ロビンソン R22

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
G-ETIN Robinson R22 Helicopter (25024356064).jpg Robinson R22 Compton Abbas 30th June 2013 (9215815377).jpg
Robinson R22 Beta II, Private JP7674136.jpg Robinson R22 Compton Abbas 30th June 2013 (9215815373).jpg
計器、無線機、操縦桿

ロビンソン R22(Robinson R22)は、アメリカ合衆国航空機メーカーであるロビンソン・ヘリコプターが開発・量産している2座席のレシプロエンジンヘリコプターである。1973年より開発が開始され、初飛行は1975年8月28日である[1]2012年までに4,400機以上が生産された。

概要[編集]

1973年フランク・ロビンソン英語版によって設立されたロビンソン・ヘリコプター社が開発した、複座ヘリコプターである。量産開始は1979年。取得費用と維持費用が廉価であるため、ヘリコプターのなかでも世界中でベストセラーであり、4,000機以上が販売されている。価格は約27万ドル[2]、中古機ならば4万ドル程度で入手できる[3]

単発のレシプロエンジン機であり、エンジンは胴体後部にある。メインローターは2翅のセミリジット・シーソー方式で、胴体上方に突き出して設置されている。

多くは民間機であるが、一部軍隊警察が運用する機体もある。さまざまな派生型があるほか、座席数が異なるR44R66もある。

操縦性[編集]

R22は安価であることから多くの飛行訓練学校で採用されており、訓練生が初めて操縦する初級練習機としての採用が多い[1]。操縦は比較的シビアだとされており、全体的に操縦装置が機敏で、サイクリックレバーを少し倒すだけでも機体が大きく反応する。また、飛行中はサイクリックレバーが左方向に引っ張られるため、パイロットが常時これを中央に保持する必要がある(ただし、レバーを右に押し出すトリムが搭載されており、左右に関してはある程度の疲労が軽減される)。加えて半関節型メインローターであるため、急激な操縦はマストバンピングを引き起こす可能性がある。

メインローターが軽量で、エンジン停止時はほかのヘリコプターに比べると急激にローター回転数が低下するという特徴がある。

性能要目[編集]

  • 超過禁止速度(密度高度3000fまで):102kt(188.9km/h)
  • 最大航続速度:83kt(153.7km/h)
  • 搭載エンジン:ライカミング O-360もしくはO-320またはbei Beta II A2BまたはA2C 4気筒124馬力(93キロワット) 仕様:4気筒、水平対向、オーバー・ヘッド・バルブ、空冷、気化器式、ウェット・サンプ式潤滑方式
  • 航続距離:556km
  • 最大運用密度高度:14,000f(4,267m)
  • 最大積載燃料(ブラダー無タンク):116リットル(使用可112リットル)
  • 最大積載燃料(ブラダータンク):106リットル(使用可100リットル)
  • 最小全備重量:920Ib(417Kg)
  • 最大全備重量:1370Ib(622Kg)
  • 全長:8,75m
  • 高さ:2,71m
  • 回転翼直径:7,68m
  • 座席数:2
  • 販売価格(2007年当時):210,000アメリカ合衆国ドル

脚注[編集]

  1. ^ a b 世界航空機年鑑2007-2008 酣燈社 2007年 P351 ISBN 978-4873572703
  2. ^ R22 Pricelist”. Robinson Helicopter Company. 2013年4月4日閲覧。
  3. ^ Robinson R22 Helicopters for Sale”. 2013年4月4日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]