相川勝重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
相川 勝重
あいかわ かつしげ
生年月日 (1950-08-13) 1950年8月13日(68歳)
出生地 日本の旗 日本
出身校 千葉県立農村中堅青年養成所
前職 芝山町議会議員

Flag of Shibayama Chiba.JPG千葉県山武郡芝山町町長
当選回数 5回
在任期間 1997年12月7日 - 現職

Flag of Shibayama Chiba.JPG 芝山町議会議員
当選回数 2回
在任期間 1980年 - 1988年
テンプレートを表示

相川 勝重(あいかわ かつしげ、1950年8月13日 - )は、日本の政治運動家、千葉県山武郡芝山町町長。

略歴[編集]

1950年生まれ。芝山町立芝山中学校及び千葉県立多古高等学校を卒業した後、千葉県立農村中堅青年養成所を修了、その後農業に従事する[1]

成田空港問題に対し「何の相談もなく一方的に農地を奪い、空港を押しつけるのはおかしい」と立ち上がり、20歳から三里塚芝山連合空港反対同盟(略称「反対同盟」)青年行動隊員として三里塚闘争を担っていた[2]全国町村会ウェブサイトで、空港反対運動での逮捕歴が4回に上ることを明らかにしている[3][4]東峰十字路事件では執行猶予付きの有罪判決を受けている[2][5]

1980年芝山町議会議員に初当選、 2期8年を務める[2]。以後、JA山武青年部長、成田空港地域共生委員会地域委員を歴任する。

1989年6月11日、「反対同盟」の推薦を受けて、芝山町長選挙に出馬するが落選する[6][7]

1993年にも町長選に出馬して敗れるが、同年10月19日に開催された成田空港問題円卓会議第2回に、選挙支援者らを中心とした住民団体である「ネットワーク芝山21」から参加する[8]。空港推進派を含む他の団体との折り合いをつけ、1994年9月13日の第11回円卓会議で3市町(成田市・芝山町・大栄町)の地元団体からの統一見解を出すことに成功する[7]

1997年12月7日、前町長が収賄容疑で逮捕されたことに伴い実施された町長選挙で、「2000年までに成田国際空港平行滑走路完成」や「芝山鉄道建設」などを公約に掲げて勝利し、3度目の挑戦にて芝山町長就任を果たした[2]2001年に再選ののち、2005年2009年と無投票当選。

2013年には12年ぶりの選挙戦となるも2新人を相手に勝利した[9]

2017年11月26日投開票の町長選挙で無所属新人を相手に勝利し、現在6期目[10]

芝山町長としての政策[編集]

成田国際空港との共存共栄」や「行政の透明化」、「農業の再生」などが政策にすえられている[11]

建設ルート上に残る一坪共有地を解消して芝山鉄道早期建設を実現するため、全国の地権者に協力を呼びかけた[5]

中山成彬国土交通大臣(当時)が2008年9月に行った「成田空港反対闘争はゴネ得」発言に、空港周辺の地方自治体の長として抗議した。

前原誠司国土交通大臣(当時)が「羽田ハブ化」を打ち上げた2か月後の2009年12月15日に、成田空港の運用時間と午後10時台の制限緩和を提案した[12]

芝山町で行われた成田空港の更なる機能強化機能強化についての住民説明会には全62回のうち61回出席。住民の要望を国や成田国際空港株式会社に伝え、飛行ルートに挟まれた谷間地域の騒音対策の充実につなげた[2]

「成田第3滑走路実現を目指す有志の会」の顧問や成田空港周辺地域共生財団の理事(非常勤)を務めており[13]、近年では空港拡張に伴う固定資産税の増収や交通インフラの整備などを生かした町づくりを目指している[2]

一方、成田空港反対運動を続けている反対同盟新左翼党派からは「成田空港推進派への転向」を理由として非難されている[14]

町長のほか、千葉県町村会の副会長も務める[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 町長プロフィール”. 千葉県芝山町. 2016年12月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f “成田市長 小泉一成さん 芝山町長 相川勝重さん” (日本語). YOMIURI ONLINE(読売新聞). (2018年5月19日). https://www.yomiuri.co.jp/local/chiba/feature/CO033992/20180524-OYTAT50012.html 2018年8月17日閲覧。 
  3. ^ 全国町村会-地域と空港と「真の共栄」を目指して~千葉県芝山町長・相川勝重 (HTML)”. 全国町村会 (2009年6月15日). 2017年8月27日閲覧。
  4. ^ 三里塚闘争全盛期当時は反対同盟員が次々と逮捕されており、自分が逮捕されないと肩身が狭く、親たちは息子が逮捕されても「うちの息子は仲間とうまくやっている」と安心するような状況だった(朝日新聞成田支局『ドラム缶が鳴りやんで―元反対同盟事務局長石毛博道・成田を語る』四谷ラウンド、1998年、54頁。)。
  5. ^ a b 原口和久『成田空港365日』崙書房、2000年、251-252頁。
  6. ^ 成田空港問題の年表
  7. ^ a b 朝日新聞成田支局『ドラム缶が鳴りやんで―元反対同盟事務局長石毛博道・成田を語る』四谷ラウンド、1998年、216-218頁。
  8. ^ 成田空港問題円卓会議-記録集 (HTML)”. NAA歴史伝承委員会. 2017年8月27日閲覧。
  9. ^ 相川氏が5選 「経験と実行力」支持 芝山町長選”. 千葉日報 (2013年11月25日). 2016年3月30日閲覧。
  10. ^ 平成29年11月26日執行 芝山町長選挙 関連情報”. 芝山町 (2017年11月21日). 2017年11月27日閲覧。
  11. ^ 相川氏が無投票4選-芝山町長選~千葉日報 (2009.11.11)
  12. ^ 大和田武士 鹿野幹夫『「ナリタ」の物語』崙書房、2010年、143・150頁。
  13. ^ 公益財団法人 成田空港周辺地域共生財団 役員名簿 (PDF)”. 成田空港周辺地域共生財団 (2016年4月27日). 2017年4月9日閲覧。
  14. ^ 労働者の力 第109号 (HTML)”. 国際主義労働者全国協議会 (1999年3月10日). 2017年8月27日閲覧。
  15. ^ 役員名簿”. 千葉県町村会. 2017年11月27日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
内田裕雄
Flag of Shibayama Chiba.JPG 千葉県山武郡芝山町町長
1997年 -
次代:
(現職)