アメリカがん協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アメリカがん協会(アメリカがんきょうかい、 American Cancer Society  ; ACS)は、1913年に設立されたアメリカ合衆国非営利団体

概要[編集]

情報提供、患者支援、がんに関する調査研究の3つを活動の柱とし、全米3400か所に支部を有している。ホームページやパンフレットで、最新の治療法から後遺症対策、患者会の案内など、きめ細かい情報を提供しているほか、患者支援では24時間対応の電話相談からかつらの貸し出しまで、多様な事業を行っている。年間予算は約900億円で、そのほとんどが企業や市民からの寄付でまかなわれている。[1]所在地はジョージア州アトランタ

沿革[編集]

American Society for the Control of Cancer のポスター、1938年。

1913年、ニューヨークで、15人の医師や実業家により " American Society for the Control of Cancer (ASCC) " [2]がつくられた。1945年、現在の名称に改称。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]