ゴング (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴング
GONG
Gong-Zappa-Tel-Aviv-2009-10-31-20.jpg
イスラエル・テルアビブ公演 (2009年10月)
基本情報
別名 ピエール・ムーランズ・ゴング (1976年 - 1988年)
出身地 フランスの旗 フランスパリ
ジャンル カンタベリー・ロック
サイケデリック・ロック
スペース・ロック
プログレッシブ・ロック
ジャズ・ロック
フュージョン
活動期間 1967年 - 現在
レーベル ヴァージンレコード
EMI
アリスタ・レコード
公式サイト www.planetgong.co.uk
メンバー カヴース・トラビ (Vo/G)
ファビオ・ゴルフェティ (G)
デイヴ・スタート (B))
イアン・イースト (Sax/Fu)
チェブ・ネトル (Ds)
旧メンバー デヴィッド・アレン (Vo/G)
ジリ・スマイス (Vo)
ディディエ・マレルブ (Sax/Fu)
スティーヴ・ヒレッジ (G)
ピエール・ムーラン (Ds)
河端一 (G)
ほか 以下を参照

ゴング(Gong)は、フランス出身のプログレッシブ / スペース・ロックバンド

カンタベリー系ロックバンドとして誕生し、母国でも古い歴史を持つグループとして知られる。創始者でもある故デヴィッド・アレンが在籍していた。

概要[編集]

創始者デヴィッド・アレン (1974年)

メンバーの出入りが激しく、リーダーのデヴィッド・アレン自身が1975年に脱退した。残されたメンバーはピエール・ムーランを中心にバンドを再編成し、後にピエール・ムーランズ・ゴングと名乗り1988年まで活動した。アレンは脱退後プラネット・ゴングニューヨーク・ゴングなどを結成。妻ジリ・スマイスマザー・ゴングを結成。他にも、元ピエール・ムーランズ・ゴングのメンバーによるゴングジラAcid Mothers Templeと合体したアシッド・マザーズ・ゴングなど、ゴング名を冠するバンドがいくつも存在し、ゴング・グローバル・ファミリーと総称されている。

クラシック・ゴング[編集]

フランス時代 (1967年-1972年)[編集]

若き日のジリ・スマイス (1974年)
盟友ディディエ・マレルブ (Sax/Fu) 2011年

1967年カンタベリー系ロックバンドソフト・マシーン」のメンバーとして活動していたデヴィッド・アレンは、ツアー先のフランスからイギリスに再入国できなかった為(後年にビザの期限切れだったと明かした)、そのままバンドを離脱。フランスに留まってソロ活動を開始し、並行して現地の仲間とロックバンド「ゴング」の原形を作る。パートナーで後に妻となったジリ・スマイス[注 1]とは、ソフト・マシーン時代に開催したポエトリー・パフォーマンスで出会った。

1968年、フランス五月革命において、アレンとスマイスは学生側に加担するパフォーマンスを行った。この一件で公安警察に追われる身となり、バンドは崩壊。スペインマヨルカ島デヤに潜伏し、ここで盟友となるディディエ・マレルブと知り合い意気投合。1969年8月、フランスに戻ってバンドを再興し活動を再開した。

同年にフランスBYG・レーベルからデビューアルバム『マジック・ブラザー』を発表。1971年、アレンのソロアルバム『バナナ・ムーン』発表を挟み、2ndアルバム『カマンベール・エレクトリック』を発表。このアルバムからサウンド面での飛躍的な進歩を遂げ、次作への雛形となった。

1972年グラストンベリー・フェスティバルに出演。その年のイギリスツアーの後、英ヴァージン・レコードと契約する。

ラジオ・グノーム・インヴィジブル三部作 (1973年-1975年)[編集]

イングランド・ロンドン公演 (1974年6月)
ラジオ・グノームのパフォーマンス (2009年)

