ア・クイック・ワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ア・クイック・ワン
ザ・フースタジオ・アルバム
リリース
録音 1966年8月 - 11月
ジャンル ロック
時間
レーベル リアクション・レコード
プロデュース キット・ランバート英語版
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 星4.5 / 5 Link
  • Rolling Stone magazine 星4 / 5 Link
ザ・フー 年表
マイ・ジェネレーション
1965年
ア・クイック・ワン
1966年
セル・アウト
1967年
テンプレートを表示

ア・クイック・ワン』 (A Quick One) は、イギリスロックバンドザ・フーの2作目のアルバム。1966年12月9日リリース。発売元はリアクション・レコード。アメリカでは収録曲を差し替え、『ハッピー・ジャック』のタイトルで、1967年5月にリリースした。発売元はデッカ・レコード。全英4位[1]、全米67位[2]を記録。『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』に於いて、384位にランクイン[3]

解説[編集]

プロデュースは、当時バンドのマネージャーであったキット・ランバート。シングル「ハッピー・ジャック」と同時発売された。レコーディングは1966年8月から11月にかけて、ライヴ活動と並行しながら散発的に行われた。録音は主にロンドンのIBCスタジオやパイ・スタジオで行われたが、一部の楽曲はピート・タウンゼントのフラットで録音されている[4]。当初のアルバムタイトルは『ジグソー・パズル』だった[5]。1stアルバム『マイ・ジェネレーション』ではカバー曲が3曲あったが、本作ではマーサ&ザ・ヴァンデラスの「恋はヒートウェーヴ」1曲のみとなっている。また、本作で初めてジョン・エントウィッスルキース・ムーンリード・ボーカルをとる曲が収録された。

本作の大きな特徴として、メンバー全員が最低1曲以上自作曲を提供している点が挙げられる。これはザ・フーの全てのオリジナル・アルバムで本作が唯一であるが、これは当時、マネージャーのクリス・スタンプがザ・フーの楽曲を管理していたエセックス・ミュージックから「メンバー全員が2曲ずつ曲を書いたら各自に現金500ポンドを前払いする」という約束を取り付けていたためである[6]。またタウンゼントの曲が全10曲中4曲と半分に満たないが、これもザ・フーの全オリジナル・アルバム中本作のみである。アルバムジャケットのデザインはアラン・アルドリッジ[7]

本作が製作・発表された1966年は、デビュー時のプロデューサー、シェル・タルミーとの版権をめぐる法的な争いや、かねてからの問題であったメンバー同士の衝突が激化し、ロジャー・ダルトリーとキース・ムーンが一時バンドを脱退するなど[8]、苦難続きの1年であったが、そのような事情を感じさせないほどポップで前向きな楽曲が並んでいる[9]。前作『マイ・ジェネレーション』は一触即発の最悪な雰囲気の中でレコーディングされたが[10]、本作のレコーディングは「最初から最後まで楽しいものだった」とタウンゼントは振り返っている[11]。本作ではエントウィッスルが得意とするホルンチェンバロなど、前作では使用されなかった楽器が次々に導入され、楽曲やサウンド面に幅を持たせている。本作では外部ミュージシャンの起用はなく、「くもの巣と謎」で使用されたトロンボーンチューバといった管楽器も全てメンバーによる演奏である[12]。また最終曲の「クイック・ワン」は、ランバートの助言から生まれたオペラ風の組曲で、後の史上初のロック・オペラ・アルバム『トミー』の布石とも言える作品である[9]

各国盤[編集]

アメリカでは「恋はヒート・ウェイヴ」が削除され、代わりにシングルリリースされていた「ハッピー・ジャック」を収録し、タイトルも『ハッピー・ジャック』と改題してリリースした。ジャケットデザインはイギリス盤のものと変わらず、タイトル文字だけを変えたものとなっているが、裏ジャケットのデザインは大きく異なり、各メンバーの紹介文が記載されていた。イギリス盤はモノラルのみでのリリースだったが、アメリカではモノラルとステレオの2バージョンでリリースしている。だが実際の音源では、トゥルーステレオと擬似ステレオのものが混在していた[13]

