山村学園短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山村学園短期大学
画像募集中
画像募集中
大学設置 1989年
創立 1922年
学校種別 私立
設置者 学校法人山村学園
本部所在地 埼玉県比企郡鳩山町石坂604
学部 保育学科
ウェブサイト 山村学園短期大学公式サイト
テンプレートを表示

山村学園短期大学(やまむらがくえんたんきだいがく、英語: Yamamura Gakuen College)は、埼玉県比企郡鳩山町石坂604に本部を置く日本私立大学である。1989年に設置された。大学の略称は山村短大。

概観[編集]

大学全体[編集]

教育および研究[編集]

  • 山村学園短期大学にはまず保育学科があり、体験して学ぶ校外実習に力を入れておりその一環として「動物飼育体験実習」や「里山保全体験学習」などがある。

学風および特色[編集]

  • 山村学園短期大学は、1922年創立の学校法人山村学園により運営されているが、短期大学の設置は1989年と新しい。

沿革[編集]

  • 1922年 山村学園創立。当時は被服科。(当時の所在地は川越市)
  • 1989年 山村女子短期大学開学。国際文化科開設
  • 2002年 保育学科新設、男女共学化し山村学園短期大学に学名変更。旧来の国際文化科をコミュニケーション学科に改組。
  • 2015年 コミュニケーション学科を閉科し、保育学科のみとなる。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 埼玉県比企郡鳩山町石坂601

年度別学生数[編集]

  • 学生数はその該当年度の5月1日時点でのデータである。なお、2000年度以降は、当該当年度以降の『全国学校総覧』において学生数の記載がないため、便宜上定員を表記した。
- コミュニケーション学科 保育学科 出典
1989年 女203[1] - [2]
1990年 女394[1] - [3]
1991年 女400[1] - [4]
1992年 女425[1] - [5][6]
1993年 女452[1] - [7]
1994年 女426[1] - [8]
1995年 女377[1] - [9]
1996年 女345[1] - [10]
1997年 女314[1] - [11]
1998年 女273[1] - [12]
1999年 女218[1] - [13]
2000年 女300[1] -
2001年 女300[1] -
2002年 250[14] 50
2003年 200 100
2004年 200 100
2005年 200 100
2006年 170[15] 130[16]
2007年 140 160
2008年 140 160
2009年 140 160
2010年 140 160
2011年 140 160
2012年 140 160

教育および研究[編集]

学科[編集]

  • 保育学科

過去に存在した学科[編集]

  • コミュニケーション学科:開学時は国際文化科の名称であった。コミュニケーション学科では、「キャリアデザイン」「ビジネス」「IT」「英語」「中国語」「心理」「福祉」「文化コミュニケーション」「幼児教育」などの各フィールドから科目を任意に選択できるという特長があった。幼児教育フィールドでは、当学科の専門科目を履修しながら幼稚園教諭を目指すこともできるとされていた。2004年度より厚生労働省若年者就職基礎能力修得支援事業に対応したカリキュラムが用意されていた。

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

資格
教職課程
  • 幼稚園教諭二種免許状[17]
    • 保育学科
    • コミュニケーション学科:保育学科の科目を履修することにより可能となっていた。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 山村学園短期大学の学園祭は「山緑祭」と呼ばれ、毎年概ね11月に行われる。

スポーツ[編集]

  • テニス部が短大のクラブでも至って強く、2005年8月に行われた全国私立短期大学体育大会で男子ダブルスがベスト8の成績を残している。ほか、バスケットボール部も同イベントに出場している。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

  • 藤巻公裕:本短大前学長
  • 野口一夫:本短大学長

施設[編集]

  • 体育館
  • カフェテリア
  • 図書館
  • 芙蓉館:演奏会などに使用される。収容人数はおよそ600人となっている。

キャンパス[編集]

「緑あふれるヨーロッパ山岳都市」をイメージしたものとされており、開学した1989年に「さいたま景観賞」を受賞している。

アクセス[編集]

短大の前にはバス停留所がある。そこから短大の正門までやや急坂となっている。なお、および悪天候日はキャンパスにより近い場所までバスの乗り入れがある。

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

姉妹校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 国際文化科の数。
  2. ^ 1990年度版『全国学校総覧』(以下、『総覧』と略する。)58頁
  3. ^ 1991年度版『総覧』57頁
  4. ^ 1992年度版『総覧』59頁
  5. ^ 1993年度版『総覧』60頁
  6. ^ 短大蛍雪 』(全国短大&専修・各種学校受験年鑑シリーズ、1992年9月臨時増刊号)208頁には「426(うち1年生女220)」と表記されている。
  7. ^ 1994年度版『総覧』62頁
  8. ^ 1995年度版『総覧』64頁
  9. ^ 1996年度版『総覧』66頁
  10. ^ 1997年度版『総覧』67頁
  11. ^ 1998年度版『総覧』69頁
  12. ^ 1999年度版『総覧』61頁
  13. ^ 2000年度版『総覧』64頁
  14. ^ うち国際文化科女150、コミュニケーション学科男女100
  15. ^ 入学定員70に減員。
  16. ^ 入学定員80に増員。
  17. ^ 2004年度入学生より両学科にて設置されている
  18. ^ a b c 2007年度入学案内冊子より一部引用。

公式サイト[編集]

座標: 北緯35度59分49.7秒 東経139度21分27.6秒 / 北緯35.997139度 東経139.357667度 / 35.997139; 139.357667