愛の支配

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
愛の支配
ザ・フーシングル
初出アルバム『四重人格
B面 "ウォーター"
リリース
規格 レコード
録音 1972年5月、1973年6月
ジャンル ロック
時間
レーベル トラック/MCA
作詞・作曲 ピート・タウンゼント
プロデュース ザ・フー、グリン・ジョンズ
ザ・フー シングル 年表
5:15 (5時15分)
(1973年)
"愛の支配"
(1973年)
リアル・ミー
(1974年)
四重人格(Disc2) 収録曲
ザ・ロック
(6)
愛の支配
(7)
テンプレートを表示

愛の支配」(あいのしはい - Love, Reign o'er Me)は、イギリスロックバンドザ・フーの楽曲。作詞・作曲はピート・タウンゼント1973年のアルバム『四重人格』収録。

解説[編集]

ロックオペラ『四重人格』のフィナーレを飾るバラード。『四重人格』のストーリーは、主人公のモッズ少年・ジミーの孤独な苦悩を描いた内省的な物語だが、この曲では自殺寸前に追い込まれたジミーが海に小舟を出し、海の真ん中にある岩にたどり着いた時、そこに彼が求めていたものを見つける、という筋書きになっている[1]。タイトルにもある「Love reign o'er me(愛が俺を支配する)」というフレーズの意味は、作者のタウンゼントによれば「ジミーがばらばらだった彼の人格を一つにまとめ上げた苦痛と歓喜が入り混じった叫び」とのこと。最後にジミーがどうなったのかははっきりと提示されないが(これは『四重人格』を映画化した『さらば青春の光』でも同様である)、タウンゼントは「ジミーが命を絶つかどうかは誰にも決める権利はない、ジミー本人が決めること」としている[2]

この曲は、元々は1972年に制作されるも未完に終わったロックオペラ『ロック・イズ・デッド~不死身のハードロック』のために作られた曲であり、この曲の他にもこの作品から『四重人格』の方に使用された曲が存在する[3]。アメリカではシングルカットされ、76位にランクインしている[4]。シングルバージョンではイントロとアウトロがアルバムバージョンより短縮されている。

コンサートパフォーマンス[編集]

1973年から1974年にかけて行われた「四重人格ツアー」の全てで披露され、その後のツアーでもたびたび採りあげられている。1982年のフェアウェル・ツアーや、1985年ライヴ・エイド、また1989年以降の再結成ツアーでも披露されている。公式ライブ盤では1984年の『フーズ・ラスト』や1989年の『ジョイン・トゥゲザー』にそれぞれ収録されている。

カバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年ISBN 978-4-401-63255-8、253頁
  2. ^ 『フー・アイ・アム』(ピート・タウンゼント著、森田義信訳、河出書房新社刊、2013年 ISBN 978-4-309-27425-6)217頁
  3. ^ 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、ISBN 978-4-401-63255-8、240-241頁
  4. ^ The Who - Chart history | Billboard
  5. ^ Pearl Jam - Chart history | Billboard