ヨーロッパ数カ国では、『The Who』のタイトルで、収録曲、曲順共にUK盤ともUS盤とも異なる独自の編集盤がリリースされた[14]日本ではこの『The Who』の曲順を入れ替えた編集盤『アイム・ア・ボーイ』がリリースされた。このアルバムジャケットにはメンバーの演奏中の写真が使用されているが、タウンゼントだけが写っていないという珍しいものになっている[15]

リイシュー[編集]

本作も前作『マイ・ジェネレーション』ほどではないにせよ、何度か発売休止の憂き目に遭っている。イギリスではランバートとスタンプがトラック・レコードを設立したことにより一度市場から消え、1970年に一度復活。1974年には第3作アルバム『セル・アウト』と2枚組で再登場するが、その後再び発売休止となった。ヨーロッパでも上記の『The Who』が代わりに長年流通しており、本作がオリジナル・アルバムとして正当に扱われなかった時期が続いた。イギリスと日本では、1988年にモノラル版がCD化されているが、すぐに廃盤となっている[5]

1995年にリリースされたリマスターリミックスCDでは、1966年7月にリリースされたザ・フー初のEP盤Ready Steady Who!』に収録されていた曲や、シングルB面曲、その他完全未発表曲の全10曲が追加収録された。この1995年版では、良好なステレオマスターが未発見だったためモノラル、ステレオ、擬似ステレオが混在した状態だったが、2003年にマスターが全面改訂され、ステレオミックスが存在しない「恋のマイ・ウェイ」を除き全曲がステレオ化された[16]2008年には日本限定でモノラル、ステレオ両バージョンに未発表バージョンを追加し、さらに各国のLP/EP、シングル各盤を再現したスリーヴを同梱したボックス・セット「コレクターズ・ボックス」を発表。2012年にはやはり日本限定で「コレクターズ・ボックス」をダウンサイジングし、さらに最新リマスター音源を使用した「コレクターズ・エディション」が発表された[17]。リマスタリングはいずれもジョン・アストリーが担当。

収録曲[編集]

特記なき限り、作詞・作曲はピート・タウンゼント。

UKオリジナル版[編集]

  • A面
  1. ラン・ラン・ラン - Run Run Run
  2. ボリスのくも野郎 - Boris the Spider (John Entwistle)
  3. アイ・ニード・ユー - I Need You (Kieth Moon)
  4. ウィスキー・マン - Whiskey Man (Entwistle)
  5. 恋はヒートウェーヴ - Heatwave (Holland/Dozier/Holland)
  6. くもの巣と謎 - Cobwebs and Strange (Moon)
  • B面
  1. ふりむかないで - Don't Look Away
  2. 恋のマイウェイ - See My Way (Roger Daltrey)
  3. ソー・サッド・アバウト・アス - So Sad About Us
  4. クイック・ワン - A Quick One While He's Away

US版 (Happy Jack)[編集]

  • A面
  1. ラン・ラン・ラン - Run Run Run
  2. ボリスのくも野郎 - Boris the Spider (Entwistle)
  3. アイ・ニード・ユー - I Need You (Moon)
  4. ウィスキー・マン - Whiskey Man (Entwistle)
  5. くもの巣と謎 - Cobwebs and Strange (Moon)
  6. ハッピー・ジャック - Happy Jack
  • B面
  1. ふりむかないで - Don't Look Away
  2. 恋のマイウェイ - See My Way (Daltrey)
  3. ソー・サッド・アバウト・アス - So Sad About Us
  4. クイック・ワン - A Quick One While He's Away

1995年リマスター版[編集]

☆はこの版で初登場

 ※1.~10. UKオリジナル版に同じ

  1. バットマン - Batman (Neal Hefti) [18]
  2. バケット・T - Bucket "T" (Dean Torrence, Roger Christian, Donald J. Altfeld) [18]
  3. バーバラ・アン - Barbara Ann (Fred Fassert) [18]
  4. ディスガイジズ - Disguises [18]
  5. ドクター・ドクター - Doctor Doctor (Entwistle) [19]  
  6. アイヴ・ビーン・アウェイ - I've Been Away (Entwistle) [20]
  7. イン・ザ・シティ - In the City (Entwistle,Moon) [21]
  8. ハッピー・ジャック(アコースティック・ヴァージョン) - Happy Jack
  9. マン・ウィズ・マネー - Man with Money (Don Everly, Phil Everly) ☆
  10. マイ・ジェネレーション/希望と栄光の国 - My Generation/Land of Hope and Glory (Townshend, Edward Elgar) ☆

