三里塚のイカロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三里塚のイカロス
THE FALL OF ICARUS: NARITA STORIES
監督 代島治彦
製作 三里塚のイカロス製作委員会
音楽 大友良英
配給 ムヴィオラ、スコブル工房
公開 日本の旗 2017年9月9日
上映時間 138分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語英語字幕付き)
前作 三里塚に生きる
テンプレートを表示

三里塚のイカロス』(さんりづかのいかろす)とは、2017年日本ドキュメンタリー映画。

概要[編集]

三里塚闘争成田空港問題)を題材としたドキュメンタリー映画。『三里塚に生きる』の続編。イカロスとは『ギリシア神話』に登場する、で固めたによって自由自在に飛翔する能力を得るが、太陽に接近し過ぎたことで、翼が溶けて墜落する人物「イーカロス」のことである。

前作では、三里塚芝山連合空港反対同盟の地元農民を描いていたのに対し、今作では元革共同ML派第四インター等に所属していた、成田空港管制塔占拠事件実行犯を含む新左翼の支援者・活動家・支援妻らを中心に描く。空港反対派だけでなく、新東京国際空港公団が正式な採用を始める前からのたたき上げ(「0期生」と呼ばれる)として、数多くの地元農民と成田国際空港の用地買収交渉を手掛け、後に中核派に自宅を爆破された元空港公団用地部職員[1]へのインタビューも収録されている。

本作を制作するため、クラウドファンディングを利用して制作資金を集めた[2]

2017年平成29年)9月9日から、東京都渋谷区シアター・イメージフォーラムで、英語字幕付きで公開された。また、公開記念および小川紳介没後25周年として「小川プロダクション・三里塚とあの時代 1967-1973」も、アテネ・フランセ文化センター武蔵大学提供の16ミリフィルムで9月17日まで再上映された。その後は『三里塚に生きる』の再上映を実施した。

第18回チョンジュ国際映画祭の招待作品に選ばれた。

なお、作中でインタビューを受けている中核派の元活動家岸宏一2006年(平成18年)に中核派を離れ、2007年(平成19年)に中核派から除名)は、1981年から2006年にかけての25年間、中核派の三里塚現地責任者であった[3][4]。岸がその任にあった期間中、中核派は成田空港問題を巡り、10.20成田現地闘争東鉄工業作業員宿舎放火殺人事件千葉県収用委員会会長襲撃事件日本飛行機専務宅放火殺人事件・新左翼セクト同士の内ゲバなどのテロリズムを起こしてきたが[3]、劇中の岩屋鉄塔のシーンで岸は「ぼくにとっては、活動家として人生を歩んできているなかで、(中略)国家権力との闘いがあったところの中心にいたわけで、そういう意味では恵まれていたという風にいまは総括しているんですけどもね」と述べる。しかしその後岸は中核派の現状と三里塚での失敗について語りだし、「でも、それは岸さん25年間やってたわけだから、岸さんの失敗っていうことにもなるんですよ」と代島に問われ、岸が「完全にそうですね。完全にそういうことだと思います」と答えたところで映画のエンディングを迎える[4][5]。映画撮影後の2017年(平成29年)3月26日谷川岳連峰・東谷山への雪山スキー中に遭難し、持ち物のリュックを残して消息を絶っており、このインタビューが岸による事実上の遺言となった[3][6]。なお、岸は2015年(平成27年)に出版した『革共同政治局の敗北1975~2014 あるいは中核派の崩壊』を巡り中核派の攻撃対象となっており、知人や家族に相談したうえで本作の撮影に応じている[3][5]

また、中核派[7]は2017年(平成29年)10月9日付の機関紙『前進』で『三里塚のイカロス』について触れ、同作は脱落派の見解・国家権力が描く闘争観であり、(中核派に支援されて空港用地内での耕作を続ける反対派農家である)市東孝雄が登場することは絶対に不可能な構成になっている、脱落・転向した岸は三里塚に敵対するデタラメな主張を述べ立てている、(別の場所で行われた内ゲバやABCD問題を論い)第四インターは腐敗し国家権力中枢からの攻撃の手先に成り果てていた、(元空港公団職員への爆破テロについて)農民切り崩しの張本人に鉄槌が下されたのは当然の報いだ、等として同作を批判し、「三里塚闘争はこれからだ。労農連帯で市東さんの農地を守り、軍事空港を阻止しよう!」と締めくくっている[8]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この人物は空港公団退職後に暴露本を出版し、NAAから出入り禁止処分を下されている(【Interview】かつて本気で三里塚に関わった人を訪ねて 『三里塚のイカロス』 代島治彦(監督)×加藤孝信(キャメラマン)”. neoneo (2017年9月11日). 2018年8月28日閲覧。)。
  2. ^ 傑作『三里塚に生きる』につづく戦後ニッポン黙示録の第二章、『三里塚のイカロス』製作費をご支援ください。”. 2017年4月30日閲覧。
  3. ^ a b c d 渡辺浩 (2017年6月23日). “【ニュースの深層】 中核派元幹部、雪山で不明3カ月 10年前に除名…「完全打倒」予告されていた”. 産経新聞. http://www.sankei.com/premium/news/170621/prm1706210002-n2.html 2017年9月19日閲覧。 
  4. ^ a b 映画『三里塚のイカロス』パンフレット、80-81頁。
  5. ^ a b 朝山実 (2017年9月18日). “ドキュメンタリー監督、代島治彦さんに聞く(後編)”. 「ウラカタ伝」. 2018年3月1日閲覧。
  6. ^ “「三里塚のイカロス」完成 成田反対運動その後描く 元現地闘争活動家の「遺言」 /東京”. 毎日新聞. (2017年6月20日). https://mainichi.jp/articles/20170620/ddl/k13/040/003000c 2017年9月17日閲覧。 
  7. ^ 三里塚芝山連合空港反対同盟(反対同盟)の北原派の活動を支援している。反対同盟は「北原派」「旧熱田派」に分裂している。
  8. ^ 映画「三里塚のイカロス」批判 三里塚の歴史と真実ゆがめ虚偽で「闘争の終結」あおる”. 革命的共産主義者同盟全国委員会 (2017年10月9日). 2017年10月13日閲覧。
  9. ^ スタッフ”. 2017年9月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]