ジェイミー・ミューア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジェイミー・ミューア(Jamie Muir)は、イギリススコットランドエディンバラ出身の画家。元ミュージシャン。

概略[編集]

ジェイミー・ミューアはスコットランドエディンバラにて生まれる。生年非公開。1960年代前半にエジンバラ芸術大学在籍中、当初はピアノを学び、別の学校ではフレンチホルンも勉強した。ジャズに興味を持って以降はトロンボーンと打楽器演奏をはじめ、トロンボーンを諦めると次にドラムを始め、 ドラム練習では当初ケニー・クラークやトニー・ウィリアムス等のジャズスタイルをコピーし練習した。アルバート・アイラー、ファラオ・サンダースに興味を持ち始めるとミルフォード・グレイブスの演奏に惹かれ打楽器の即興を志向。地元バンドのアサシネイション・アテンプトにトロンボーンで参加、フリー・ジャズを演奏し始めた。1965年エジンバラ芸術大学でのエジンバラフェスティバルにロンドンからミュージシャンが演奏に訪れ、ミューアはバックで演奏。バーニー·グリーンの演奏でミューアは客演ギタリストのデレク・ベイリーと共演し、彼からロンドンへ出てくるように勧められた。

ロンドンへ出たミューアは、一週間振付師・舞踏家リンゼイ・ケンプの公演にデレク・ベイリー(Derek Baily)、エヴァン・パーカーらと参加。またロンドンではピート・ブラウン&ピブロクトにパーカッションとドラムスとして加入、フリーなバンド演奏スタイルで1968年7月まで在籍。1968年、ミュージック・インプロヴァイゼイション・カンパニー(MIC)を結成。ミューアは1971年まで関与している。1969年7月、ハイドパークでのフリーコンサート、ブライアン・ジョーンズ追悼公演でキング・クリムゾンを観客として目撃した。ピート・ブラウン・バタード・オーナメンツのエジンバラ・フェスティバルでの演奏にも参加。元コロシアムのギタリストのジム・ローチェとサキソフォン奏者ドン・ウェラーとベース奏者ジェイミー・ピータースのバンド、ボリスに誘われ加入[1]。過激で暴力的なパフォーマンスを見せた。1971年、ミュージック・インプロヴァイゼイション・カンパニー(MIC)を離れ、ヘヴィ・アフリカン・エンヴェロープを率いてコンサート活動を開始。

1972年、当時関わっていたアサガイで知り合ったアラン・ゴウエンらとサンシップ(Sunship)というグループを結成する。この年4月キング・クリムゾンが空中分解し新しくメンバーを探していたロバート・フリップにメロディメーカー誌リチャード・ウィリアムスがミューアを紹介。フリップらとのジャム・セッションの後にキング・クリムゾンへ加入。新ラインナップでライブを繰り返した後にアルバム太陽と戦慄を制作。クリムゾン在籍当時、インドの宗教家パラマハンサ・ヨガナンダ『あるヨギの自叙伝』に深い影響を受け、クリムゾンのマネージメントEGに脱退を申し入れた。その後、1980年頃までミューアはスコットランドやフランス、インド等で仏教修行に入った。帰国後、友人からまた音楽をやろうと誘われ活動を再開。デレク・ベイリー、エヴァン・パーカー等といくつかの作品を残している。1983年にはデヴィッド・カニンガムの呼びかけで映画音楽制作にマイケル・ジャイルズらと参加(CDでの発売は1995年)。1980年代末にはシーケンサーや一部楽器以外の機材を渡米の為に売り払ってしまった。元々デレク・ベイリーやカンパニー作品でアルバムアートを手掛けていたのもあったが、この頃画家に転身している。

ディスコグラフィ[編集]

キング・クリムゾン[編集]

  • Larks' Tongues In Aspic(1973)
  • The Beat Club Bremen 1972(1999)
  • Live At The Zoom Club 1972(2002)
  • Live In Guildford 1972(2003)

その他[編集]

  • The Music Improvisation Company / The Music Improvisation Company(1970)
  • The Music Improvisation Company / 1968-1971(1976)
  • Derek Bailey, Jamie Muir / Dart Drug(1981)
  • Company / Trios(1986)
  • Richard Strange & The Engine Room / Going, Gone(1986)
  • Jamie Muir Michael Giles David Cunningham / Ghost Dance(1995)※1983年の録音
  • Evan Parker / The Ayes Have It(2001)※1983年の演奏
  • Laurie Scott Baker / Gracility(2009)※キング・クリムゾン加入以前のライブ音源

脚注[編集]

  1. ^ 米映画会社の呼びかけでデモテープも作ったが、映画会社の倒産で頓挫した。『MARQEE別冊キング・クリムゾン』(1995年)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『キング・クリムゾン―至高の音宇宙を求めて』(新興楽譜出版社、1981年6月)
  • 『MARQEE 別冊 キング・クリムゾン』(マーキームーン社、1995年)
  • 『クリムゾン・キングの宮殿 風に語りて』シド・スミス著(ストレンジ・デイズ、2007年7月)
  • 『デレク・ベイリー…インプロヴィゼーションの物語』ベン・ワトソン著(工作舎、2014年1月)