10.20成田現地闘争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯35度44分51秒 東経140度22分30秒

10.20成田現地闘争
機動隊と暴徒が衝突した三里塚交差点
機動隊と暴徒が衝突した三里塚交差点
場所 新東京国際空港三里塚交差点
標的 新東京国際空港管制塔
日付 1985年(昭和60年)10月20日
概要 極左暴力集団による大規模な新東京国際空港に対する攻撃。
攻撃手段 極左活動家を大動員し、三里塚交差点付近で機動隊と衝突したほか、偽装消防車で空港に侵入した別働隊が時限装置により管制塔に損害を与えた。
兵器 火炎瓶、偽装消防車(散弾銃、火炎放射器を搭載)
武器 角材、砕石、鉄パイプ
負傷者 多数
他の被害者 新東京国際空港公団
損害 管制塔の一部損壊、空港機能の一時麻痺、三里塚交差点付近の店舗の損壊、警察車両の損傷
動機 新東京国際空港の二期工事を阻止、ひいては新東京国際空港を廃港にするため。
防御者 警察庁
警視庁
千葉県警察
関東管区機動隊など
対処 活動家ら241人を逮捕
テンプレートを表示
10.20成田現地闘争の位置(成田国際空港内)
10.20成田現地闘争
10.20成田現地闘争の現場

10.20成田現地闘争(10.20なりたげんちとうそう)は、1985年昭和60年)10月20日千葉県成田市三里塚交差点付近で中核派を主力とする極左過激派グループ(極左暴力集団)が、成田空港問題を巡って警察部隊と激しく衝突し、多くの逮捕者を出すとともに、管制塔等の空港施設を襲撃した事件である。 「10.20成田現地闘争」の名称は警察庁警察白書で使用している呼び方である。中核派は「85年蜂起戦」と呼んでいる。 大規模な暴動と空港への損害を阻止できなかった警察当局が批判を浴びた一方で、大量に逮捕者を出した中核派も以後大規模な闘争を実施できなくなった。

背景[編集]

中核派ほか極左暴力集団は、成田空港問題を昭和60年の最大の闘争課題に掲げ、成田現地に延べ約10万1,000人を動員して、集会、デモを繰り広げた。特に、4月に全国新聞に掲載された「成田は“いま”」と題する政府広報が「新東京国際空港二期工事着工のためのもの」として受け止められ、危機感を強めた極左暴力集団は「二期工事阻止」に向けて、爆発物等発射装置や時限式発火装置等を使用した「ゲリラ」事件を起こすなどして、"闘争"を激化させていた[1]
活動家らは1980年に韓国で発生した学生を中心とした民衆蜂起である光州事件から刺激を受けていたとも言われる。

事件経過[編集]

決起集会[編集]

新東京国際空港(現 成田国際空港。以下、成田空港)の二期工事に反対する三里塚芝山連合空港反対同盟北原グループ主催の全国総決起集会が、千葉県成田市の三里塚第一公園を会場として開催されたが、この際、実力闘争による廃港を目指すグループの参加が予想されていたことから、千葉県警警備本部は、千葉県へ応援派遣された東京警視庁の第一機動隊、第三機動隊、第四機動隊等の各部隊を三里塚第一公園から三里塚交差点付近に、千葉県警察の各機動隊を成田空港旧第5ゲート(現 芝山千代田駅付近)に配備した。また千葉県警新東京国際空港警備隊(現 千葉県警察成田国際空港警備隊)の6個空港機動隊(大隊)と、関東管区機動隊3個大隊を成田空港の北側から東側にかけて配備した。さらに、千葉県警および警視庁航空隊による航空機隊(ヘリコプター5機)を上空警戒させた。

この決起集会には、約3900名が参加した。警察では、決起集会の暴徒化、テロゲリラ事件を未然に防ぐため、当日は集会の前に会場周辺で厳しい検問を実施し、決起集会参加者に対する職務質問、所持品検査によって安全を確保したはずだった。ところが、集会も終盤に入った午後4時10分頃、中核派をはじめとする徹底抗戦を掲げる支援党派などは、決起集会の予定日から数週間も前に三里塚第一公園の地面や植え込み等に埋めて隠匿していた大量の鉄パイプ、丸太、火炎びん等を掘り出し、凶器として参加者に配布してしまった。また、投石用の砕石や、旗竿やプラカードと称して申し訳程度に小旗を添付した竹竿や角材を搭載したトラックやダンプカーが会場内に乱入してさらなる凶器を供給し、鎌田雅志全学連委員長らのアジテーションにより決起集会参加者は暴徒化した。
また、中核派はこの日のために大量に白のジェットヘルを購入し、それを参加者に配りその場で「中核」の文字を書かせた。サングラス・バイクゴーグルを付け、黒ヤッケを着装した中核派部隊を先頭に、武装した1000人を超える集団は公園を発ち成田空港第3ゲートに向かって進撃を開始した。

三里塚交差点での衝突[編集]

警察への申請上は、集会参加者は集会終了後にデモを行って、三里塚交差点を右折したのち約1300m離れた空き地で解散する予定であった[2]が、成田空港への突入を目指す暴徒はそのまま東進すべく三里塚交差点に進入した。

