カラフル・クリーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カラフル・クリーム
クリームスタジオ・アルバム
リリース
録音 1967年5月、ニューヨーク、アトランティック・スタジオ[1]
ジャンル サイケデリック・ロック, ブルースロック, ハードロック
時間
レーベル イギリスの旗 リアクション・レコード
アメリカ合衆国の旗 アトコ・レコード
プロデュース フェリックス・パパラルディ[1]
クリーム 年表
フレッシュ・クリーム
(1966)
カラフル・クリーム
(1967)
クリームの素晴らしき世界
(1968)
『カラフル・クリーム』収録のシングル
  1. ストレンジ・ブルー / 英雄ユリシーズ
    リリース: 1967年6月 (1967-06)
  2. サンシャイン・ラヴ
    リリース: 1968年1月 (1968-01)
テンプレートを表示
専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
Allmusic4.5/5stars[2]
The Rolling Stone Album Guide4/5stars[3]
Sputnikmusic5/5stars[4]

カラフル・クリーム』 (Disraeli Gears) は、イギリスロックバンド、クリームの2枚目のアルバム。1967年11月にリリースされ[1]、イギリスのアルバムチャートで最高5位を記録した[5]。またアメリカでは初のヒットとなって彼らにとってのブレークスルーとなり、アルバムチャートでは最高4位を記録した[6]オーストラリアでは2週間にわたってアルバムチャートの1位を記録し、アメリカでは年末のキャッシュボックスによる1968年のNo.1アルバムに選出された[7]。本作からは2枚のシングル、「ストレンジ・ブルー」と「サンシャイン・ラヴ」がリリースされた。

アルバムタイトルはマラプロピズムに基づく。エリック・クラプトンは競技用の自転車を買うことを考えていて、ジンジャー・ベイカーとそれについて議論していた。ミック・ターナーというローディーが「ディズレーリ・ギアを届けた」と話し、「ディレイラー・ギア(変速機)」を19世紀のイギリスの首相ベンジャミン・ディズレーリと言い間違ったのをおもしろがって、バンドはそれを次のアルバムのタイトルに採用した。

11曲収録のオリジナルアルバムは1998年にリマスターが行われ、2004年には2枚組のデラックス・エディションとしてリリースされた。

1999年に本作はグラミー殿堂賞を受賞した。

2003年、本作はローリング・ストーン誌の『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500英語版』で114位にランクされた[8]。また、VH1は2001年にオールタイム・グレーテストアルバムの87位に選出している。2008年にはクラシック・ロック・アワーズを受賞した[9]

背景[編集]

オリジナル盤[編集]

アルバムは1967年5月、マレー・ザ・K"Music in the 5th Dimension"での9回のコンサートに出演した後にニューヨークアトランティック・スタジオで録音された。クリームのアメリカでのレーベル、アトコアトランティック・レコードの全額出資子会社であった[10][11]

セッションのプロデューサーは後にマウンテンのベーシストとなるフェリックス・パパラルディ - 妻のゲイル・コリンズと共に「ストレンジ・ブルー」と「苦しみの世界」を作曲 - 、エンジニアはトム・ダウド - 後にクラプトンと『いとしのレイラ』『461 オーシャン・ブールヴァード』をプロデュース - であった。アトランティック・レコードのオーナー、アーメット・アーティガンもこのセッションに参加した[12]

ダウドによると、レコーディングは3日半で終了したという。バンドのビザはレコーディングのまさしく最終日に期限が終了した[13]

11曲収録のオリジナルアルバムは1998年にポリグラム・スタジオジョセフ・M・パルマシオによってリマスターが行われた[1]。1998年の再リリースではオリジナルのアートワークに伴うボーナスの写真が封入された。

デラックス・エディション[編集]

「カラフル・クリーム デラックス・エディション」は、モノラル盤、ステレオ盤、デモ、別テイクおよびBBCラジオでのセッションが収められた。その中にはクラプトンがリードボーカルを担当した「ブルー・コンディション」、「ウイアード・オブ・ハーミストン」「ザ・クリアアウト」のデモ(両曲ともジャック・ブルースのソロアルバム『ソングス・フォー・ア・テイラー』で初めて発表された)などが含まれた。

アートワーク[編集]

アートワークはクラプトンが住んでいたチェルシーの「ザ・フェアサントリー」に同じく住んでいたオーストラリア人の芸術家、マーティン・シャープが担当した。シャープはクリームの次回作『クリームの素晴らしき世界』のアートワークも担当し、「英雄ユリシーズ」、映画「七人の無法者」のテーマ曲「エニイワン・フォー・テニス」をクラプトンと共同作曲した。アルバム用の写真は『イエスタデイ・アンド・トゥデイ』のジャケットなどビートルズの写真で有名なボブ・ウィテカーが撮影した。

