オッズ&ソッズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オッズ&ソッズ
ザ・フーコンピレーション・アルバム
リリース
録音 1964年6月 - 1973年8月16日
ジャンル ロック
時間
レーベル トラック・レコードイギリスの旗
MCAレコードアメリカ合衆国の旗
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 10位(イギリス)[1]
  • 15位(アメリカ)[2]
ザ・フー 年表
四重人格
(1973年)
オッズ&ソッズ
(1974年)
ザ・フー・バイ・ナンバーズ
(1975年)
テンプレートを表示

オッズ&ソッズ』(Odds & Sods)は、イギリスロックバンドザ・フーコンピレーション・アルバム1974年発表。全英10位、全米15位を記録。旧邦題は『不死身のハードロック』。

解説[編集]

1964年から1973年までのアウトテイクを編集した未発表曲集である。発表当時の1974年、ピート・タウンゼントロジャー・ダルトリー映画トミー』の製作に、またキース・ムーンも別の映画への出演などで忙殺されており、メンバー中最もスケジュールに余裕のあったジョン・エントウィッスルが未発表曲の発掘および編集作業を行った[3]

ザ・フーがデビューした1964年からの10年間で発表したオリジナルアルバムは6作で、他のアーティストと比べてその数は決して多くはないものの、この他にも『Who's For Tennis?』(1968年)、『ライフハウス』(1971年)、『ロック・イズ・デッド~不死身のハードロック』(1972年)と、3枚のアルバムとさらに1970年にも5曲入りのEPが製作されたがいずれも未発表となっており、この時点でのザ・フーの未発表曲のストックは大変な数になっていた。本作に収録された曲は、実質的なデビューシングルである「アイム・ザ・フェイス」を除き、いずれも上記4作品からのものである。ただし、これらの楽曲は完全に未発表だった訳ではなく、曲によってはコンサートで披露されていたり、またデモ・バージョンがタウンゼントのソロ・アルバムに収録されたりしていたので、コアなファンの間ではすでに知られていたものもあった[3]

レコードには歌詞カードの他に、タウンゼントによる各曲の解説も付属している。

タイトルとアートワーク[編集]

アルバム・タイトルとジャケットのコンセプトはダルトリーによる[4]。表ジャケットにはそれぞれ「R」「O」「C」「K」と書かれたアメリカン・フットボールヘルメットをかぶったメンバーが並んでおり、破られた写真を繋ぎ合わせたようになっている。破れた部分は実際に穴が開いており、この下に封入されているポスターが見えるようになっている。これはCD時代に入ってからは再現が不可能なため、穴の部分は白く塗りつぶされたが、リイシューによってはオリジナル版を再現したものもある。英国版の裏ジャケットには点字が打たれているが、これはスティーヴィー・ワンダーに向けてのメッセージだという[5]

ジャケットの撮影はダルトリーの従兄弟のグレアム・ヒューズによる。撮影は1973年11月29日、全米ツアー中に滞在していたシカゴの会場のトイレで行った。ヒューズによれば当時メンバーの仲は最悪で、全員を集めるだけでも一苦労だったという。さらに撮影した写真にタウンゼントが文句をつけて来たため、頭にきたヒューズがそれを破ると、途端にタウンゼントはそれを気に入ったという。これを粘着テープで張り合わせたものをダルトリーが見て「ガラクタの集まり(odds and sods)とでも名付けるか」と発言したのが、このデザインのコンセプトとなった[6]

リイシュー[編集]

1998年リマスターリミックス版で、新たに12曲の未発表曲/未発表テイクが追加収録された。曲の追加に伴い曲順も見直され、録音年月日の順に入れ替えられた。2011年、オリジナルのマスターテープからリマスタリングされた最新版を発表。この版では曲順が元に戻され、'98年版に追加された曲はオリジナル版の後に回された。

収録曲[編集]

※特記なき限り、作詞・作曲はピートタウンゼント。
※録音年月日および各曲の詳細は2011年版リマスターCDのライナーノーツおよび犬伏功による解説に準拠。

オリジナル版[編集]