三里塚交差点では、事態の急変を受けて警戒中の警視庁機動隊(第1・3・4・5)の各部隊が大盾を並べて阻止線を作って待ち構えていた。これに対し暴徒は正面突破を試み、丸太を抱えてスクラムを組んだ数十人の先頭集団が駆け寄り、体当たりで阻止線の一角を崩したところを後続してきた鉄パイプなどで武装した数百人の集団が殴りかかった。機動隊は即座に応戦し、放水車から発射した放水砲と催涙ガスの援護下に暴徒の検挙を敢行した。挟み撃ちを試みた機動隊が押し返され逆に包囲されるなど暴徒は執拗な抵抗を行い、阻止線より暴徒の方に突出して孤立した機動隊員を取り囲んで袋叩きにしたり、機動隊に対して砕石や火炎瓶を投げるという、激しい集団武装闘争を約2時間にわたり展開した。機動隊は、重傷者9名を含む59名の警察官が負傷、放水車および装甲車3台が火炎瓶等により損傷を受ける被害を受けた。他方、三里塚第一公園周辺の市街地のあちこちでは、決起集会参加者や一部の野次馬が街宣車からのアジ演説によって暴徒化し、全国各地から警備に駆けつけていた都道府県警察の各部隊に対して乱闘を挑み、市街戦のごとき様相となった。最終的には、機動隊と暴徒の双方が現場より撤収して事件は収束した。結果として、警察は241人(男=195人、女=46人)を公務執行妨害等で現行犯逮捕した。

管制塔襲撃[編集]

偽装消防車による攻撃を受けた新東京国際空港管制塔

また、三里塚交差点での衝突とほぼ時を同じくして、空港内外で革労協によるゲリラ攻撃が行われた。

革労協の犯行声明によると、同日午後5時頃、京成電鉄成田駅構内に停車していた列車が発火装置により放火された。また、同時刻には、空港近くの山林や古タイヤにも放火され、煙により航空機の離着陸に影響が出た。

午後5時30分頃、革労協のメンバーが、タクシーに偽装した車両と偽の身分証明書で空港の検問を通り抜け、同35分頃空港内の旅客ターミナルビル駐車場内で自分たちが乗ってきた車両と別の車両の計2台に発火装置を仕掛け、逃走した。

装置が作動して車両が炎上すると、消防士変装した革労協の秘密グループ「決死隊」が、事前に用意していた成田消防署の車両に似せた「偽装消防車」と「偽装消防指揮車」で空港に乗り付けた。偽装消防車には火炎放射器散弾銃が装備されていた。高度な偽装によって警備側は「決死隊」を消火のために来た本物の消防隊と見誤り、空港内への侵入を許してしまった。

「決死隊」は管制塔(管理棟)前に偽装消防車を停めて装置をセットすると、偽装消防指揮車で逃走しそのまま行方をくらました。その約8分後、消防ホースのノズルに偽装した散弾銃から火薬で一気に放出された200個のパチンコ弾が管制塔のを破壊した。

革労協の計画では、続いて破壊された窓を目掛けて火炎放射がなされ、管制塔炎上により管制機能を喪失した成田空港は事実上の廃港となる手筈であった。しかし、火炎放射器は故障によって作動せず、偽装消防車はそのまま炎上した。管制塔炎上という最悪の事態こそ免れたものの、管制塔は一部損壊し、空港機能が一時麻痺した。

また革労協は空港第5ゲートへの突入を計画・準備していたが、実行されなかった。原因は兵站と突撃行動隊との合流ミスとも言われている。[要出典]

事件のその後[編集]

この作戦の立案と「偽装消防車」の製作は数年前から準備していたといわれている。極左過激派や暴徒化した一部市民による騒擾を許してしまっただけでなく、空港中枢部までをも損壊される事態となったこの事件で、事前に兆候を察知できなかった警察は世論の猛烈な批判を浴びた。

この事件は、成田空港開港以降としては最大規模の反対派と警察の衝突であった。しかし、1990年代ごろから政府側と地元住民らとの話し合いが行われ、成田空港建設に際しての手続きの不備や精神的苦痛について国による謝罪がなされてからは衝突事件は少なくなり、1995年(平成7年)以降、空港2期工事への用地買収に応じる農民も増えた。1992年12月には第2旅客ターミナルが供用を開始し、2009年10月22日からは未買収地を避け当初計画よりも北に移動する形で2,500mのB滑走路が共用された。一方で、現在でも移転に応じない一部農民や極左過激派構成員らが空港整備予定地内で生活・耕作・活動を続けており、誘導路の線形等に支障をきたしている状態である。

最後の大闘争[編集]

中核派はこの10・20闘争でこれまでにない全力動員で機動隊と衝突した。中核派は、翌年以降に実施予定の東京サミット、昭和天皇の在位六十年記念式典、沖縄国体への天皇訪沖、国鉄分割民営化を阻止するべく大々的に闘争を行うとしており、10・20はその「前哨戦」として位置づけていた。

当時、中核派は構成員が1万人いると言われていたが、その内実は一切不明であり、集会・デモではいわゆる「公然部隊」しか参加させていなかったが、10.20で逮捕された者の中には学生だけでなく、東北の山奥の小学校教諭(日教組組合員であっても、組合活動には全く関わっていない)などの「非公然」活動家もいた。この教員のように逮捕時の身柄拘束で無断欠勤となったことで初めて活動家であることが周囲に判明した者もおり、このことからもこの10・20には相当の覚悟で全国から活動家が結集したことがうかがえる。

翌月4日付の中核派機関紙「前進」では「10.20決戦の勝利によって労働者階級人民の総決起を機軸に、革命軍の革命的ゲリラ・パルチザン戦争と大衆的武装闘争を相乗的に発展させるたたかい、先制的内戦戦略の高次段階(フェーズⅡ)の真価を発揮する過程に突入したということである」と主張しているが、「非公然」を含む活動家から大量に逮捕者を出したことによる組織への打撃は相当に大きかったものと考えられ、これ以降、中核派は今日に至るまで大量の逮捕者を出す闘争を実施していない。

事件から10年後の1995年(平成7年)6月に鎌田雅志(事件当時、中核派全学連委員長)ら16人の有罪が確定した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]