チャック・ローブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャック・ローブ
Chuck Loeb
出生名 Charles Samuel Loeb
生誕 (1955-12-07) 1955年12月7日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州
死没 (2017-07-31) 2017年7月31日(61歳没)
ジャンル ジャズフュージョン
職業 ミュージシャン、作曲家、音楽プロデューサー、アレンジャー
担当楽器 ギター
活動期間 1970年代 - 2017年
レーベル ジャズ・シティ/ポニーキャニオン
DMP
シャナキー
ヘッズ・アップ
共同作業者 スタン・ゲッツ
ステップス・アヘッド
メトロ
フォープレイ

チャック・ローブChuck Loeb1955年12月7日 - 2017年7月31日[1])は、アメリカ出身のスムーズジャズ/フュージョンで活動したギタリストで音楽プロデューサー。

自己バンドであるメトロや、2010年からはフォープレイにも参加した。

略歴[編集]

ニューヨーク州サフロン生まれ。11歳よりギターを弾き始め、16歳よりジャズを弾き始める。バークリー音楽院に通い、パット・メセニージム・ホールジョー・ピューマからレッスンを受ける。しかし、勉強に行き詰まり、2年後には退学し、ニューヨークに戻る。

ニューヨークではフリーランスで活動し、ヒューバート・ロウズチコ・ハミルトンジョー・ファレル等とセッションをしていた。1979年にはサックス奏者スタン・ゲッツのバンドにも2年間参加。この頃、シンガー・ソングライターのカーメン・クエスタと出会い、結婚する。以後もステップス・アヘッド(1985年-1987年)への参加や、サックス奏者のビル・エヴァンスや、ボブ・ジェームス等のミュージシャンとセッションをし、キャリアを重ねる。

1989年に日本のポニーキャニオンのレーベル、ジャズ・シティよりデビュー・アルバム『マイ・シャイニング・アワー』をリリース。DMPに移ってからは6枚のアルバムを残す。1994年にはマイケル・フォーマンとのフュージョン・バンド、メトロをスタートする。1996年にはシャナキーに移籍する。

2007年よりヘッズ・アップに移籍、アルバム『プレゼンス』を発表。2009年に『ビトゥイーン・トゥー・ワールズ』を発表し、同年にこの新譜を引提げてトリオで来日公演を行った。

2010年2月15日には、ベテラン・ジャズ・ミュージシャンによるバンド、フォープレイに、ラリー・カールトンに替わり加入したことを発表[2] [3]。4月よりライブ活動を開始、その後アルバムの制作も開始[4]、アルバム『レッツ・タッチ・ザ・スカイ』を発表した。

2011年にはTweetyに移り、7月にアルバム『Plain N' Simple』を発表。2013年発表の『シルエット』は、THE APPRECIATION BAND、THE FAMILY BAND、THE DECEMBER 7TH BAND、THE MUSIGRAMA ALL-STARSという4つのバンド編成によるアルバムとなる。

2017年7月31日に、61歳で悪性腫瘍により亡くなった。[1]

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • 『マイ・シャイニング・アワー』 - My Shining Hour (1989年、Jazz City/Pony Canyon)
  • Magic Fingers (1989年、DMP) ※with アンディ・ラヴァーン
  • Life Colors (1990年、DMP)
  • 『バランス』 - Balance (1991年、DMP)
  • Mediterranean (1992年、DMP)
  • Simple Things (1994年、DMP)
  • The Music Inside (1996年、Shanachie)
  • 『ニューヨーク25時』 - The Moon, the Stars and the Setting Sun (1998年、Shanachie)
  • 『リッスン』 - Listen (1999年、Shanachie)
  • 『イン・ア・ハートビート』 - In a Heartbeat (2001年、Shanachie)
  • 『オール・ゼア・イズ』 - All There Is (2002年、Shanachie)
  • 『イーバップ』 - eBop (2003年、Shanachie)
  • When I'm with You (2005年、Shanachie)
  • 『プレゼンス』 - Presence (2007年、Heads Up)
  • #1 Smooth Jazz Radio Hits (2009年、Shanachie)
  • 『ビトゥイーン・トゥー・ワールズ』 - Between 2 Worlds (2009年、Heads Up)
  • Plain N' Simple (2011年、Tweety)
  • 『シルエット』 - Silhouette (2013年、Shanachie)
  • Jazz Funk Soul (2014年、Shanachie) ※with ジェフ・ローバーエヴァレット・ハープ
  • Bridges (2015年、Shanachie) ※with エリック・マリエンサル
  • More Serious Business (2016年、Shanachie) ※with ジェフ・ローバー、エヴァレット・ハープ
  • 『アンスポークン』 - Unspoken (2016年、Shanachie)

メトロ[編集]

  • Metro (1994年、Lipstick)
  • Tree People (1995年、Lipstick)
  • 『メトロカフェ』 - Metrocafé (2000年、Hip Bop)
  • 『グレープヴァイン』 - Grapevine (2002年、Silva Screen, Hip Bop)
  • Live At The A-Trane (2004年、Marsis Jazz)
  • Express (2007年、Marsis Jazz)
  • Big Band Boom (2015年、Jazzline)

The Fantasy Band[編集]

  • The Fantasy Band (1993年、DMP)
  • Sweet Dreams (1994年、DMP)
  • The Kiss (1997年、Shanachie)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]