ジャッキー・バイアード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャッキー・バイアード
出生 1922年6月15日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州ウースター
死没 1999年2月11日(満76歳没)
ジャンル ラグタイムストライド・ピアノフリー・ジャズ
担当楽器 ピアノ

ジャッキー・(ジョン・)バイアードJaki (John) Byard, 1922年6月15日 マサチューセッツ州ウースター1999年2月11日 ニューヨーク・シティ)はアメリカ合衆国ジャズピアニスト作曲家トランペットサクソフォンなども演奏するマルチプレイヤーであった。ラグタイムストライド・ピアノからフリー・ジャズに至るまでのあらゆるジャズ・ピアノ奏法を包摂した、折衷的な演奏様式で知られる。National Public Radioは、フィル・ウッズのアルバム『ミュジック・デュ・ボワ(Musique du Bois)』への貢献を評して、「ジャズ界において最も説得力に富んだ多芸多才なピアニストのひとり[1]」であるとした。

日本語の「ジャッキー」という読み方は、かつての綴り(Jackie)に従っている。

略歴[編集]

15歳で職業ピアニストとして活動を始める。第二次世界大戦に従軍した後、1940年代後半にアール・ボスティックと演奏旅行を行なった。ボストンに拠点を移した後の1951年に、チャーリー・マリアーノとの共演で初録音を行なった。その後1952年から1955年までハーブ・ポムロイ楽団に、1959年から1962年までメイナード・ファーガソン楽団に在籍する。1962年から1964年までチャールズ・ミンガスと積極的に録音を行い、1964年にはミンガスのヨーロッパ楽旅にも同行した。そのほかエリック・ドルフィーブッカー・アーヴィンサム・リヴァースの重要な録音でもサイドマンを務めており、1970年には再びミンガスと録音を行なった。1960年代にはプレスティッジ・レコードに一連のリーダー・アルバムを録音した。臨時で結成されたビッグバンド「アポロ・ストンパーズ」のフロントマンも務めた。

ニューイングランド音楽院マンハッタン音楽学校ハート音楽院などで教鞭を執る[2]

一説に、イスラム教改宗してジャミル・バシール(Jamil Bashir)と改名したと伝えられる[3]

1999年に射殺された[4]が、バイアードの死をとりまく状況は不明である。

註釈[編集]

  1. ^ Morrison, Nicとk; Abe Beeson (2008年8月11日). “Jazz for the front porch”. NPR. 2008年9月22日閲覧。
  2. ^ Watrous, Peter (1999年2月15日). “Jaki Byard, a Jazz Musician And Teacher, Is Dead at 76”. New York Times. 2009年3月14日閲覧。
  3. ^ Muslim Names in Jazz
  4. ^ Jacobs, Andrew (1999年2月14日). “Jazz Artist Jaki Byard Died of Bullet Wound”. New York Times. 2009年3月14日閲覧。

外部リンク[編集]