元来のヒッピー思想家でもあるアレンは、宇宙的幻想をコンセプトにした創作に取り掛かり、1973年から1974年にかけてラジオ・グノーム・インヴィジブル(The Radio Gnome Invisible 見えない電波の妖精の物語)三部作『フライング・ティーポット』『エンジェルズ・エッグ』『ユー』を発表[1]

ラジオ・グノームとは、ゴング惑星からフライング・ティーポットに乗ってやってきた妖精(宇宙人)であり、テレパシーを駆使し地球人に向けて、海賊ラジオ放送を行っているという設定を基にした連作である。

バンドは三部作の最終アルバム『ユー』の時点でひとつのピークに到達し、1975年までにアレン、スマイス、ヒレッジ等がグループを離脱する。

ピエール・ムーランズ・ゴング (1976年-1988年)[編集]

1976年、バンドは残留したドラマーのピエール・ムーランを中心に再編成する。アレン時代のサイケデリック色を一掃し、ニューエイジアンビエントなどの要素を取り入れたジャズ・ロック/フュージョンバンドとして継続。アラン・ホールズワースらの著名なミュージシャンも協力した。

アリスタ・レコードに移籍した1979年からは「ピエール・ムーランズ・ゴング」(Pierre Moerlen's Gong)と名義を変更し、1988年まで活動。

2000年代に本家アレン派とは別路線として再興し、2002年に録音したアルバム『PENTANINE』を2004年にリリース。しかし翌年5月、中心的リーダー ピエール・ムーランの病死により活動は終了した[2]

再編〜デヴィッド・アレン死去 (1989年- )[編集]

晩年のデヴィッド・アレン 2009年

オリジナルリーダーのデヴィッド・アレンは、1990年代以降からゴングファミリーの再編を繰り返しながら2000年に、ゴング直系としてはピエール・ムーランズ・ゴングのアルバム『Second Wind』以来、12年ぶりのスタジオ・アルバム『Zero to Infinity』を発表。

2009年には往年のメンバーが再集結したアルバム『2032』をリリース。2014年にはアルバム『I See You』を発表した[3]

その後アレンは癌を患うようになり、手術の甲斐もなく再発。2015年3月に他界する[4]。残ったメンバーはアレンの遺志を引き継いで活動を継続した。

かつての主要メンバー スティーヴ・ヒレッジやディディエ・マレルブらが協力し、アレンの追悼となるアルバム制作に着手。しかし翌2016年8月、その完成に合わせたかのように未亡人ジリ・スマイスも病死[5]。出来上がったアルバムのタイトルには『Rejoice! I'm Dead!』(喜べ! 私は死んだ!)と名付けられ、翌月に発表した[6]

来日[編集]

1995年、デヴィッド・アレンが別プロジェクトの形で来日を予定していたが、諸事情でキャンセル。しかし翌1996年6月に母体の「ゴング」を引き連れて、無事初来日を果たす。以降、数多く来日するようになり、早くも翌年9月に再来日する。

2003年からは、日本のサイケ・ロックバンド「Acid Mothers Temple」のリーダー 河端一と共演し、翌年にアルバム『Acid Motherhood』を共作。その後、バンド自体が合体した「アシッド・マザーズ・ゴング」を企画し、同名義で来日公演を開催[7]

2009年には「フジロックフェスティバル」に参加[8]。続けて2012年にも来日公演を開催した[9]

ほか、デヴィッド・アレンは、その他のプロジェクト名義でも来日している。

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

旧メンバー[編集]