コレクターズ・ボックス(2008年)/コレクターズ・エディション(2012年)[編集]

  • ディスク1(モノラル)

 ※1.~10. UKオリジナル版に同じ

  1. 恋のピンチ・ヒッター - Substitute
  2. 恋のサークル - Circles [18]
  3. アイム・ア・ボーイ - I'm A Boy
  4. イン・ザ・シティ - In the City (Entwistle,Moon)
  5. バットマン - Batman (Hefti)
  6. バケット・T - Bucket "T" (Torrence, Christian, Altfeld)
  7. バーバラ・アン - Barbara Ann (Fassert)
  8. ディスガイジズ - Disguises
  9. ハッピー・ジャック - Happy Jack
  10. 寂しい別れ - I've Been Away (Entwistle)
  11. 恋のピンチ・ヒッター(USシングル・ヴァージョン) - Substitute (US Single Version)
  12. アイム・ア・ボーイ(オルタネイト・ヴァージョン) - I'm A Boy (Alternate Version)
  13. バットマン(インストゥルメンタル) - Batman (Instrumental) (Hefti)
  14. ハッピー・ジャック(アコースティック・ヴァージョン) - Happy Jack (Acoutic Version)
  15. ハッピー・ジャック(オルタネイト・ミックス) - Happy Jack (Alternate Mix)
  • ディスク2(ステレオ)

 ※1.~10. UKオリジナル版に同じ

  1. アイム・ア・ボーイ - I'm A Boy
  2. イン・ザ・シティ - In the City (Entwistle,Moon)
  3. バットマン - Batman (Hefti)
  4. バケット・T - Bucket "T" (Torrence, Christian, Altfeld)
  5. バーバラ・アン - Barbara Ann (Fassert)
  6. ディスガイジズ - Disguises
  7. 寂しい別れ - I've Been Away (Entwistle)
  8. マン・ウィズ・マネー - Man with Money (Everly, Everly)
  9. マイ・ジェネレーション/希望と栄光の国 - My Generation/Land of Hope and Glory (Townshend, Elgar)
  10. アイム・ア・ボーイ(オルタネイト・ヴァージョン) - I'm A Boy (Alternate Version)

脚注[編集]

  1. ^ WHO | Artist | Official Charts
  2. ^ The Who - Awards : AllMusic
  3. ^ 500 Greatest Albums of All Time: The Who, 'A Quick One Happy Jack' | Rolling Stone
  4. ^ CD『ア・クイック・ワン』コレクターズ・エディション(2012年)記載のクレジットより。
  5. ^ a b CD『ア・クイック・ワン』コレクターズ・エディション(2012年)付属の犬伏功による解説より。
  6. ^ 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、103頁。
  7. ^ レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』(2004年)7頁。
  8. ^ 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、102頁。
  9. ^ a b レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』(2004年)99頁。
  10. ^ 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、74頁。
  11. ^ 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、104頁。
  12. ^ 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、124頁。
  13. ^ レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』(2004年)110頁。
  14. ^ Who, The - The Who at Discogs
  15. ^ レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』(2004年)12頁。
  16. ^ レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』(2004年)131頁。
  17. ^ THE WHO | ザ・ フー - ア・クイック・ワン ~コレクターズ・エディション - UNIVERSAL MUSIC JAPAN
  18. ^ a b c d e EP『Ready Steady Who!』収録曲。
  19. ^ シングル「リリーのおもかげ」B面収録曲。
  20. ^ シングル「ハッピー・ジャック」(UK版)B面収録曲。
  21. ^ シングル「アイム・ア・ボーイ」B面収録曲。

外部リンク[編集]