チュルボメカ アリエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チュルボメカ アリエルの内部構造

チュルボメカ アリエル (Turboméca Arriel) は、非常に成功したフランスのチュルボメカ社(サフラングループ)製ターボシャフトエンジン。遠心式ガスタービンエンジンで、ヘリコプターの動力として使われる。 最初に運転されたのは1974年である。重量は109 kg (240 lb)でアリエル1の出力は520 kW (700 hp)である。2007年時点で7,000基近く生産された。

搭載機[編集]


仕様 (アリエル 1)[編集]

出典:[1]

一般的特性

  • 形式: 2軸式フリータービン・ターボシャフト
  • 全長: 44.2 in
  • 直径: 23.5 in
  • 乾燥重量: 245 lb

構成要素

  • 圧縮機: 単段軸流式と単段遠心式
  • 燃焼器: アニュラー式燃焼室
  • タービン: 単段式パワータービン、2段式ガス発生器タービン

性能

  • 出力: 681 shp (508 kW)
  • タービン入口温度: 840 C
  • 出力重量比:


機種 出力 オーバーホール間隔(時間) 重量 外形寸法 搭載機
1A 3000 ユーロコプター AS 365 C ドーファン
1A1 3000 ユーロコプター AS 365 C1 ドーファン
1A2 3000 ユーロコプター AS 365 C2 ドーファン
1B 3000 ユーロコプター AS 350 B/BA エキュレイユ
1C 3000 ユーロコプター AS 365 N ドーファン
1C1 3000 ユーロコプター AS 365 N1 ドーファン
1D 3000 ユーロコプター AS 350 B1/L1 エキュレイユ
1D1 466 kW 3000 126 kg 1157x?x? ユーロコプター AS 350 B2/AS 550
1E 3000 ユーロコプター BK 117 C1
1E2 516 kW 3000 126 kg 1157x?x? ユーロコプター BK 117 C1/C2 - EC 145
1K 3000 126 kg 1157x?x? アグスタ A109 K
1K1 471 kW 3000 126 kg 1157x?x? アグスタ A 109 K2
1M 3000 ユーロコプター AS 365 F1 ドーファン
1MN 3000 ユーロコプター AS 365 F1 ドーファン
1M1 3000 ユーロコプター AS 565 パンサー
1MN1 3000 ユーロコプター AS 565 パンサー
1S 3000 シコルスキー S-76A+
1S1 541 kW 3000 1539×789×493 シコルスキー S-76A++/S-76C
2B 540 kW 3000 130 kg 1157x?x? ユーロコプター AS 350 B3
2B1 540 kW 3000 130 kg 1157x?x? ユーロコプター EC 130 B4
2C 581 kW 3000 130 kg 1157x?x? AS 365 N3 ドーファン - H410 A
2C1 581 kW 3000 130 kg 1157x?x? ユーロコプター EC 155 B
2C2 636 kW 3000 1015×576×489 ユーロコプター EC 155 B1
2C2CG 636 kW 3000 1015×576×489 HH65 ドーファン
2S1 587 kW 3000 130 kg 1015×577 シコルスキー S-76 C+
2S2 621 kW 3000 1157×601 シコルスキー S-76 C++

脚注[編集]

  • Gunston, Bill (1986). World Encyclopedia of Aero Engines. Wellingborough: Patrick Stephens. pp. 166. 
  1. ^ FAA Type Certificate Data Sheet Retrieved: 2 November 2008

外部リンク[編集]