特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 騒特法
法令番号 昭和53年4月20日法律第26号
効力 現行法
主な内容 空港周辺の航空機騒音対策について
関連法令 公害紛争処理法騒音規制法航空機騒音防止法
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法(とくていくうこうしゅうへんこうくうきたいさくとくべつそちほう。昭和53年4月20日法律第26号)とは、特定空港の周辺について、航空機騒音対策基本方針の策定、土地利用に関する規制その他の特別の措置を講ずることにより、航空機の騒音により生ずる障害を防止し、あわせて適正かつ合理的な土地利用を図ることを目的とする日本の法律。

概要[編集]

特定空港における航空機騒音対策基本方針の策定、航空機騒音障害防止地区や航空機騒音障害防止特別地区の設置が規定されている。

航空機騒音障害防止地区では以下の建築物について防音上有効な構造としなければならない。また航空機騒音障害防止特別地区では一部の例外を除き、以下の建築物を建築をしてはならない。

  • 学校教育の一条校
  • 20人以上の患者を入院させるための病院
  • 住宅
  • 上記に類する建築物で政令で定めるもの(同法施行令第6条で保育園、特別養護老人ホーム等が指定)

対象[編集]

法文上、「空港法第四条第一項各号に掲げる空港及び同法第五条第一項に規定する地方管理空港であつて、おおむね十年後においてその周辺の広範囲な地域にわたり航空機の著しい騒音が及ぶこととなり、かつ、その地域において宅地化が進むと予想されるため、その周辺について航空機の騒音により生ずる障害を防止し、あわせて適正かつ合理的な土地利用を図る必要があると認められるもの」(第2条第1項)を特定空港に指定できることになっているが、制定時から現在まで、成田国際空港のみが指定されている(同法施行令(昭和53年10月19日政令第355号)第1条)。

脚注[編集]


関連項目[編集]