郡山女子大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
郡山女子大学
大学正門
大学正門
大学設置 1966年
創立 1947年
学校種別 私立
設置者 学校法人郡山開成学園
本部所在地 福島県郡山市開成3-25-2
学部 家政学部
研究科 人間生活学研究科
ウェブサイト 郡山女子大学公式サイト
テンプレートを表示

郡山女子大学(こおりやまじょしだいがく、英語: Koriyama Women's University)は、福島県郡山市開成3-25-2に本部を置く日本私立大学である。1966年に設置された。大学の略称は地元に限って言えば「女子大」[1]女子校であり、短期大学部(→同女子大短期大学部の項を参照)も併設している。また、附属の高等学校と幼稚園があり、幼稚園のみ共学である。

かつては、大学・短期大学部それぞれに制服が定められていたが、現在は私服での通学となっている。

地理院地図 Googleマップ 郡山女子大学

沿革[編集]

  • 1947年昭和22年) 短期大学部の前身、郡山女子専門学校を創設
  • 1950年(昭和25年) 郡山女子短期大学(現短期大学部)開学
  • 1966年(昭和41年) 郡山女子大学開学(家政学部に生活経営学科、被服学科、食物栄養学科を設置)
  • 1986年(昭和61年) 家政学部を人間生活学科と食物栄養学科に改組
  • 1992年平成4年) 大学院設置

学部[編集]

家政学部[編集]

  • 人間生活学科
    • 生活総合コース
    • 福祉コース
    • 建築デザインコース
  • 食物栄養学科

短期大学部[編集]

詳細は郡山女子大学短期大学部#学科の項を参照。

  • 家政科
    • 福祉情報専攻
    • 食物栄養専攻
  • 幼児教育科
  • 生活芸術科
  • 音楽科
  • 文化学科

大学院[編集]

取得資格について[編集]

四年制の場合は下記の通り。短期大学部は郡山女子大学短期大学部#取得資格について参照。

教職課程

施設[編集]

キャンパスは面積 35,048平方メートル[2]で、短期大学部と施設を共用する。開成山大神宮に隣接(もみじ館等一部施設は100mほど離れた開成山公園に隣接)し、敷地南側にはせせらぎこみちが通る。

敷地内は関係者以外の立ち入りが制限されており、創学館や日本風俗美術館などの見学は、正門受付での手続きが必要。

  • 創学館 - 地球の自転を証明するフーコーの振り子などがある
  • 建学記念講堂 - 丹下健三監修、大ホールと小ホールが舞台をはさんで向かい合う対面式ホールなどがあり、1988年、第6回福島県建築文化賞特別部門賞受賞[3]
  • もみじ館 - 放送大学福島学習センターが入居[4]
  • つつじ館 - 開成山公園の風景に合うよう設計された明治時代風の洋館、1984年、第2回福島県建築文化賞準賞受賞
  • 日本風俗美術館 - 古代から江戸時代末期までの衣装の歴史を等身大の着装人形36体によって再現

学内奨学金[編集]

  • 学校法人郡山開成学園創立者関口育英奨学金制度

系列校[編集]

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

国内大学[編集]

大学関係者一覧[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「郡女」(ぐんじょ)の略称もあるが、市内にかつて存在した郡山女子高校との混同を招くことからあまり使用されない
  2. ^ キャンパスマップ | 学校法人郡山開成学園
  3. ^ 学園の施設 | 学校法人郡山開成学園
  4. ^ 福島学習センター|放送大学
  5. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内
  6. ^ 郡山開成学園 大学の特色 単位互換制度

外部リンク[編集]