ジョン・エサリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョン・エサリッジ
John Etheridge
John Etheridge and Theo Travis Cosmopolite 2018 (211948).jpg
ソフト・マシーン - ノルウェー・オスロ公演(2018年9月)
基本情報
生誕 (1948-01-12) 1948年1月12日(71歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド
ロンドンランベス
ジャンル プログレッシブ・ロック
ジャズ・フュージョン
ブルース・ロック
職業 ミュージシャンギタリストソングライター
担当楽器 ギター
活動期間 1966年 - 現在
共同作業者 ダリル・ウェイズ・ウルフ、ソフト・マシーン、セカンド・ヴィジョン、ソフト・マシーン・レガシー、ステファン・グラッペリ、ナイジェル・ケネディ、ジョン・ウィリアムス
公式サイト www.johnetheridge.com

ジョン・エサリッジ(John Etheridge、1948年1月12日 - )は、イングランド出身のミュージシャンギタリストソングライター

主にジャズ・ロックプログレッシブ・ロックの分野で活動。特に「ソフト・マシーン」のメンバーとして知られている。

来歴[編集]

1972年末、ダリル・ウェイ(元カーヴド・エアヴァイオリン奏者)等と共にダリル・ウェイズ・ウルフを結成し、3枚のアルバムを発表。その後、アラン・ホールズワースの推薦により、彼の後任としてプログレッシブ・ロック・バンドソフト・マシーンに加入する。1978年から数年間は、ステファン・グラッペリのサポート・ギタリストとして活動。以後、アンディ・サマーズダニー・トンプソン等と共演。2000年代には、ソフト・マシーンの元メンバーによるバンド、ソフト・マシーン・レガシーで、主にライブを中心に活動していた。

演奏スタイル[編集]

演奏スタイルは速弾きを中心としたフュージョンスタイルで、ファンキーリズムギターをも得意とする。ピッキングテクニックが秀逸であるが、映像などで確認するとレガート巧者でもある。

使用機材[編集]

ソフト・マシーン時代にはギブソン社のSGモデルを使用していた。現在はビブラート・ユニットを搭載したセミアコースティックヤマハを愛用しているようである。

ディスコグラフィ[編集]

イカルス[編集]

  • 『ザ・マーヴェル・ワールド・オブ・イカルス』 - The Marvel World of Icarus (1972年)

ダリル・ウェイズ・ウルフ[編集]

  • 『カニス・ループス』 - Canis Lupis (1973年)
  • 『サチュレーション・ポイント(飽和点)』 - Saturation Point (1973年)
  • 『群狼の夜の歌』 - Night Music (1974年)

ソフト・マシーン[編集]

  • 『ソフツ』 - Softs(1976年)
  • 『アライヴ・アンド・ウェル(ライヴ・イン・パリ)』 - Alive & Well: Recorded in Paris(1978年) ※1977年7月収録
  • 『ラバー・リフ』 - Rubber Riff(1994年) ※1976年・ジェンキンス作曲によるTV用録音
  • 『ブリティッシュ・ツアー‘75』 - British Tour ´75(2005年) ※1975年10月収録
  • 『ヒドゥン・ディテールズ -隠された真実-』 - Hidden Details(2018年)

セカンド・ヴィジョン[編集]

  • 『ファースト・ステップス』 - 2nd Vision (1980年)

ソロ[編集]

  • 『アッシュ』 - Ash (1994年)
  • Chasing Shadows (2001年)
  • I Didn't Know (2004年)
  • Stitched Up (2008年) ※トリオ・ノースと連名
  • In House - Live in London (2007年)
  • Break Even (2008年)
  • Alone! Live (2009年)
  • Men of Wire (2010年)

Sweet Chorus[編集]

  • Sweet Chorus (1998年)
  • Small Hotel (2009年)

ソフト・マシーン・レガシー[編集]

  • 『ライヴ・イン・ザーンダム2005』 - Live in Zaandam(2005年)
  • 『ソフト・マシーン・レガシー』 - Soft Machine Legacy(2006年)
  • 『スティーム』 - Steam(2007年)
  • 『ライヴ・アドヴェンチャーズ 2010』 - Live Adventures(2010年)
  • 『バーデン・オブ・プルーフ』 - Burden of Proof(2013年)

コラボレーション・その他プロジェクト[編集]

  • ユーディ・メニューイン&ステファン・グラッペリ 『ティー・フォー・トゥー』 - Tea for Two (1978年)
  • ステファン・グラッペリ Live at Carnegie Hall (1978年)
  • ディディエ・ロックウッド New World (1978年)
  • ユーディ・メニューイン&ステファン・グラッペリ Strictly for Birds (1980年)
  • ステファン・グラッペリ 『アット・ザ・ワイナリー』 - At the Winery (1980年)
  • Various Artists The Secret Policeman's Concert (1981年)
  • ビッグ・ジュリス&ジョン・エサリッジ 『ボヘミア』 - Bohem-ia (1988年)
  • ディック・ヘクストール・スミス Uprising: Live 1990 (1990年)
  • ジョン・アルトマン Hear my song (1991年)
  • ディック・ヘクストール・スミス&ジョン・エサリッジ・グループ Obsession Fees (1992年)
  • ナイジェル・ケネディ Stone Free: A Tribute to Jimi Hendrix (1993年)
  • アンディ・サマーズ&ジョン・エサリッジ 『インビジブル・スレッズ - アンプラグド』 - Invisible Threads (1993年)
  • エルトン・ディーン Two's and Three's (1994年)
  • ダニー・トンプソン What-ever's Best (1995年)
  • テオ・トラヴィス Secret Island (1996年)
  • ナイジェル・ケネディ Kafka (1996年)
  • ナイジェル・ケネディ The Kennedy Experience - The Music of Jimi Hendrix (1998年)
  • クリス・ギャリック Different Strokes (1999年)
  • イアン・モズレー&ベン・キャッスル Postman Kind (2001年)
  • ジョン・ウィリアムス The Magic Box (2001年)
  • クリス・ギャリック&ジョン・エサリッジ At the Dimming of the Day (2006年)
  • ジョン・ウィリアムス&ジョン・エサリッジ Places Between: Live in Dublin (2006年)
  • In House Live in London (2007年)
  • クリス・ギャリック&ジョン・エサリッジ Men on Wire (2009年)
  • クリス・ギャリック&ジョン・エサリッジ When the World Stopped for Snow (2013年)
  • ヴィマラ・ロウ&ジョン・エサリッジ Out of the Sky (2016年)

外部リンク[編集]