辛ラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
辛ラーメン
各種表記
ハングル 신라면
漢字 辛拉麵
発音 シンラミョン
日本語読み: しんらーめん
ローマ字 Sin Ramyeon(2000年式
Sin Ramyŏn(MR式
英語表記: Shin Ramyun
テンプレートを表示

辛ラーメン(シンラーメン)は、韓国の食品会社、農心で製造されているインスタントラーメン[1]

概要[編集]

1986年10月に発売された。辛味を好む韓国人の食欲を捕らえ、韓国インスタントラーメン市場に辛味旋風を起こした。

韓国のインスタントラーメン市場で19年連続市場占有率首位(72%)を維持しており、世界70カ国以上に輸出されている。韓国では生の中華麺を用いたラーメンは普及しておらず、韓国でラーメンと言えば辛ラーメンを指すのが普通である。

味は紅唐辛子牛肉が調和してすっきりした辛味で、は滑らかで軟らかい食感である。フリーズドライのシイタケネギニンニクが入った粉末スープは独特の辛味を持つ。

包装は辛味を感じさせる赤色でデザインされている。袋入りインスタントラーメンだけでなく二種類のカップラーメンもある。

2012年、ユニクロから「韓国の代表的な商品で日本で認知度が高い辛ラーメンを衣類制作に活用したい」という提案を受け、辛ラーメンのロゴが入ったTシャツ「辛ラーメンUT」の発売を認めた[2]

2015年、農心では辛ラーメンの売れ行きを把握するための独自調査を行った。2015年下半期 (7/1~11/27) を調査した結果、ID付きPOSデータで判明したリピート率は30.04%。3回に1回の割合で、消費者が辛ラーメンを再度購入していることが判明した。これはインスタント袋麺売上個数上位30品の中で最高数値である。

30周年を迎えた2016年には、「30周年限定パッケージ」の辛ラーメンを販売。「世界で愛されている辛ラーメン」を表現した、「地球のパッケージの辛ラーメン」が期間限定で販売された。1986年の発売開始から30年経った現在でも、1日平均300万個が販売されており、変わらぬ人気を誇る。韓国インスタント麺史上では、「辛ラーメン」だけで25%のシェアを占めている。また、最近では、辛ラーメンへの「ちょいたしアレンジ」や「アレンジレシピ」[3]も話題となっている。

沿革 [4][編集]

1965年 「ロッテ工業株式会社」 設立

1967年 インスタントラーメン 生産 開始

1970年 韓国 初 インスタント麺 「ジャージャー麺」 開発

1971年 韓国 初 スナック菓子 「セウカン」 開発

1978年 「株式会社農心」 社名変更

1980年 韓国初 100%じゃがいもスナック 「ポテトチップ」 開発

1981年 韓国初 カップ麺 開発

1985年 ソウルオリンピック 公式ラーメン供給会社 指定 韓国ラーメン市場シェア1位

1986年 「辛ラーメン」開発 中国 上海工場 完成

1998年 「カプリサン」 ジュース工場 完成

2005年 アメリカ ロサンゼルス工場 完成

2007年 菉山工場(韓国釜山)完成

2008年 VISION2015宣言

2010年 ダウジョーンズ持続可能経営値数(DJSI Korea)、食品産業最優秀企業 選定

2011年 農心全工場 「HACCP指定」獲得

2012年 「白山水」販売開始

2013年 韓国(食品業界)初 アメリカ ウォルマート 直接取引

製品情報[5][編集]

・辛ラーメン 袋麺・・・\160 120g 513kcal(1食あたり)

・辛ラーメン 3食入 袋麺・・・\480 120g×3食 513kcal(1食あたり)

・辛ラーメン カップ・・・\180 68g 290kcal(1食あたり)

・辛ラーメン ミニカップ・・・\120 49g 209kcal(1食あたり)

・辛ラーメン ブラック 袋麺・・・\210 130g 555kcal(1食あたり)

・辛ラーメン ブラック 3食入 袋麺・・・\630 130g×3食 555kcal(1食あたり)

・辛ラーメン キムチ カップ・・・\180 75g 320kcal(1食あたり)

エピソード[編集]

  • 韓国人格闘家の金潤泳(キム・ヨンヤン)は、父親が農心の役員を務めており、また辛ラーメンがスポンサーに付いたことから、リングネームを「辛拉麵」に改名した[6][要出典]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]