I love ペッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
I love ペッカー
Pecker
監督 ジョン・ウォーターズ
脚本 ジョン・ウォーターズ
製作 ジョン・フィードラー
マーク・ターロフ
出演者 エドワード・ファーロング
クリスティーナ・リッチ
リリ・テイラー
音楽 スチュワート・コープランド
撮影 ロバート・スティーヴンス
製作会社 ポーラ・エンターテインメント作品[1]
配給 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年9月16日
日本の旗 1999年10月30日
上映時間 87分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $6,000,000
テンプレートを表示

I love ペッカー』(Pecker)は1998年に制作され、日本1999年に公開されたアメリカ映画

ストーリー[編集]

ストーリーは、監督のウォーターズ自身の自伝的内容。

ボルチモアのハンバーガー・ショップで働くペッカー(エドワード・ファーロング)は、写真を撮るのが趣味のカメラ小僧。彼はボルチモアの街並や、周りにいる変な人々を被写体としていた。そんなとき、ハンバーガーショップに飾ってあった彼の作品 - ストリッパーの局部を写したもの - があるアート・ディーラーの目に留まり、ニューヨークで個展が開かれ、ペッカーは一躍アート・シーンの有名人となる。しかし、それがもとで町に騒動が起きる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

脚注[編集]

外部リンク[編集]