第一種感染症指定医療機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第一種感染症指定医療機関(だいいっしゅかんせんしょうしていいりょうきかん)とは、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律で定められた一類感染症エボラ出血熱天然痘ペスト等)、および二類感染症結核SARSMERS等)の患者に対する日本の医療機関。都道府県知事が指定する。

日本全国に計55医療機関(計103床)ある[1]

一覧[編集]

以下、平成31年4月1日現在[1]

北海道[編集]

東北[編集]

青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県

関東[編集]

福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県

中部[編集]

新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県

近畿[編集]

三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県

中国[編集]

鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県

四国[編集]

徳島県
香川県
愛媛県
高知県

九州[編集]

福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

脚注[編集]

  1. ^ a b 感染症指定医療機関の指定状況(平成31年4月1日現在)|厚生労働省” (日本語). www.mhlw.go.jp. 2020年3月22日閲覧。

関連項目[編集]

資料[編集]