フロントカバーはサイケ調のコラージュで、中央にアルバムタイトル、その下にバンド名が位置し、周りが花で囲まれる。マーティン・シャープはアルバムのサウンドを視覚的に捉えて表そうとし、「warm florescent sound」と描写した[14]

本作のカバーアートは編集盤『ゾーズ・ワー・ザ・デイズ』にも使用された。

楽曲スタイル[編集]

「カラフル・クリーム」は彼らのブルースのルーツから遠く離れて、全くずっしりとしたよりサイケな音に方向を変化させた。本作における最もブルース調のナンバーは「アウトサイド・ウーマン・ブルース」を改作した「テイク・イット・バック」であり、これは召集令状を焼き捨てたアメリカ人学生にインスパイアされたジャック・ブルースによる曲である[15]。オープニングナンバーの「ストレンジ・ブルー」は12小節のブルース曲「ロウディ・ママ」をベースとし、アルバート・キング風のギターソロがフィーチャーされる[12]

収録曲[編集]

オリジナル盤[編集]

A面
#タイトル作詞・作曲リードボーカル時間
1.ストレンジ・ブルー (Strange Brew)」Eric Clapton, Felix Pappalardi, Gail CollinsEric Clapton
2.サンシャイン・ラヴ (Sunshine of Your Love)」Jack Bruce, Pete Brown, ClaptonJack Bruce, Clapton
3.「苦しみの世界 (World of Pain)」Pappalardi, CollinsClapton, Bruce
4.「夜通し踊ろう (Dance the Night Away)」Bruce, BrownBruce, Clapton1
5.「ブルー・コンディション (Blue Condition)」Ginger BakerGinger Baker
B面
#タイトル作詞・作曲リードボーカル時間
1.英雄ユリシーズ (Tales of Brave Ulysses)」Clapton, Martin SharpBruce
2.スーラバー (SWLABR)」Bruce, BrownBruce
3.間違いそうだ (We're Going Wrong)」BruceBruce
4.アウトサイド・ウーマン・ブルース (Outside Woman Blues)」Arthur Reynolds, arr. ClaptonClapton
5.「テイク・イット・バック (Take It Back)」Bruce, BrownBruce
6.「マザーズ・ラメント (Mother's Lament)」Traditional, arr. Clapton, Bruce, BakerBaker, Bruce, Clapton2
  1. ^2パートのハーモニー
  2. ^3パートのハーモニー

デラックス・エディション (2004)[編集]

ディスク1 (ステレオ)[編集]

オリジナル盤
トラック 1-11
アウトテイク
  1. ロウディ・ママ (Lawdy Mama) - version 1 3 (Traditional, arr. Clapton) - 2:00
Recorded 3 April 1967 at Atlantic Studios
Recorded by Ahmet Ertegun[12]
  1. ブルー・コンディション (Blue Condition) - alternate version (Baker) - 3:13
Eric Clapton vocal, previously unreleased
デモ 3
  1. 間違いそうだ (We're Going Wrong) (Bruce) - 3:49
  2. ヘイ・ナウ・プリンセス (Hey Now, Princess) (Bruce, Brown) - 3:31
  3. スーラバー (SWLABR) (Bruce, Brown) - 4:30
  4. ウイアード・オブ・ハーミストン (Weird of Hermiston) (Bruce, Brown) - 3:12
  5. ザ・クリアアウト (The Clearout) (Bruce, Brown) - 3:58
Recorded 15 March 1967 at Ryemuse Studios, London

ディスク2 (モノラル)[編集]

オリジナル盤およびアウトテイク
トラック 1-13
BBCセッションズ 4
  1. ストレンジ・ブルー (Strange Brew) (Clapton, Pappalardi, Collins) - 3:00
  2. 英雄ユリシーズ (Tales of Brave Ulysses) (Clapton, Sharp) - 2:55
  3. 間違いそうだ (We're Going Wrong) (Bruce) - 3:25
Recorded 30 May 1967, broadcast 3 June on BBC Light Programme
  1. 悪い星の下に (Born Under a Bad Sign) (Booker T. Jones, William Bell) - 3:03
  2. アウトサイド・ウーマン・ブルース (Outside Woman Blues) (Reynolds) - 3:18
  3. テイク・イット・バック (Take It Back) (Bruce, Brown) - 2:17
Recorded 24 October 1967, broadcast 29 October on BBC Radio 1
  1. 政治家 (Politician) (Bruce, Brown) - 3:59
  2. スーラバー (SWLABR) (Bruce, Brown) - 2:32
  3. ステッピン・アウト (Steppin' Out) (James Bracken) - 3:37
Recorded 9 January 1968, broadcast 14 January on BBC Radio 1
  1. ^ゾーズ・ワー・ザ・デイズ』(ボックスセット)で発表済み。
  2. ^BBCライヴ』で発表済み。

