三養ラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三養ラーメン
各種表記
ハングル 삼양라면
漢字 三養拉麵
発音 サミャンナミョン
日本語読み: さんようらーめん
RR式 Samyang ramyeon
MR式 Samyang ramyŏn
英語表記: Samyang ramyun
Samyang ramen
テンプレートを表示

三養ラーメン(サムヤンラーメン、Samyang Ramen、삼양라면)は、韓国の食品会社、三養食品で製造されているインスタントラーメン

概要[編集]

1963年9月15日に韓国初のインスタントラーメンとして発売された。当時の韓国は朝鮮戦争後の食糧難の時期であり、韓国人の主食であるコメの代わりに手軽に食べられる食品として考案された。三養食品創業者の全仲潤(チョン・ジュンユン)会長が日本明星食品から無償で技術供与を受け[1]、2台のインスタントラーメン製造装置を入手して生産を開始した。オレンジ色の包装で重量100g、価格10ウォンで発売された。当時はコーヒー1杯が35ウォンだったことを考えれば非常に安価であった。

発売当初は明星食品の日本人向けラーメンの味のままだったが、3年間の試行錯誤を経てスープ韓国人の嗜好に合うものに改良し、市場占有率首位となる韓国の代表的なラーメンに成長した。しかし市場占有率首位の座は、のちに農心が発売した安城湯麺辛ラーメンに明け渡すこととなった[2]

発売当初から1980年代までのパッケージには長音符で「三養라-면」と表記されていた[3][注 1]2009年に発売された復刻版のパッケージにも同様に表記された[4]

2018年までにおよそ110億個が販売された[5]

CM[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 韓国において長音符は正書法にはない。一般的には波ダッシュやチルダを用いている。

出典[編集]

外部リンク[編集]