  • A面
  1. ポストカード - "Postcard" (John Entwistle) - 3:27
    • 1970年春頃録音。同年リリース予定だった5曲入りのEPに収録予定だったもの。編集を担当したエントウィッスルの作品であるためか、本作で唯一収録に合わせてオーバーダビングが行われている。
  2. ナウ・アイム・ア・ファーマー - "Now I'm a Farmer" - 3:59
    • 1970年春頃録音。「ポストカード」同様5曲入りEPから。旧邦題は「俺は百姓」。
  3. プット・ザ・マネー・ダウン - "Put the Money Down"- 4:14
    • 1972年6月6日録音。アルバム『ロック・イズ・デッド~不死身のハードロック』のために書かれた曲。
  4. リトル・ビリー - "Little Billy" - 2:15
    • 1968年2月11日録音。米国協会の禁煙キャンペーンのために書かれた曲。当時のツアーですでに披露されていた。アルバム『Who's For Tennis?』に収録される予定だった。
  5. トゥー・マッチ・オブ・エニシング - "Too Much of Anything" - 4:26
    • ライナーノーツには1971年5月録音とあるが、本作に収録されたものは1972年に再録音されたものである。1971年版は『フーズ・ネクスト』リマスター/リミックスCD(1995年)に収録された。ロック・オペラ『ライフハウス』のために書かれた曲の一つで、これもやはり1971年当時のツアーですでに披露済みだった。
  6. 燃える女 - "Glow Girl" - 2:20
    • 1968年1月-2月録音。飛行機事故に遭い死んだ男が少女に生まれ代わるという輪廻転生をテーマにした曲で、史上初のロック・オペラ・アルバム『トミー』(1969年)の誕生の契機の一つとなった曲。
  • B面
  1. ピュア・アンド・イージー - "Pure and Easy" - 5:23
    • 1971年5月録音。タウンゼント自ら「『ライフハウス』のコンセプトを理解する上で最も重要な曲」[7]とするも発表を見送られ、曲の一節が「ソング・イズ・オーヴァー」(『フーズ・ネクスト』収録)の中に収められるに留まっていた。その後、タウンゼントの1stソロ・アルバム『現人神』にデモ・バージョンが収録され、ザ・フーによるバージョンは本作にて初登場となった。
  2. 大きな信頼 - "Faith in Something Bigger" - 3:03
    • 1968年1月録音。アルバム『Who's For Tennis?』のアセテート盤に収録されていた曲の一つで、本作収録に当たりリミックスが施されたが、1998年版ではアセテート盤収録のオリジナル・ミックス版が収録された。
  3. アイム・ザ・フェイス - "I'm the Face" (Peter Meaden) - 2:32
    • 1964年6月録音。ザ・フーがハイ・ナンバーズとしてリリースした唯一のシングル「ズート・スーツ」のB面曲。元々はモノラルだったが本作収録にあたりステレオ化された。
  4. ネイキッド・アイ - "Naked Eye" - 5:10
    • 1970年春頃録音。5曲入りのEPに収録予定だった曲。「マイ・ジェネレーション」のコンサートでのアドリブ部分から派生して誕生したもの。当時のツアーでやはり披露されていたが、それまでスタジオ録音版を発表してこなかったのは、「いくつかの満足のいくライブ・バージョンを収めたものをリリースしたかったため」とタウンゼントは解説している[7]
  5. 不死身のハードロック - "Long Live Rock" - 3:54
    • 1972年6月5日録音。アルバム『ロック・イズ・デッド~不死身のハードロック』の表題曲であり、バンドのドキュメンタリー映画キッズ・アー・オールライト』のエンディングにも使用された。同作の公開に先行して、1979年4月にはシングル・カットされ、全英48位に達した[8]。キース・ムーンが出演した映画『マイウェイ・マイラヴ』の主題歌としてビリー・フューリーが歌唱したバージョンが初出。

1998年版[編集]

