シコルスキー S-76

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

S-76

  • 用途:汎用
  • 分類:ヘリコプター
  • 製造者:シコルスキー・エアクラフト
  • 初飛行:1977年3月13日
  • 運用状況:現用

シコルスキー S-76 (Sikorsky S-76) は、アメリカ合衆国航空機メーカー、シコルスキー・エアクラフト社が開発した双発ターボシャフトエンジンの中型ヘリコプター。報道・警察・社用機など広く運用されている。初飛行は1977年3月13日。

概要[編集]

シコルスキー・エアクラフト社が、民間市場のシェア拡大のため自主開発した。メインローターは、チタニウム・ノーメックス・ガラス繊維複合材などを使用した後退角付4枚。テール・ローターは複合材製4枚。降着装置は前輪式で引き込み脚。

流麗な外見と乗り心地の良さからVIP機、遊覧飛行にも使われている。

A,B,C,D型があり、それぞれ搭載エンジンが異なる。また、S-76Bを基にした軍用型も開発されている。

派生型[編集]

S-76C+
S-76A 
エンジンはアリソン社(現:ロールス・ロイス・ホールディングス)250-C30 485kW (650shp)×2基
S-76A+
エンジンはチュルボメカアリエル1S 523kW (700shp)×2基
S-76B 
エンジンはプラット・アンド・ホイットニー・カナダPT6B-36A 732kW (960shp)×2基
S-76C 
エンジンはチュルボメカ社 アリエル1S1 541kW (725shp)×2基
S-76C+
エンジンはチュルボメカ社 アリエル2S1 587kW (787shp)×2基
S-76C++
エンジンはチュルボメカ社 アリエル2S2 636kW (853shp)×2基
S-76D 
エンジンはプラット・アンド・ホイットニー・カナダ社 PW210S 783kW (1,000shp)×2基

性能・主要諸元(S-76C++)[編集]

  • 乗員: 2名
  • 乗客:12人
  • 全長: 52 ft 6 in (16.0 m)
  • 主回転翼直径: 44 ft 0 in (13.41 m)
  • 全高: 14 ft 5.8 in (4.414 m)
  • 円板面積: 1520.53 ft² (141.26 m²)
  • 空虚自重: 7,005 lb (3,177 kg)
  • 全備重量: 11,700 lb (5,306 kg)
  • 最大離陸重量: 11,700 lb (5,306 kg)
  • 発動機:チュルボメカ アリエル 2S2 636kW (853shp)×2基
  • 超過禁止速度: 155 knots, 178 mph (287 km/h)
  • 航続距離: 345 nm 30分予備燃料 (639 km 30分予備燃料)
  • 下記の「東京愛らんどシャトル」では、乗員1名、乗客9人で運行している。

日本での採用[編集]

警察航空隊消防防災航空隊の一部でS-76Bが、海上保安庁ではS-76C,C+,C++,Dと採用されている。また、報道用や一部離島を結ぶための航空便としても採用されている。(例:東邦航空東京愛らんどシャトル

出典[編集]

脚注
参考文献
  • Simpson, Rod (2001), Airlife's World Aircraft, Airlife Publishing Ltd, ISBN 1-84037-115-3 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]