信本敬子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

信本 敬子(のぶもと けいこ、1964年3月13日 - 2021年12月1日)は、日本脚本家北海道旭川市出身。

テレビアニメ『カウボーイビバップ』『WOLF'S RAIN』やOVA『マクロスプラス』、テレビドラマ『白線流し』などの脚本で知られた[1]

来歴[編集]

北海道立旭川高等看護学院卒業。旭川医科大学医学部附属病院(現旭川医科大学病院)で看護師として勤務したのち、アニメ制作会社で事務職員として働く。1987年、「アニメシナリオハウス」3期生。

1989年、『ハートにブルーのワクチン』で、第3回フジテレビヤングシナリオ大賞受賞。その後テレビドラマに限らずアニメーション、ゲームのシナリオを請け負うシナリオ作家としてデビュー。代表作に『白線流し』(1996年)、『WOLF'S RAIN』(2003年)など。2002年、『キングダム ハーツ』(スクウェアエニックス)では、シナリオスーパーバイザーとして参加している。Netflixで配信されたドラマ『カウボーイビバップ』では第1話「カウボーイ・ゴスペル」のアソシエイト・プロデューサーを担当[2]

吉祥寺に在住して活動をつづけていたが、晩年は食道癌との闘病で、実家のある北海道に戻った。周囲には闘病のことは伝えていなかった。

2021年12月1日、死去[1][3]。57歳没。

2021年に入ってからは体調を崩して入院していた[3]。同年12月11日に死去したことが公表され[1][3]、12月16日にはカウボーイビバップ公式サイトでも訃報が発表された[4]

作品リスト[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

映画[編集]

OVA[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c 【訃報】「カウボーイビバップ」「マクロスプラス」「白線流し」の脚本家・信本敬子さん死去”. GIGAZINE (2021年12月11日). 2021年12月11日閲覧。
  2. ^ "Cowboy Bebop" Cowboy Gospel (TV Episode 2021) - Full Cast & Crew” (英語). IMDb. 2021年12月13日閲覧。
  3. ^ a b c 佐藤大 (2021年12月10日). “訃報です。脚本家の信本敬子さんが12月1日にお亡くなりになりました。食道癌で闘病されていたそうです。葬儀は本人の希望で4日に家族のみで行ったそうです。”. Facebook. 2021年12月11日閲覧。
  4. ^ "News 信本敬子様のご逝去について". カウボーイビバップ. 株式会社サンライズ. 16 December 2021. 2021年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月16日閲覧
  5. ^ カウボーイビバップ : 作品情報”. アニメハック. 2020年12月3日閲覧。
  6. ^ WOLF'S RAIN : 作品情報”. アニメハック. 2020年4月21日閲覧。