  • デヴィッド・アレン Daevid Allen - ボーカル/ギター (1967-1975, 1990-2015) R.I.P.2015
  • ジリ・スマイス Gilli Smyth - ボーカル (1967-1974, 1990-2013) R.I.P.2016
  • ジスカ・バウム Ziska Baum - ボーカル (1967-1968)
  • ローリン・スタンドリー Loren Standlee - フルート (1967-1968) R.I.P.2014
  • ディディエ・マレルブ Didier Malherbe - サックス/フルート (1969-1976, 1990, 1992-2001, 2006)
  • リチャード・ホウアリ Rachid Houari - ドラムス (1969-1971, 1973) R.I.P.1973
  • クリスチャン・トリッシュ Christian Tritsch - ベース/ギター (1969-1973)
  • ピップ・パイル Pip Pyle - ドラムス (1971, 1990, 1992-1997) R.I.P.2006
  • ローリー・アラン Laurie Allan - ドラムス (1972-1973, 1974)
  • マック・プール Mac Poole - ドラムス (1972) R.I.P.2015
  • チャールズ・ヘイワード Charles Hayward - ドラムス (1972)
  • ロブ・テイト Rob Tait - ドラムス (1972, 1974)
  • ディアン・スチュワート Diane Stewart - ボーカル (1972, 1974)
  • ティム・ブレイク Tim Blake - キーボード/ボーカル (1972-1975, 1994, 2006)
  • フランシス・モーズ Francis Moze - ベース/ピアノ (1972-1973)
  • スティーヴ・ヒレッジ Steve Hillage - リードギター/ボーカル (1973-1975, 2006, 2008-2012)
  • マイク・ハウレット Mike Howlett - ベース/ボーカル (1973-1976, 1994-2001, 2006, 2008-2009)
  • ピエール・ムーラン Pierre Moerlen - ドラムス (1973-1976, 1997-1999) R.I.P.2005
  • ミケット・ジラウディ Miquette Giraudy - ボーカル/キーボード (1974-1975, 2006, 2008-2012)
  • クリス・カトラー Chris Cutler - ドラムス (1974)
  • ビル・ブルーフォード Bill Bruford - ドラムス (1974)
  • ブライアン・デヴィソン Brian Davison - ドラムス (1975) R.I.P.2008
  • デイヴ・スチュワート Dave Stewart - キーボード (1975)
  • パトリス・リモイン Patrice Lemoine - キーボード (1975-1976)
  • ミレイユ・バウアー Mireille Bauer - パーカッション (1975-1976)
  • ジョルジ・ピンチェフスキー Jorge Pinchevsky - ヴァイオリン (1975-1976)
  • サンディ・コリー Sandy Colley - ボーカル (1976)
  • ステファン・ルーリー Stephen Lewry - リードギター (1990, 1994-1998)
  • キース・ベイリー Keith Bailey - ベース/ボーカル (1990, 1992-1994)
  • ポール・ノーブル Paul Noble - キーボード (1990)
  • グレアム・クラーク Graham Clark - ヴァイオリン (1992-1993)
  • シャマル・メイトラ Shyamal Maïtra - パーカッション/キーボード (1992-1994)
  • クリス・テイラー Chris Taylor - ドラムス (1999-2001, 2006, 2008-2012)
  • セオ・トラヴィス Theo Travis - サックス/フルート (1999-2001, 2006, 2008-2010)
  • マーク・ロブソン Mark Robson - キーボード (1999-2000)
  • マーク・ヒウィンズ< Mark Hewins - リードギター (1999)
  • グヨ・ゼピス Gwyo Zepix - キーボード/ギター (2000-2001)
  • ジョシュ・ポロック Josh Pollock - リードギター (2003-2004, 2007)
  • ダルマワン・ブラッドブリッジ Dharmawan Bradbridge - ベース (2003-2004)
  • コットン・カジノ Cotton Casino - キーボード/ボーカル (2003-2004)
  • 河端一 Kawabata Makoto - リードギター (2003-2004)
  • オーランド・アレン Orlando Allen - ドラムス (2003-2004, 2012-2014)

ピエール・ムーランズ・ゴング メンバー[編集]