パーソナル[編集]

クリーム

制作

チャート[編集]

アルバム[編集]

チャート (1967) 最高位
フィンランド (Finnish Albums Chart) 1
UK (Top 40 Albums)[5] 5
ノルウェー (Top 40 Albums)[16] 16
チャート (1968) 最高位
US Billboard 200[6] 4
US Cash Box Top 100 Pop Albums Year-End Chart[7] 1
オーストラリア Australian Albums Chart (Kent Music Report) 1
カナダ (RPM Top 50 Albums)[17] 10
チャート (2010) 最高位
ギリシャ (Top 50 Albums)[18] 29

シングル[編集]

シングル 順位
Billboard Hot 100 UK Top 40[5]
1967年6月 "ストレンジ・ブルー"/"英雄ユリシーズ" - 17位
1967年10月 "サンシャイン・ラヴ"/"スーラバー" 5位 25位

認証[編集]

RIAAによる認証[19]

認証団体 レベル 日付
RIAA - USA ゴールド 1968年5月22日
RIAA - USA プラチナ 1993年10月11日

リリース年月日[編集]

地域 日付 レーベル フォーマット カタログ番号
イギリス 1967年11月 リアクション・レコード モノラル LP 593 003
ステレオ LP 594 003
アメリカ合衆国 1967年11月 アトコ・レコード モノラル LP 33-232
ステレオ LP SD 33-232
ドイツ 1967年11月 ポリドール・レコード ステレオ LP 184 105
日本 1968年5月 ポリドール・レコード ステレオ LP MP-1390
アメリカ合衆国 1977年 RSOレコード LP RS 1-3010
アメリカ合衆国 1986年 ポリドール・レコード CD 823 636-2
アメリカ合衆国 2004年 ポリドール・レコード/クロニクルズ デラックス・エディション CD B0003331-02
イギリス 2004年 ポリドール・レコード デラックス・エディション CD 0602498193129

参照[編集]

  1. ^ a b c d e Disraeli Gears (CD liner). Cream. USA: Polydor Records. 1967. p. 2. 31453 1811-2. 
  2. ^ a b Stephen Thomas Erlewine. “Disraeli Gears - Cream (Review)”. Allmusic. Rovi Corporation. 2010年11月7日閲覧。
  3. ^ Cream album guide
  4. ^ Sputnikmusic review
  5. ^ a b c UK Top 40 Hit Database”. everyHit.com. 2014年11月1日閲覧。 Search "Cream" in Name of Artist
  6. ^ a b Cream - Billboard Albums”. Allmusic. Rovi Corporation. 2010年11月7日閲覧。
  7. ^ a b Cash Box Top 100 Pop Albums of 1968.
  8. ^ The RS 500 Greatest Albums of All Time”. Rolling Stone Magazine (2003年11月18日). 2009年3月19日閲覧。
  9. ^ http://www.classicrockmagazine.com/news/the_dirt/classic_rock_roll_of_honour/
  10. ^ "First US show for Cream and The Who that most fans don't know about." Songheads. 1 August 2009.
  11. ^ "Eric Clapton Interview," - YouTube HOEPLA Television Show, VPRO Television, The Netherlands, 28 July 1967.
  12. ^ a b c Clapton: The Autobiography by Eric Clapton
  13. ^ http://mixonline.com/mag/audio_creams_sunshine_love/index.html
  14. ^ Platt, John (1998). Cream-Disraeli Gears : Classic Rock Albums. Schirmer Books. pp. 92-93. ISBN 0-8256-7176-0. 
  15. ^ "Cream: Disraeli Gears", Classic Albums on VH1, 3 November 2006
  16. ^ Steffen Hung. “Cream - Disraeli Gears”. norwegiancharts.com. 2011年8月8日閲覧。
  17. ^ Item Display - RPM - Library and Archives Canada”. Collectionscanada.gc.ca. 2011年8月8日閲覧。
  18. ^ Steffen Hung. “Cream - Disraeli Gears”. greekcharts.com. 2011年8月8日閲覧。
  19. ^ Type in "Cream" under "Artist".
  • Cream, Disraeli Gears (1967)
  • Cream, Disraeli Gears - Deluxe Edition (2004)

外部リンク[編集]

先代:
ボブ・ディランジョン・ウェズリー・ハーディング
オーストラリアン・ケント・ミュージック・レポート ナンバー1アルバム
1968年3月30日 - 1968年4月12日
次代:
フランシス・レイ男と女 (サウンドトラック)