 - 福岡赤十字看護専門学校と改称。
  • 1983年(昭和58年)4月 - 大楠小学校の分校として病弱児学級「たんぽぽ学級」を開校。
  • 1999年(平成11年)5月 - 福岡県地域災害医療センターに指定。
  • 2002年(平成14年)3月 - 福岡赤十字看護専門学校を閉校。
  • 2012年(平成24年)5月 - 新病院棟本体の稼働。

診療科[編集]


診療協働部門
  • 看護部
  • 薬剤部
  • 放射線科部
  • 検査部
  • 病理診断科
  • リハビリテーション課
  • 医療安全推進室
  • 治験管理センター

医療機関の指定等[編集]

  a.)腎臓に関する医療,b.)腎移植に関する医療,c.)心臓脈管外科に関する医療,
  d.)死体腎移植に関する医療,e.)精神通院医療,

  • 身体障害者手帳交付の診断医

  a.)じん臓機能障害の医療,b.)ぼうこう又直腸機能障害の医療,c.)小腸機能障害の医療,
  d.)肢体不自由の医療,e.)聴覚、平衡、音声、言語、咀嚼の医療,f.)視覚障害の医療,
  g.)呼吸器機能障害の医療,h.)心臓機能障害の医療,

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

  • DMAT
  • 福岡赤十字看護専門学校 (昭和33年4月開校 ~ 平成14年3月閉校)

脚注[編集]

外部リンク[編集]