エピタフ (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エピタフ
キング・クリムゾン楽曲
収録アルバム クリムゾン・キングの宮殿
リリース 1969年10月12日
録音 1969
ジャンル プログレッシヴ・ロック
時間 8分47秒
レーベル アトランティック・レコード
作曲者 ロバート・フリップ
イアン・マクドナルド
グレッグ・レイク
マイケル・ジャイルズ
プロデュース キング・クリムゾン
  1. "21世紀の精神異常者"
  2. "風に語りて"
  3. "エピタフ"
  4. "ムーンチャイルド"
  5. "クリムゾン・キングの宮殿"

エピタフ」 (Epitaph) は、キング・クリムゾンによる1969年の楽曲である。シングルカットされた訳ではないが、歌詞の幻想的な世界観、叙情的なメロディで人気が高く[1]、初期のキング・クリムゾンの代表曲とされる。キング・クリムゾンのデビュー・アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』に収録されている。

パンクレーベル「エピタフ・レコード」はこの曲から名付けられた[2]

エマーソン・レイク・アンド・パーマーは、この曲を「タルカス」の「戦場」ライブヴァージョンに組み込んだ。

日本の歌手にもこの曲のファンが多く、ザ・ピーナッツフォーリーブス西城秀樹らがカバーしている[1]

パーソナル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 世界への悲観を描いた「エピタフ」と、それに共鳴した日本の歌い手たち”. TAP the POP (2015年1月29日). 2016年6月7日閲覧。
  2. ^ The Oral History of Epitaph Records”. SPIN (2010年10月19日). 2016年6月7日閲覧。