ケニー・カークランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケニー・カークランド
Kenny Kirkland
出生名 Kenneth David Kirkland
生誕 (1955-09-28) 1955年9月28日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ブルックリン
死没 (1998-11-11) 1998年11月11日(43歳没)
担当楽器 ピアノキーボード
活動期間 1973年 - 1998年
レーベル A&MGRP

ケニー・カークランドKenny Kirkland1955年9月28日 - 1998年11月11日)は、アメリカ合衆国ピアノキーボード奏者。ニックネームはDoc Tone。スティングブランフォード・マルサリスウィントン・マルサリスらとの共演にて知られている。

略歴[編集]

ニューヨーク州ブルックリンのニューポート行政区にて生まれる。初めてピアノの鍵盤に触れたのは僅か6歳の時だった。カトリック系の学校を経てマンハッタン音楽学校に進み、そこでクラシックの演奏技術や理論および編曲を学んだ。その後、教鞭を執った時期もあったがプロに転向。1977年にはポーランド人ヴァイオリニストであるマイケル・ウルバニアクのグループへの参加などを皮切りに活動を開始した。その後は、ミロスラフ・ヴィトウスとのギグにも参加し、これはECMレコードから『ファースト・ミーティング』や『ミロスラフ・ヴィトウス・グループ』といったアルバムとして発売された。

その後も著名なアーチストとの共演を多くこなした。ドン・アライアスカーラ・ブレイテレンス・ブランチャードマイケル・ブレッカースタンリー・クラーク、ウルシュラ・ドゥヂアク(en)、ケヴィン・ユーバンクス(en)チャールズ・ファンブロー、チコ・フリーマン(en)ケニー・ギャレットディジー・ガレスピーエルヴィン・ジョーンズスタンリー・ジョーダンアルトゥーロ・サンドヴァルジョン・スコフィールドトム・スコット、アーニー・ワッツ(en)ジェフ・テイン・ワッツマーク・ホイットフィールドらが、彼とレコーディングで共演したアーチストとして列挙される。ジャズ系以外にも、ベン・E・キング、アンジェラ・ボフィル(en)ユッスー・ンドゥールスティーヴン・スティルスデヴィッド・クロスビーとの共演もこなしている。

1979年から1981年にかけては日野皓正のグループに加わり、日本のジャズ・ミュージシャンとの親交を深めた。のち、ウィントン・マルサリスとの共演やブランフォード・マルサリス・カルテットへの加入が縁となり、ソロ活動を始めたスティングのレコーディングやステージのレギュラーメンバーとなる。

突然の死は、薬物のオーバードースによるとの説もあるが真偽は不明。サポートメンバーながら高い評価を得たケニーだったが、彼自身の名を冠したアルバムは『ケニー・カークランド・デビュー!』の1作品だけとなってしまった。

スティングは自身のライブ・アルバム『オール・ディス・タイム』(2001年)収録曲である「ディエンダ (Dienda)」でケニーをトリビュートしている。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • 『ケニー・カークランド・デビュー!』 - Kenny Kirkland (1991年、GRP Records)

参加アルバム[編集]

ウィントン・マルサリス

ブランフォード・マルサリス

  • 『シーンズ・イン・ザ・シティ』 - Scenes In The City (1984年、Columbia)
  • 『ロイヤル・ガーデン・ブルース』 - Royal Garden Blues (1986年、Columbia)
  • 『ルネッサンス』 - Renaissance (1987年、Columbia)
  • 『ランダム・アブストラクト』 - Random Abstract (1987年、Sony)
  • 『クレイジー・ピープル・ミュージック』 - Crazy People Music (1990年、Sony)
  • 『ブルース・ウォーク』 - I Heard You Twice the First Time (1992年、Sony)
  • 『レクイエム~ケニー・カークランドに捧ぐ』 - Requiem (1999年、Sony) ※没後

その他[編集]

外部リンク[編集]