ジョー・ファレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョー・ファレル
Joe Farrell
JoeFarrell 1985.jpg
ニューヨーク、ラッシュ・ライフにおけるジョー・ファレル。1985年撮影。
基本情報
出生名 Joseph Carl Firrantello
生誕 (1937-12-16) 1937年12月16日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州シカゴハイツ
死没 (1986-01-10) 1986年1月10日(48歳没)
ジャンル ハード・バップフュージョンジャズ・ファンク
担当楽器 テナー・サックス、ソプラノ・サックス、フルート
レーベル CTIWarner Bros.、Xanadu、Timeless

ジョー・ファレルJoe Farrell、本名:Joseph Carl Firrantello、1937年12月16日 - 1986年1月10日[1])は、アメリカ合衆国ジャズのテナー・サックス、ソプラノ・サックス、フルート奏者、作曲家。CTIレコードでリーダー作アルバムを録音し、チック・コリアリターン・トゥ・フォーエヴァーの初期メンバーとして活動した。

略歴[編集]

ジョー・ファレルはアメリカ合衆国イリノイ州シカゴハイツ生まれ[2]

1960年代には、サド・ジョーンズ / メル・ルイス・ジャズ・オーケストラで演奏していた。チャールズ・ミンガスアンドリュー・ヒルジャッキー・バイアードエルヴィン・ジョーンズと共に録音を行った。

ジョー・ファレルはフューズ・ワン1980年の同名アルバムを発売し、ポップスのホール&オーツのアルバムにはオーボエ、ソプラノ・サックスで参加した。

アルバム『スリー・ウェイ・ミラー』でブラジル人パーカッション奏者アイアート・モレイラやその妻フローラ・プリムFlora Purim)と共演し、CDジャケットのメッセージは「1987年のアルバムをジョー・ファレルへ捧げます」と記載され、ジョー・ファレルの最後の録音が収録されている。

ジョー・ファレルは、1986年1月10日カリフォルニア州ロサンゼルスで骨癌により48歳で亡くなった[3]

2008年、ジョー・ファレルの娘キャサリーン・フィランテッロ(Kathleen Firrantello)はジョー・ファレルが1974年に作曲した「Upon This Rock」を許可を得ず別の楽曲に使用したラッパーのカニエ・ウェストメソッド・マンレッドマンコモンを提訴し、少なくとも100万ドルの懲罰損害賠償、曲の更なる複製禁止の履行を求めた[4][5]

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • 『ジョー・ファレル・クァルテット』 - Joe Farrell Quartet (1970年、CTI 6003) ※with John McLaughlin, Chick Corea, Jack DeJohnette, Dave Holland, reissued as Song of the Wind CTI 6067 in 1974
  • 『アウトバック』 - Outback (1971年、CTI 6014) ※with Chick Corea, Buster Williams, Elvin Jones, Airto Moreira
  • 『ムーン・ジャームス』 - Moon Germs (1972年、CTI 6023) ※with Herbie Hancock, Stanley Clarke, Jack DeJohnette
  • 『ペニー・アーケード』 - Penny Arcade (1973年、CTI 6034) ※with Herbie Hancock, Joe Beck, Herb Bushler, Steve Gadd, Don Alias
  • 『アポン・ディス・ロック』 - Upon This Rock (1974年、CTI 6042) ※with Herbie Hancock, Joe Beck, Herb Bushler, Jim Madison, Don Alias, Steve Gadd
  • 『キャンド・ファンク』 - Canned Funk (1975年、CTI 6053) ※with Joe Beck, Herb Bushler, Jim Madison, Ray Mantilla
  • 『ベンソン&ファレル』 - Benson & Farrell (1976年、CTI 6069) ※Duo album with George Benson/with Eddie Daniels, David Tofani, Don Grolnick, Will Lee, Gary King, Andy Newmark, Sonny Bravo
  • 『教会と牡牛』 - La Cathedral Y El Toro (1978年、Warner Bros 3121)
  • 『ナイト・ダンシング』 - Night Dancing (1978年、Warner Bros 3225)
  • 『スケート・ボード・パーク』 - Skate Board Park (1979年、Xanadu 174) ※with Chick Corea, Bob Magnusson, Larance Marable
  • 『ソニック・テキスト』 - Sonic Text (1980年、Contemporary) ※with Freddie Hubbard, George Cables, Tony Dumas, Peter Erskine, Original Jazz Classics, Fantasy 1993
  • Farrell's Inferno (1980年、Jazz a la Carte) ※with Victor Feldman, Bob Magnusson, John Guerin
  • Darn That Dream (1982年、Drive Archive 41038) ※with Art Pepper, Tony Dumas, John Dentz, George Cables
  • 『ヴィム・アンド・ヴィガー』 - Vim 'n' Vigor (1983年、Timeless) ※with Louis Hayes

