ジョン・シルヴァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョン・シルヴァー
John Silver
Johnathan Silver Genesis.jpg
基本情報
出生名 Jonathan Silver
生誕 1950年
出身地 イングランドの旗 イングランド
ジャンル ロックプログレッシブ・ロック
職業 ミュージシャン
担当楽器 ドラム、パーカッション
共同作業者 ジェネシス

ジョン・シルヴァーJohn Silver1950年 - )は、イングランドのロック・バンド、ジェネシスの2番目のドラマーを務めた。1968年夏にクリス・スチュワートの後任となり、彼らの最初のフル・アルバム『創世記』、そしてコンピレーション・アルバム『アーカイヴ 1967-1975』に登場している。彼は1969年8月にバンドを脱退し、コーネル大学で勉強するために離脱した後に、ジョン・メイヒューが代わって加入した[1]

シルヴァーは、オックスフォードにあるセントエドワード・スクールで教育を受けており、ジェネシスはオックスフォードの彼の実家でリハーサルをしたこともあった[2]

シルヴァーは妻のルーシーと子供たちのレオ、マックス、リビーと一緒にロンドンで生活している。シルヴァーは1980年代にロンドンのテムズ・テレビジョンで短期間働いた。

1973年、アンソニー・フィリップスマイク・ラザフォードフィル・コリンズが「Silver Song」と呼ばれるシルヴァーに捧げる曲を録音した[3]。この録音と別ヴァージョンの曲は、フィリップスのアルバムに収録されている。シルヴァーは、フィリップスのアルバム『アーカイブ・コレクション・ヴォリュームII』に登場する1973年のレコーディング「Fantomas Opening Theme」に参加している。

ディスコグラフィ[編集]

ジェネシス[編集]

  • 創世記』 - From Genesis to Revelation (1969年)

脚注[編集]

  1. ^ Genesis on Trespass Complete Interview 3 of 3”. YouTube (2011年11月23日). 2020年5月14日閲覧。
  2. ^ Easlea, Daryl, Without Frontiers: The Life & Music of Peter Gabriel
  3. ^ Frequently Asked Questions”. Anthonyphillips.co.uk. 2011年10月26日閲覧。

外部リンク[編集]