ラスト・イグジット (イギリスのバンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラスト・イグジット(Last Exit、らすといぐじっと)は、イギリスジャズフュージョンバンド

スティングポリスを結成する前に所属していたバンドとして知られるバンドである。1974年ニューカッスルで結成された。バンド名 'Last Exit' は、ヒューバート・セルビー・ジュニアの『ブルックリン最終出口』(原題:"Last Exit to Brooklyn")から来ている。

ラスト・イグジットは、ドラマーの Ronnie Pearson(the Phoenix Jazzmen でもプレイした)、ギタリストの John Hedley、Terry Ellis、キーボーディストの Gerry Richardson、そしてベーシストで歌手のスティングで構成されていた。

ラスト・イグジットは、ニューカッスル界隈では、何年もの間、leading act だった。彼らは『Return to Forever』のようなスタイルをコピーし、優れたソロと、ドライブするビートが売りのバンドだった。1975年 Richardson 作曲による『Whispering Voices』というシングルを出し、1976年にはロンドンPathway Studios でいくつかのデモテープ録音した。そのデモは小さなインパクトをもたらした。そのデモは、ヴァージン・レコードリチャード・ブランソンに興味を抱かせたが、彼は音楽出版の社長として、スティングと(だけ)契約したのである。このことは、メンバーの間に難しい空気を生んだ。

1977年、ラスト・イグジットはロンドンに移り、いくつかのギグをしたあと、メンバーの半分はニューカッスルに帰ってしまい、スティングと Richardson はこのバンドとは違う仕事を探し始めた。Richardson は ビリー・オーシャン's band の音楽監督を務めた。スティングはスチュワート・コープランドとヘンリー・パドヴァーニとポリスを結成した。同じ年、ラスト・イグジットはニューカッスルで最後のコンサートを開いた。

1996年、スティングは6枚目のソロ・アルバム『マーキュリー・フォーリング』のレコーディングに、オルガンの奏者として Gerry Richardson を招いた。

『I Burn For You』や『Bring on the Night』など、ラスト・イグジットのナンバーのうちいくつかは、ポリスやスティングのソロでレコーディングされている。