参加アルバム[編集]

パティ・オースティン
  • 『エンド・オブ・ア・レインボー』 - End of a Rainbow (1976年、CTI)
アヴェレイジ・ホワイト・バンド
  • 『アヴェレイジ・ホワイト・バンド』 - AWB (1974年)
ザ・バンド
  • 『ロック・オブ・エイジス』 - Rock of Ages (1972年)
ジョージ・ベンソン
  • 『ティル・イット・ライク・イット・イズ』 - Tell It Like It Is (1969年、A&M/CTI)
  • 『グッド・キング・バッド』 - Good King Bad (1975年、CTI)
ジャッキー・バイアード
  • Jaki Byard Quartet Live! (1965年)
  • The Last from Lennie's (2003年) ※1965年録音
ビリー・コブハム
  • 『スペクトラム』 - Spectrum (1973年)
チック・コリア / リターン・トゥ・フォーエヴァー
ルー・ドナルドソン
  • 『ソフィスティケイテッド・ルー』 - Sophisticated Lou (1973年)
フューズ・ワン
  • 『フューズ・ワン』 - Fuse One (1980年)
グラント・グリーン
  • 『ザ・メイン・アトラクション』 - The Main Attraction (1976年、Kudu)
アービー・グリーン
  • 『ザ・フォックス』 - The Fox (1976年、CTI)
アンドリュー・ヒル
  • 『ダンス・ウィズ・デス』 - Dance with Death (1968年)
  • Passing Ships (2003年) ※1969年録音
ジャッキー&ロイ
  • 『ア・ワイルダー・アーリアス』 - A Wilder Alias (1973年、CTI)
エルビン・ジョーンズ
  • 『プッティン・イット・トゥゲザー』 - Puttin' It Together (1968年、Blue Note)
  • 『ジ・アルティメイト』 - The Ultimate (1968年、Blue Note)
  • 『ポリ・カレンツ』 - Poly-Currents (1970年、Blue Note)
  • 『ジェネシス』 - Genesis (1971年、Blue Note)
  • 『メリー・ゴー・ラウンド』 - Merry-Go-Round (1971年、Blue Note)
  • 『ニュー・アジェンダ』 - New Agenda (1975年、Vanguard)
ジョン・ラーキン (スキャットマン・ジョンの旧名)
  • John Larkin (1986年)
ザ・ジェフ・ローバー・フュージョン
  • 『ソフト・スペース』 - Soft Space (1978年)
パット・マルティーノ
  • 『ストリングス!』 - Strings! (1967年)
アイアート・モレイラ
  • 『フリー』 - Free (1972年、CTI)
ラロ・シフリン
  • 『ブラック・ウィドウ』 - Black Widow (1976年、CTI)
  • 『タワーリング・トッカータ』 - Towering Toccata (1976年、CTI)
ドン・セベスキー
  • 『ジャイアント・ボックス』 - Giant Box (1973年、CTI)
ボビー・ティモンズ
  • 『ガット・トゥ・ゲット・イット!』 - Got to Get It! (1967年、Milestone)

出典・脚注[編集]

  1. ^ Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. p. 195. ISBN 1-904994-10-5 
  2. ^ Joe Farrell music”. All About Jazz. 2020年8月4日閲覧。
  3. ^ Biography”. NME. 2009年4月15日閲覧。
  4. ^ Rappers sued over samples”. The Sydney Morning Herald (2008年5月23日). 2009年4月15日閲覧。
  5. ^ Four rappers sued by jazzman's daughter”. The Gazette (2008年5月23日). 2009年4月15日閲覧。

外部リンク[編集]