マイク・ラザフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイク・ラザフォード
Mike Rutherford
Wiesbaden Stadtfest 2013 Mike+The Mechanics Mike Rutherford 4.JPG
マイク・アンド・ザ・メカニックス - ドイツ・ヴィースバーデン公演(2013年9月)
基本情報
出生名 Michael John Cleote Crawford Rutherford
生誕 (1950-10-02) 1950年10月2日(68歳)
イングランドの旗 イングランドポーツマス
出身地 サリー州ゴダルマイニング
ジャンル プログレッシブ・ロック
ポップロック
ソフトロック
職業 ミュージシャンギタリストベーシストソングライター
担当楽器 ギターベース
活動期間 1967年 - 現在
共同作業者 ジェネシス
マイク&ザ・メカニックス
公式サイト Mike & The Mechanics - Facebook

マイク・ラザフォード(Mike Rutherford、1950年10月2日 - )は、イングランド出身のミュージシャンソングライター

世界的なプログレッシブ・ロックバンドジェネシス」の創設メンバーとして活躍。また、ロックバンド「マイク&ザ・メカニックス」の主宰も務めている。

ジェネシスでの活動[編集]

トニー・バンクスと共にデビュー時からバンドに在籍。ジェネシスにおいて当初はベーシスト兼サイドギタリストとして活躍していたが、ギタリストのスティーヴ・ハケット脱退に伴い、リードギターも兼任するようになった。ギターのテクニック的には決して派手さはないが、コードに囚われない複雑なベースラインや12弦ギター&ベースダブルネックを駆使してバンドを支え続けている。

ソロ活動とマイク・アンド・ザ・メカニックス[編集]

ジェネシス以外の活動では、個人名義で『スモールクリープス・デイ』と『眩惑のマクシーン』というソロ・アルバムを2枚発表しているが、それ以降は1985年に結成したマイク&ザ・メカニックスMike + The Mechanics)というグループで現在まで活動を続けている。

マイク・アンド・ザ・メカニックスのシングル「サイレント・ランニング」(Silent Running(On Dangerous Ground))は、全米シングル・チャートで6位を記録した。また「ミラクル」(All I Need Is A Miracle)は全米シングル・チャートの5位、1989年に発表した「リヴィング・イヤーズ」(The Living Years)は、全米シングル・チャートで1位を獲得する大ヒットとなった。

作品[編集]

ソロアルバム[編集]

  • 『スモールクリープス・デイ』 - Smallcreep's Day (1980年)
  • 『眩惑のマクシーン』 - Acting Very Strange (1982年)

マイク&ザ・メカニックス[編集]

  • 『マイク & ザ・メカニックス』 - Mike + The Mechanics (1985年) ※邦盤はソロ名義
  • 『リヴィング・イヤーズ』 - Living Years (1988年)
  • 『ワード・オブ・マウス』 - Word Of Mouth (1991年)
  • 『黄金の浜辺にて』 - Beggar On A Beach Of Gold (1995年)
  • 『マイク & ザ・メカニクス・ヒッツ!』 - Hits (1996年) ※ベスト盤
  • 『マイク & ザ・メカニックス』 - Mike & The Mechanics (M6) (1999年)
  • 『リワイアード』 - Rewired (2004年) ※マイク + ザ・メカニックス・アンド・ポール・キャラック名義
  • The Road (2011年)
  • 『シングルズ 1985-2014』 - The Singles 1985-2014 (2014年) ※ベスト盤
  • Let Me Fly (2017年)[1]

脚注[編集]

  1. ^ マイク&ザ・メカニックスが6年ぶりの新アルバム『Let Me Fly』を4月発売”. amass (2017年2月10日). 2018年6月11日閲覧。

外部リンク[編集]