パット・マステロット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パット・マステロット
Pat Mastelotto
Pat Mastelotto (2941840100).jpg
パット・マステロット(2008年)
基本情報
出生名 Lee Patrick Mastelotto[1]
生誕 (1955-09-10) 1955年9月10日(63歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州チコ
ジャンル ロック
プログレッシブ・ロック
職業 ドラマー
担当楽器 ドラムスパーカッション
共同作業者 Mr.ミスター
キング・クリムゾン
KTU
公式サイト www.patmastelotto.com

パット・マステロット(Pat Mastelotto、1955年9月10日 - )は、アメリカ合衆国ドラマー1984年Mr.ミスターのメンバーとしてデビューした後、キング・クリムゾン等で活動。

来歴[編集]

KTU時代(2005年)
愛用の「ドラム・ワークショップ」製ドラムセット

カリフォルニア州チコ出身。10歳でドラムを始め、その後ロサンゼルスに移る。1980年代に入ると本格的にスタジオ・ミュージシャンとして活動。1981年日本武道館で行われた第12回世界歌謡祭に、ホリー・ペンフィールドのバック・バンドの一員として出演し、当時スーパースランプで活動していたサンプラザ中野のパフォーマンスに注目して、親交を深めるに至ったというエピソードがある[2]

1983年Mr.ミスターを結成し、同バンドは1984年にデビュー、1985年発表のセカンド・アルバム『ウェルカム・トゥ・ザ・リアル・ワールド』がBillboard 200で1位を獲得しブレイクを果たした。バンドと並行してスタジオ・ミュージシャンとしての活動も続け、ポインター・シスターズエディ・マネーパティ・ラベルケニー・ロギンスXTC等のレコーディングに参加[3]

Mr.ミスターが1989年に解散してからは、ホール&オーツロビン・ヒッチコック等との共演を経て、1993年デヴィッド・シルヴィアンロバート・フリップのプロジェクトであるシルヴィアン&フリップのツアー・メンバーとなる。その後、ロバートの教え子であるギタリスト、スティーヴ・ボールと共にプロメテウスを結成し、1994年に唯一のアルバム『火神プロメテウスの物語』を発表[4]。同時期にキング・クリムゾンに加入、ビル・ブルーフォードとのツイン・ドラムを披露した。1997年から1999年にかけて、キング・クリムゾンがプロジェクトに分裂していた時期は、プロジェクト3『マスク』とプロジェクト4『ウェスト・コースト・ライヴ』に参加。その後ビル・ブルーフォードがキング・クリムゾンを脱退したため、以後はパットが単独でドラムを担当。

パットはその後も、キング・クリムゾンと並行して様々なミュージシャンと共演。1999年、マスティカ(Mastica)というスリー・ピース・バンドを結成し、アルバム『99』発表。2001年には、キング・クリムゾンの作品でも共同作業をしたレコーディング・エンジニアのビル・マニヨンと共にBPM & Mというユニットを結成し、アルバム『エクストラクツ&アーティファクツ』発表[4]。また、ロバート・フリップの教え子のギタリスト3人によるバンド、カリフォルニア・ギター・トリオの作品『CG3 + 2』(2002年)に、トニー・レヴィンと共にゲスト参加。2004年以降は、フィンランドアコーディオン奏者キンモ・ポーヨネン等と結成したユニット、KTUでも活動[5]2007年には、スウェーデンのプログレッシヴ・ロック・バンド、フラワー・キングスにツアー・メンバーとして一時加入[6]

2008年、キング・クリムゾンにギャヴィン・ハリソン(ポーキュパイン・トゥリー)が加入し、バンドはパットとギャヴィンのツイン・ドラム編成となった。また、2008年から2010年にかけて、アラン・ホールズワーステリー・ボジオ、トニー・レヴィンとの連名バンド(HoBoLeMaとも称される)でもツアーを行い、2008年11月からの、ボジオの日本公演にスペシャル・ゲストの1人として参加[7]

2010年6月、同僚のトニー・レヴィン等と結成したトリオ編成のバンド「スティック・メン(Stick Men)」のツアーで来日[8]

2015年12月、再始動したキング・クリムゾンの公演で来日[9]

ディスコグラフィ[編集]

Mr.ミスター[編集]

詳しくは「Mr.ミスター#ディスコグラフィ」を参照
  • 『アイ・ウェア・ザ・フェイス』 - I Wear the Face (1984年)
  • 『ウェルカム・トゥ・ザ・リアル・ワールド』 - Welcome to the Real World (1985年)
  • 『ゴー・オン』 - Go On... (1987年)
  • 『PULL』 - Pull (2010年)

プロメテウス[編集]

  • 『火神プロメテウスの物語』 - Prometheus(1994年)

キング・クリムゾン[編集]

詳しくは「キング・クリムゾンの作品」を参照

プロジェクト[編集]

詳しくは「プロジェクト (バンド)#ディスコグラフィ」を参照
  • 『マスク』 - Masque (1999年) ※プロジェクト3名義
  • 『ウェスト・コースト・ライヴ』 - West Coast Live (1999年) ※プロジェクト4名義
  • 『ヘヴン・アンド・アース』 - Heaven and Earth (2000年) ※プロジェクトX名義

BPM & M[編集]

  • 『エクストラクツ&アーティファクツ』 - XtraKcts & ArtifaKcts (2001年)

KTU[編集]

  • 『8 ARMED MONKEY』 - 8 Armed Monkey (2005年)
  • 『QUIVER』 - Quiver (2009年)

スティック・メン[編集]

  • Stick Men [A special edition] (2009年)
  • 『スープ』 - Soup (2010年)
  • Absalom EP (2011年)
  • Live In Montevideo 2011 (2011年)
  • Live In Buenos Aires 2011 (2011年)
  • Open (2012年)
  • Deep (2013年)
  • Power Play (2014年)
  • Unleashed: Live Improvs 2013 (2014年)
  • 『ライヴ・イン・トーキョー 2015』 - Midori: Live In Tokyo (2016年) ※デヴィッド・クロス参加
  • 『プログ・ノワール』 - Prog Noir (2016年)
  • 『六本木 - ライヴ・イン・トーキョー 2017』 - Roppongi - Live In Tokyo 2017 (2017年) ※メル・コリンズ参加

脚注[編集]

外部リンク[編集]