新潟市民病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 新潟市民病院
Niigata city general hospital.JPG
情報
正式名称 新潟市民病院
英語名称 Niigata City General Hospital
標榜診療科 内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、小児科、精神科、神経内科、外科、整形外科、形成外科、呼吸器外科、心臓血管外科、小児外科、産科、婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、皮膚科、泌尿器科、リハビリテーション科、麻酔科、ペインクリニック外科、歯科口腔外科
許可病床数

676床
一般病床:652床
精神病床:16床


感染症病床:8床
機能評価 一般500床以上:3rdG:Ver.1.0[1]
開設者 新潟市
管理者 片柳憲夫(院長)
地方公営企業法 全部適用
開設年月日 1973年10月20日
所在地
950-1197
位置 北緯37度52分34秒
東経139度2分26.2秒
二次医療圏 新潟
PJ 医療機関
テンプレートを表示

新潟市民病院(にいがたしみんびょういん、Niigata City General Hospital)は、新潟県新潟市中央区にある医療機関病院)。新潟市が運営する地方公営企業の一つである。

概要[編集]

  • 院長 片柳憲夫
  • 病床数 672床(一般550床、救命救急・循環器病・脳卒中センター50床、総合周産期母子医療センター57床、こども病棟40床、感染症8床、精神科12床)

沿革[編集]

  • 1973年10月20日 総合病院認可
  • 1973年10月25日 新潟市紫竹山(現中央区紫竹山二丁目)にて開院(開院式を挙行)
  • 1983年6月 救急病院の告示を受ける
  • 1987年4月 救命救急センター・新生児医療センター(南棟)を新設し増床
  • 2007年11月1日 新潟市中央区鐘木(現在地)へ移転
  • 2009年4月1日 旧市民病院のうち南棟跡を改修し「新潟市総合保健医療センター」を開設

診察科目[編集]

併設施設など[編集]

スワンプラザ(患者総合支援センター)

  • リトルスワン(病児保育所)
  • 救急ステーション

指定医療[編集]

アクセス[編集]

所在地等[編集]

  • 〒950-1197 新潟県新潟市中央区鐘木463番地7

交通[編集]

研修医の過労死と職員への残業代未払い[編集]

2016年1月に市民病院で働いていた研修医の女性が自宅近くで自殺した[2]。女性の電子カルテの操作履歴から、月平均残業時間が約187時間、最も多い月では251時間に達していた事[2](厚生労働省が「過労死ライン」と位置付けるのは80時間)が分かり、2017年6月に新潟労働基準監督署が労災認定した[2]。 また、その際の是正勧告により病院が実施した調査で総額1億800万円の残業代未払いがあることが分かった[3]。その後、2018年8月に過労死した女性の遺族が市を相手に損害賠償を求める訴訟を新潟地裁に起こした[4]

関連項目[編集]

新型ウイルス感染症のパンデミックによるパニックを描いた映画2009年公開)。2008年春、撤去前の旧市民病院の建物がロケーションに使用された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]