リターン・トゥ・フォーエヴァー (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
リターン・トゥ・フォーエヴァー
チック・コリアスタジオ・アルバム
リリース
録音 1972年2月2-3日 A&R Studios, New York City, NY[2]
ジャンル フュージョン
時間
レーベル ECM 1022
プロデュース マンフレート・アイヒャー
専門評論家によるレビュー
チック・コリア/リターン・トゥ・フォーエヴァー 年表
リターン・トゥ・フォーエヴァー
(1972年)
ライト・アズ・ア・フェザー
(1973年)
テンプレートを表示

リターン・トゥ・フォーエヴァー』(Return to Forever)は、チック・コリアが1972年に発表したアルバム。このアルバムはコリアのソロ名義であり、後に同名のバンドとして新たにリターン・トゥ・フォーエヴァーを立ち上げる。

ジャケットの写真はマイケル・マヌージアン(Michael Manoogian)が撮影した[2]

トラック・リスト[編集]

全作曲: 特記以外はチック・コリア。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「"Return to Forever"」 特記以外はチック・コリア
2.「"Crystal Silence"」 特記以外はチック・コリア
3.「"What Game Shall We Play Today"」(Corea, Neville Porter) 特記以外はチック・コリア
4.「"Sometime Ago - La Fiesta"」(Corea, Porter, Stanley Clarke, Joe Farrell) 特記以外はチック・コリア
合計時間:

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]