  • ピエール・ムーラン Pierre Moerlen - ドラムス (1976-1988, 2002-2005) R.I.P.2005
  • ブノア・ムーラン Benoit Moerlen - パーカッション (1976-1979, 1980, 1988)
  • ミレイユ・バウアー Mireille Bauer - パーカッション (1976-1978)
  • ディディエ・マレルブ Didier Malherbe - サックス/フルート (1976-1977)
  • フランシス・モズ Francis Moze - ベース/ピアノ (1976-1978)
  • ミノ・シネル Mino Cinelu - パーカッション (1976-1977)
  • アラン・ホールズワース Allan Holdsworth - ギター (1976-1978)
  • ハンスフォード・ロウ Hansford Rowe - ベース/ギター (1977-1988)
  • フランソア・コース François Causse - パーカッション (1978-1979)
  • ロス・レコード Ross Record - ギター/ボーカル (1979)
  • ボン・ロザガ Bon Lozaga - ギター (1979)
  • デメルザ Demelza - パーカッション (1980)
  • ブライアン・ホロウェイ Brian Holloway - ギター (1980)
  • チャーリー・マリアーノ - サックス (1980)
  • アケ・ツィーテン Ake Zieden - ギター (1986-1988)
  • マイケル・ジルカ Michaël Zilka - スティック (1986)
  • クリス・レディン Chris Rhedin - キーボード (1986)
  • レナ・アンダーソン Lena Andersson - ボーカル (1986)
  • ニーナ・アンダーソン Nina Andersson - ボーカル (1986)
  • アレックス・サンギネッティ Alex Sanguinetti - ドラムス (1988)
  • シモン・ポマーラ Simon Pomara - パーカッション (1988)
  • フランク・フィッシャー Frank Fischer - キーボード (1988)
  • ステファン・トラウプ Stefan Traub - パーカッション/キーボード (1988)
  • ミーハイル・オゴロドフ Meehail Ogorodov - キーボード/パーカッション/ボーカル (2002-2005)
  • アルカディ・クズネトゥソフ Arkady Kuznetsov - ギター (2002-2005)
  • アレクセイ・プレシュノフ Alexei Pleschunov - ベース (2002-2005)

ゴング・グローバル・ファミリー[編集]

パラゴング (Paragong 1973年)[編集]

若き日のスティーヴ・ヒレッジ(G) 1974年

1973年5月、リーダー デヴィッド・アレンとジリ・スマイスが一時離脱中だった期間に、残されたメンバーが立ち上げたバンド。ここでピエール・ムーランらが加入した。

メンバー[編集]

  • ディディエ・マレルブ Didier Malherbe - サックス/フルート
  • ティム・ブレイク Tim Blake - キーボード/ボーカル
  • スティーヴ・ヒレッジ Steve Hillage - リードギター/ボーカル
  • マイク・ハウレット Mike Howlett - ベース/ボーカル
  • ピエール・ムーラン Pierre Moerlen - ドラムス

プラネット・ゴング (Planet Gong 1977年, 1991年)[編集]

ゴング脱退後のデヴィッド・アレンが、妻・ジリ・スマイスと共に1977年に現場復帰して、パンク系バンド「ヒア & ナウ」とコラボした企画。

メンバー[編集]

  • デヴィッド・アレン Daevid Allen - ボーカル/ギター (1977, 1991)
  • ジリ・スマイス Gilli Smyth - ボーカル (1977)
  • キース・ベイリー Keith Bailey - ベース (1977, 1991)
  • ギャビン・ダ・ブリッツ Gavin Da Blitz - キーボード (1977)
  • キフ・キフ・ル・バットゥール Kifkif Le Batteur - ドラムス (1977)
  • シュテフィ・シャープストリングス - ギター (1991)
  • アンディ・ロイド Andy Roid - キーボード (1991)
  • ニック・ダンガー Nick Danger - ドラムス (1991)

マザー・ゴング (Mother Gong 1978年-2016年)[編集]

晩年のジリ・スマイス(Vo) 2009年

1978年、ゴングのボーカリスト ジリ・スマイスのソロプロジェクトから発展した、スマイス主宰のグループ。2016年、スマイスの死去により活動は終了した。

メンバー[編集]

