分散和音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

分散和音(ぶんさんわおん)は、音楽和音演奏する際に、和音を構成する全ての音を同時に鳴らすのではなく、何度かに分けて鳴らす[1]演奏技法である。元の和音を一度、崩してから奏でる和音なので、英語ではブロークン・コードと呼ばれている。これに対してすべての構成音が同時に演奏されたものを同時和音[1]と呼ぶ。

分かり易い曲としては、クラシックではヘンデル作曲のジョージ2世の戴冠式アンセムの第1曲『司祭ザドク』、ポピュラーではアラン・パーソンズ・プロジェクトの"Eye In The Sky"があげられる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b 島岡譲、野田暉暉, 尾高惇行, 川井學, 佐藤眞, 永冨正之, 南弘明, 浦田健次郎, 野平一郎 「分析編 章1章」『総合和声―実技・分析・原理』 音楽之友社〈総合和声〉、2013年3月31日(原著1998年4月20日)、第17刷、255頁。ISBN 978-4-276-10233-0

外部リンク[編集]