新木場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 江東区 > 新木場
新木場
—  町丁  —
14号地第2貯木場
新木場の位置(東京23区内)
新木場
新木場
新木場の位置
座標: 北緯35度38分44.46秒 東経139度49分34.77秒 / 北緯35.6456833度 東経139.8263250度 / 35.6456833; 139.8263250
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Koto, Tokyo.svg 江東区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 60人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 136-0082[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立
製材所

新木場(しんきば)は、東京都江東区町名。現行行政地名は新木場一丁目から新木場四丁目。郵便番号は136-0082[2]

地理[編集]

江東区湾岸エリアに位置する。北に夢の島、南に砂町南運河を挟んで若洲、北西に曙運河を挟んで辰巳と接する。人工島東京湾埋立14号地のうち、湾岸道路より南のエリア。第三種地盤。湾岸道路より北は夢の島である。廃棄物で出来た埋立地である。西は新曙橋などで辰巳、南は若洲橋若洲、東は荒川河口橋を渡ると江戸川区臨海町

木場の移転先として誕生した街で材木商の事務所や木材加工、合板工場は現在でも存在し、木材・合板博物館といった施設も存在する。一方で、物流会社の営業所など他産業の進出も進んでいる。1980年代から急速に開発されて、駅前には大企業オフィスビルがあり、臨海部のビジネス街として栄えている。マンション住宅団地は建設されておらず、宿泊施設は存在するが住宅が少ない。

気候[編集]

都心部と比べると、の影響でいくらかヒートアイランド現象の影響を受けづらい位置にある。

新木場(1981年 - 2010年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 19.6
(67.3)
24.1
(75.4)
22.8
(73)
26.1
(79)
28.4
(83.1)
33.1
(91.6)
38.0
(100.4)
36.7
(98.1)
35.1
(95.2)
29.3
(84.7)
25.2
(77.4)
24.4
(75.9)
38.0
(100.4)
平均最高気温 °C (°F) 9.5
(49.1)
9.9
(49.8)
12.7
(54.9)
17.6
(63.7)
21.5
(70.7)
24.4
(75.9)
28.0
(82.4)
30.0
(86)
26.4
(79.5)
21.3
(70.3)
16.5
(61.7)
12.1
(53.8)
19.2
(66.6)
日平均気温 °C (°F) 5.7
(42.3)
6.1
(43)
8.8
(47.8)
13.6
(56.5)
17.7
(63.9)
20.9
(69.6)
24.4
(75.9)
26.3
(79.3)
23.0
(73.4)
17.9
(64.2)
12.9
(55.2)
8.3
(46.9)
15.5
(59.9)
平均最低気温 °C (°F) 2.2
(36)
2.5
(36.5)
5.0
(41)
10.0
(50)
14.5
(58.1)
18.1
(64.6)
21.9
(71.4)
23.8
(74.8)
20.4
(68.7)
14.8
(58.6)
9.4
(48.9)
4.7
(40.5)
12.3
(54.1)
最低気温記録 °C (°F) −3.7
(25.3)
−3.8
(25.2)
−1.8
(28.8)
0.7
(33.3)
7.1
(44.8)
11.5
(52.7)
14.7
(58.5)
17.7
(63.9)
12.3
(54.1)
6.3
(43.3)
1.5
(34.7)
−2.3
(27.9)
−3.8
(25.2)
降水量 mm (inch) 44.4
(1.748)
49.3
(1.941)
105.3
(4.146)
108.4
(4.268)
123.0
(4.843)
157.7
(6.209)
126.0
(4.961)
133.9
(5.272)
192.3
(7.571)
178.8
(7.039)
88.9
(3.5)
47.6
(1.874)
1,348.2
(53.079)
平均降水日数 (≥ 1.0 mm) 4.9 5.7 10.6 10.5 10.6 12.1 10.5 7.7 11.0 10.1 7.9 4.8 106.4
出典 1: 気象庁
出典 2: 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)

貯木場[編集]

新木場の空中写真。おびただしい量の材木が、海面に浮かんでいる様子が分かる。画像左上方に辰巳ジャンクションが見える。1989年撮影の3枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

新木場の「木場」とは、貯木場のことである。かつて海路江戸や東京に運ばれた材木は、隅田川河口にあった木場に貯木されていた。埋め立てにより木場が内陸となると、1969年、新木場が「新たな木場」となった。隅田川河口の木場に代わって、新木場は荒川の河口に設けられた。

貯木場は小島によって南北に分かれており、北は14号地第1貯木場、南は14号地第2貯木場である。これらは現在でも貯木場として機能しており、京葉線東京臨海高速鉄道りんかい線の車窓からもその風景を眺める事ができるが、すでに丸太の形で木材を輸入する時代ではないため、貯木場のほとんどは未使用となっている。

貯木場や製材所から漂う木の香りが、2001年環境省かおり風景100選に選ばれた。

歴史[編集]

一・二・三丁目は1978年昭和53年)2月1日住居表示を実施。四丁目は1979年昭和54年)4月1日の成立で、2009年平成21年)11月1日に住居表示を実施。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
新木場一丁目・二丁目 22世帯 27人
新木場三丁目 28世帯 33人
50世帯 60人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4][5]

丁目 番地 小学校 中学校
新木場一丁目 全域 江東区立南砂小学校 江東区立南砂中学校
新木場二丁目 全域
新木場三丁目 全域
新木場四丁目 全域

交通[編集]

鉄道
路線バス

都営バスが東陽町駅前から新木場地区を循環する便(木11系統)錦糸町駅南口前から新木場駅前間を運行する便(錦18系統)がある。土曜・日曜日・休日は、錦18が急行05になり日本科学未来館まで運行される。(休日は利用者多数で臨時便が出るほど混雑する)

道路
飛行場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 世帯と人口(毎月1日)”. 江東区 (2017年12月1日). 2017年12月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月20日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月20日閲覧。
  4. ^ 区立小学校の通学区域”. 江東区 (2017年4月3日). 2017年12月20日閲覧。
  5. ^ 区立中学校の通学区域”. 江東区 (2017年4月3日). 2017年12月20日閲覧。

外部リンク[編集]