  • ジリ・スマイス Gilli Smyth - ボーカル (1978-2016)
  • フランシス・ベザック François Bessac - ギター (1978)
  • ポール・サンチェス Paul Sanchez - ベース (1978)
  • ジャン=ポール・ビビニー Jean-Paul Vivini - キーボード (1978)
  • ジェリー・ハート Jerry Hart - ドラムス (1978)
  • ジョージ・ビショップ George Bishop - サックス (1978)
  • パトリック・メドウズ Patrick Meadows - キーボード (1978)
  • ハリー・ウィリアムソン Harry Williamson - キーボード (1979-91)
  • ディディエ・マレルブ Didier Malherbe - サックス/フルート (1979-81)
  • ガイ・エバンス Guy Evans - ドラムス (1980-81)
  • コンラッド・ヘンダーソン Conrad Henderson - ベース (1982-91)
  • ロバート・キャルバート Robert Calvert - サックス (1982-91)
  • ロブ・ジョージ Rob George - ドラムス (1982-91)
ほか

ニューヨーク・ゴング (New York Gong 1978年-1980年)[編集]

1978年にデイヴィッド・アレンが、アメリカニューヨークベーシストビル・ラズウェル等と共に結成したプロジェクト。

メンバー[編集]

  • デヴィッド・アレン Daevid Allen - ボーカル/ギター (1978-1980)
  • ビル・ラズウェル Bill Laswell - ベース (1978-1980)
  • クリフ・カルトレリ Cliff Cultreri - ギター (1978-1980)
  • ビル・ベーコン Bill Bacon - ドラムス (1978-1980)
  • フレッド・マーハー Fred Maher - ドラムス (1978-1980)
  • ドン・デイヴィス Don Davis - サックス/フルート (1979)
  • マーク・クレイマー Mark Kramer - キーボード (1979)

ゴングメゾン (Gongmaison 1989年, 1991年)[編集]

1989年、ピエール・ムーランズ・ゴングの活動停止を受けて、デイヴィッド・アレンが結成したゴング派生プロジェクトのひとつ。1990年代のアレンが主導する、ゴング復活の足掛かりとなった。

メンバー[編集]

  • デヴィッド・アレン Daevid Allen - ボーカル/ギター (1989, 1991)
  • ディディエ・マレルブ Didier Malherbe - サックス/フルート (1989, 1991)
  • キース・ベイリー Keith Bailey - ベース (1989, 1991)
  • グレアム・クラーク Graham Clark - ヴァイオリン (1989, 1991)
  • シャマル・メイトラ Shyamal Maïtra - パーカッション (1989, 1991)
  • ハリー・ウィリアムソン Harry Williamson - キーボード (1989)
  • ワンダナラ・ブルース Wandana Bruce - ボーカル (1989)
  • コンラッド・ヘンダーソン Conrad Henderson - ベース (1989)

ゴングジラ (Gongzilla 1994年- )[編集]

1994年、ピエール・ムーランズ・ゴングの元メンバー達が結成し、同グループの音楽スタイルを受け継いだバンド。

メンバー[編集]

  • ボン・ロザガ Bon Lozaga - ギター (1994- )
  • ハンスフォード・ロウ Hansford Rowe - ベース/ギター (1994- )
  • ブノア・ムーラン Benoit Moerlen - パーカッション (1994- )
  • ゲイリー・ハズバンド Gary Husband - ドラムス
  • ヴィック・スティーヴンス Vic Stevens - ドラムス
  • フィル・ケスター P​h​i​l​ ​K​e​s​t​e​r - ドラムス

アシッド・マザー・ゴング (2003年-2004年, 2007年)[編集]

2003年から、ジリ・スマイスとデイヴィッド・アレンに息子オーランド・アレン等を加え、アシッド・マザー・テンプルの河端一・吉田達也らとコラボレーションした、ゴング名義のプロジェクト。

メンバー[編集]

