シーズ・オール・ザット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シーズ・オール・ザット
She's All That
監督 ロバート・イスコヴ英語版
脚本 R・リー・フレミング・Jr.
製作 ピーター・エイブラムズ
ロバート・L・レヴィ
リチャード・N・グラッドスタイン
製作総指揮 ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
出演者 フレディ・プリンゼ・Jr.
レイチェル・リー・クック
音楽 スチュワート・コープランド
撮影 フランシス・ケニー
編集 ケイシー・O・ロアーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 松竹
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年1月29日
日本の旗 2000年7月1日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $103,166,989[1]
アメリカ合衆国の旗 $63,366,989[1]
テンプレートを表示

シーズ・オール・ザット』(原題: She's All That)は1999年製作のアメリカ映画。主演。主題歌はシックスペンス・ノン・ザ・リッチャーの『Kiss Me』。ティーン・エイジャーを中心に評判を呼び、予想外のヒット作となった。

性別を変更したリメイク版『ヒーズ・オール・ザット』が2021年8月27日にNetflixにて配信された。本作に出演したレイチェル・リー・クックマシュー・リラードが別役で出演している。

あらすじ[編集]

生徒会長で学校一ハンサムなザックは、プロム(卒業記念ダンスパーティー)の直前にガールフレンドのテイラーに振られてしまう。そんなザックに友人のディーンは「学校一冴えない女の子をプロム・クィーンに出来るか?」という賭けをもちかける。その賭けの対象になったのは黒縁メガネで根暗なレイニーだった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

スタッフ[編集]

  • 監督:ロバート・イスコヴ英語版
  • 製作:ピーター・エイブラムズ、ロバート・L・レヴィ、リチャード・N・グラッドスタイン
  • 脚本:R・リー・フレミング・Jr.
  • 製作総指揮:ボブ・ワインスタイン、ハーヴェイ・ワインスタイン
  • 共同制作総指揮:ジル・ソベル・メシック、ジェレミー・クラマー

脚注[編集]

  1. ^ a b c She's All That (1999)”. Box Office Mojo. IMDB. 2011年6月12日閲覧。

外部リンク[編集]