デイヴ・ウェックル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デイヴ・ウェックル
Dave Weckl
Dave Weckl Kongsberg Jazzfestival 2018 (171010).jpg
デイブ・ウェックル(2018年)
基本情報
生誕 (1960-01-08) 1960年1月8日(61歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミズーリ州セントルイス
ジャンル フュージョン、ポスト・バップ
職業 ミュージシャン
担当楽器 ドラム、パーカッション
活動期間 1981年 -
レーベル GRPレコードストレッチ・レコード
公式サイト www.daveweckl.com
デイブ・ウェックル

デイヴ・ウェックルDave Weckl1960年1月8日 - )は、アメリカフュージョンドラマー

略歴[編集]

ミズーリ州セントルイスに生まれる。音楽好きの両親の影響で8歳よりドラムを始める。1980年代前半より、スタジオワークを中心に活躍。ポール・サイモンのバックを務めたり、ミシェル・カミロのデビュー・アルバムに参加したりした。1985年、マイケル・ブレッカーの紹介によりチック・コリアの「チック・コリア・エレクトリック・バンド」に抜擢され、ベーシストのジョン・パティトゥッチと共に一躍注目を浴びる。

1990年にソロとしてのデビュー・アルバム『マスター・プラン』を発表。1991年にチックの元を離れてからも、マイク・スターンなど様々なミュージシャンのサイドマンを務め、1998年、デイヴ・ウェックル・バンド名義のファースト・アルバム『リズム・オブ・ザ・ソウル』を発表。以後着実にバンドとしての活動を続ける。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

ソロ・アルバム

  • 『マスター・プラン』 - Master Plan (1990年、GRP)
  • 『ヘッズ・アップ』 - Heads Up (1992年、GRP)
  • 『ハード・ワイアード』 - Hard Wired (1994年、GRP)

デイヴ・ウェックル・バンド

  • 『リズム・オブ・ザ・ソウル』 - Rhythm of the Soul (1998年、Stretch)
  • 『シナジー』 - Synergy (1999年、Stretch)
  • 『トランジション』 - Transition (2000年、Stretch)
  • The Zone (2001年、Stretch)
  • 『パーペチュアル・モーション』 - Perpetual Motion (2002年、Stretch)
  • Live (And Very Plugged In) (2003年、Stretch)
  • 『マルティプリシティ』 - Multiplicity (2005年、Stretch)

デイヴ・ウェックル & ジェイ・オリヴァー

  • Convergence (2014年)

デイヴ・ウェックル・アコースティック・バンド

参加アルバム[編集]

チャック・ローブ & アンディ・ラヴァーン

  • Magic Fingers (1989年、DMP)

GRPオールスター・ビッグ・バンド

  • 『GRPオールスター・ビッグ・バンド・プレイズ・ジャズ・スタンダーズ』 - GRP All-Star Big Band (1992年、GRP)
  • 『ライヴ・イン・ジャパン!』 - Dave Grusin Presents GRP All-Star Big Band Live! (1993年、GRP)
  • 『オール・ブルース』 - All Blues (1995年、GRP)

J. K. Special

  • J. K. Special Featuring Dave Weckl (1993年、Lipstick)

クリス・ミン・ドーキー

  • The Board Tapes - CMD & The Nomads Live' (2014年、Red Dot)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]