  • デヴィッド・アレン Daevid Allen - ボーカル/ギター
  • ジリ・スマイス Gilli Smyth - ボーカル
  • ジョシュ・ポロック Josh Pollock - リードギター (2003-2004, 2007)
  • ダルマワン・ブラッドブリッジ Dharmawan Bradbridge - ベース (2003-2004)
  • コットン・カジノ Cotton Casino - キーボード/ボーカル (2003-2004, 2007)
  • オーランド・アレン Orlando Allen - ドラムス (2003-2004)
  • 河端一 Kawabata Makoto - リードギター (2003-2004, 2007)
  • 東洋之 Hiroshi Higashi - キーボード (2003-2004, 2007)
  • 津山篤 Tsuyama Atsushi - ベース (2004, 2007)
  • 吉田達也 Tatsuya Yoshida - ドラムス (2004, 2007)
  • マルセロ・リンゲル Marcelo Ringel - サックス/フルート (2007)
  • ガブリエル・コスタ Gabriel Costa - ベース (2007)
  • フレッド・バーリ Fred Barley - ドラムス (2007)

作品[編集]

ゴング/ピエール・ムーランズ・ゴング名義[編集]

※はピエール・ムーランズ・ゴング名義

スタジオアルバム
  • マジック・ブラザー - Magick Brother (1969年)
  • バナナ・ムーン - Bananamoon (1971年) - デビッド・アレンのソロ
  • カマンベール・エレクトリック - Camembert Electrique (1971年)
  • フライング・ティーポット - Flying Teapot (1973年)
  • エンジェルズ・エッグ - Angel's Egg (1973年)
  • ユー - You (1974年)
  • シャマール - Shamal (1975年) - ピンク・フロイドニック・メイスンがプロデュース
  • ガズース! - Gazeuse! (1977年) - US盤Expressoのタイトルでも知られる
  • Expresso II (1978年)
  • Downwind (1979年)※
  • Time is the Key (1979年)※
  • Breakthrough (1986年)※
  • Second Wind (1988年)※
  • Zero to Infinity (2000年)
  • Acid Motherhood (2004年・後のAcid Mothers Gong)
  • Pentanine (2005年)※
  • 2032 (2009年)
  • I See You (2014年)
  • Rejoice! I'm Dead! (2016年)
ライブ・アルバム
  • Live etc (1977年) - 1973年から1975年にかけてのライヴを編集したアルバム
  • ゴングは死んだ! - Gong Est Mort (1977年) - Live etcを許可無くリリースしたレコード会社に反発し、バンド側名義でリリース
  • Pierre Moerlen's Gong: Live (1980年)※
  • Leave It Open (1981年)※
  • Shapeshifter (1992年)
  • Full Circle Live '88 (1998年)※
  • Live to Infinity (2001年)
  • Live in Sherwood Forest '75 (2005年)
  • ほか

ゴング・グローバル・ファミリー名義[編集]

パラゴング
  • Live 1973 (1995年) - ライブ
プラネット・ゴング (ヒア & ナウ)
  • Floating Anarchy Live 1977 (1978年) - ライブ
  • Live Floating Anarchy 1991 (1992年) - ライブ
マザー・ゴング
  • Mother (1978年) - ジリ・スマイスのソロ
  • Fairy Tales (1979年)
  • Robot Woman (1981年)
  • Robot Woman 2 (1982年)
  • Robot Woman 3 (1986年)
  • Fish in the Sky (1988年)
  • The Owl and the Tree (1990年)
  • Wild Child (1991年)
  • She Made the World Magenta (1993年)
  • Eye (1994年)
  • Tree in Fish (1994年)
  • I Am Your Egg (2005年)
  • Glastonbury '79–'81 (2005年) - ライブ
  • Mothergong O Amsterdam (2007年) - ライブ
ニューヨーク・ゴング
  • About Time (1980年)
  • Live In The USA (1992年) - 1979年ライブ
ゴングメゾン
  • Gongmaison (1989年)
ゴングジラ
  • SUFFER (1995年)
  • THRIVE (1996年)
  • EAST VILLAGE SESSIONS (2003年) - ライブ
  • Five Even (2008年)
アシッド・マザー・ゴング
  • Acid Mothers Gong Live Tokyo (2006年) - ライブ

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ イギリス生まれで、ソルボンヌ大学で英語学の教職に就いていた

出典[編集]