※太字が新たに追加収録された曲。

  1. アイム・ザ・フェイス - "I'm the Face" (Peter Meaden) - 2:27
  2. リーヴィング・ヒア - "Leaving Here" (Eddie Holland, Lamont Dozier, Brian Holland) - 2:12
    • 1964年10月〜12月頃の録音。記録には残っていたが音源が行方不明となっていた1964年末に行われたレコーディング・セッションを収めたアセテート盤から起こされたもの。このアセテート盤はザ・フーのファンジンの主宰者が露天商から偶然入手した物だった。1998年版ではノイズリダクションが施されて入るが、2011年版では未加工のバージョンが収録された。
  3. ベイビー・ドント・ユー・ドゥ・イット - "Baby Don't You Do It" (E. Holland, L. Dozier, B. Holland) - 2:27
    • 1964年10月〜12月頃の録音。「リーヴィング・ヒア」と同じアセテート盤から発掘された曲。
  4. サマータイム・ブルース - "Summertime Blues" (Jerry Capehart, Eddie Cochran) - 3:13
    • 1967年6月28日録音。ザ・フーのコンサートではおなじみの曲で、ここではBBCラジオの番組「トップ・ギア」用のセッションで録音されたものが収録された。
  5. アンダー・マイ・サム - "Under My Thumb" (Mick Jagger, Keith Richards) - 2:44
    • 1967年6月28日録音。同月にシングルとして発表された。シングルではモノラルだったが、本作への収録にあたりステレオにリミックスされた。この際にモノラル版にあったリードギターの音が失われているが、これは録音時にミキシングと同時にオーバーダブしたからと見られる。
  6. マリー・アンヌ - "Mary Anne with the Shaky Hand" - 3:21
    • 1967年8月6日録音。シングル「I Can See For Miles」のアメリカ版シングルにカップリングされたバージョン。ステレオ・リミックス版。2011年版には1967年10月24日に録音された別バージョンが収録された。
  7. マイ・ウェイ - "My Way" (J. Capehart, E. Cochran) - 2:26
    • 1967年11月10日録音。「サマータイム・ブルース」同様BBCラジオの番組「トップ・ギア」のために録音されたもの。
  8. 大きな信頼 - "Faith in Something Bigger" - 2:59
  9. 燃える女 - "Glow Girl" - 2:24
  10. リトル・ビリー - "Little Billy" - 2:17
  11. ヤング・マン・ブルース - "Young Man Blues (Alternate version)" (Mose Allison) - 2:44
    • 1968年10月録音。「サマータイム・ブルース」同様、ザ・フーのコンサートでは定番となっていた曲で、アルバム『トミー』にも収録予定だった曲。1969年、トラック・レコードのサンプラー・アルバムに収録されたスタジオ録音の別テイク。2003年、『トミー』デラックス・エディションのボーナストラックにこの曲の完成版が収録され、2011年版の本作にはそのラフ・ミックス・バージョンが収録された。
  12. カズン・ケヴィン・モデル・チャイルド - "Cousin Kevin Model Child" - 1:24
    • 1968年9月または10月録音。『トミー』収録曲「従兄弟のケヴィン」(エントウィッスル作)の別ヴァージョン。リード・ボーカルはムーン。1998年版ではステレオ、2011年版ではモノラル・ミックスが収録されている。この曲の作者はタウンゼントだが1998年版ではエントウィッスル作と誤記された。
  13. ラヴ・エイント・フォー・キーピング - "Love Ain't for Keeping" - 4:03
    • 1971年3月17日録音。『フーズ・ネクスト』収録曲の別ヴァージョン。タウンゼントがリード・ボーカルをとっている。2011年版には1998年版にはなかったカウントが入っている。
  14. タイム・イズ・パッシング - "Time Is Passing" - 3:29
    • 1971年3月録音。タウンゼントのソロ・アルバム『現人神』にデモ・バージョンが収録されたのが初出。本作に収録された音源はマスターの片チャンネルが損傷しており、モノラル収録となっている。
  15. ピュア・アンド・イージー - "Pure and Easy" - 5:21
  16. トゥー・マッチ・オブ・エニシング - "Too Much of Anything" - 4:21
  17. 不死身のハードロック - "Long Live Rock" - 3:56
  18. プット・ザ・マネー・ダウン - "Put the Money Down" - 4:29
  19. ウィ・クロース・トゥナイト - "We Close Tonight" - 2:56
    • 1973年6月20日録音。アルバム『四重人格』(1973年)のアウトテイク。タウンゼントの作だが、リード・ボーカルはエントウィッスルとムーンがとっている。
  20. ポストカード - "Postcard" (J. Entwistle) - 3:30
  21. ナウ・アイム・ア・ファーマー - "Now I'm a Farmer" - 4:06
  22. ウォーター - "Water" - 4:39
    • 1970年春頃録音。同年発表予定だった5曲入りEPの1曲。やはり当時からすでにコンサートでは披露されていたが、スタジオ音源は1973年のシングル「5:15(5時15分)」のB面に収録されたのが初出。
  23. ネイキッド・アイ - "Naked Eye" - 5:26

2011年版[編集]

  1. ポストカード
  2. ナウ・アイム・ア・ファーマー
  3. プット・ザ・マネー・ダウン
  4. リトル・ビリー
  5. トゥー・マッチ・オブ・エニシング
  6. 燃える女
  7. ピュア・アンド・イージー
  8. 大きな信頼
  9. アイム・ザ・フェイス
  10. ネイキッド・アイ
  11. 不死身のハードロック
  12. リーヴィング・ヒア
  1. ベイビー・ドント・ユー・ドゥ・イット
  2. サマータイム・ブルース
  3. アンダー・マイ・サム
  4. マリー・アンヌ
  5. マイ・ウェイ
  6. ヤング・マン・ブルース
  7. カズン・ケヴィン・モデル・チャイルド
  8. ラヴ・エイント・フォー・キーピング
  9. タイム・イズ・パッシング
  10. ウィ・クロース・トゥナイト
  11. ウォーター

参加ミュージシャン[編集]

ゲスト・ミュージシャン

脚注[編集]

  1. ^ ChartArchive - The Who - Odds And Sods
  2. ^ allmusic (((Odds & Sods > Awards > Billboard Albums)))
  3. ^ a b 2011年版リマスターCD(UICY-94775)ライナーノーツ(犬伏功、2011年11月)
  4. ^ 日本盤リマスターCD(UICY-6522)ライナーノーツ(保科好宏、1998年3月16日)
  5. ^ レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』(2004年)10頁
  6. ^ 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年ISBN 978-4-401-63255-8、268頁
  7. ^ a b レコード/CD付属のピート・タウンゼントによるライナー・ノーツより。
  8. ^ ChartArchive - The Who - Long Live Rock
  9. ^ a b リマスターCD英文ライナーノーツの楽曲解説

外部リンク[編集]