ジム・ホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジム・ホール
Jim Hall.jpg
ジム・ホール(2005年)
基本情報
出生名 James Stanley Hall
生誕 (1930-12-04) 1930年12月4日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州 バッファロー[1]
死没 (2013-12-10) 2013年12月10日(83歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州 マンハッタン[2]
ジャンル ジャズ
担当楽器 ギター
活動期間 1955年 - 2013年
レーベル パシフィック・ジャズ・レコード
CTIレコード
コンコード・レコード
ArtistShare
共同作業者 エラ・フィッツジェラルド
ビル・エヴァンス
ソニー・ロリンズ
アート・ファーマー
ロン・カーター
ビル・フリゼール
公式サイト JimHallmusic.com

ジム・ホールJim Hall、本名ジェームズ・スタンリー・ホール (James Stanley Hall) 、1930年12月4日 - 2013年12月10日[2])は、アメリカ合衆国ジャズミュージシャンギタリストソニー・ロリンズアート・ファーマービル・エヴァンスなど著名なミュージシャンと長年共演しており、多くのミュージシャンがホールからの影響を受けている[3]

生い立ち[編集]

ニューヨーク州バッファロー生まれ[2]。両親の離婚によりクリーブランドに引っ越し、そこで育った[2]。10歳からギターの演奏を始めた[2]

経歴[編集]

1955年よりチコ・ハミルトン楽団で活動[2]1957年、初のリーダー・アルバム『ジャズ・ギター』発表。

1960年代は、サイドマンとしての活動が中心となる。1960年から1961年にかけてエラ・フィッツジェラルドのバックを務め、傑作ライブ・アルバムとして名高い『マック・ザ・ナイフ-エラ・イン・ベルリン』にも参加。また、エラのツアーに帯同して南米を訪れた際、ボサノヴァを知り、自分の演奏スタイルに取り入れる[要出典]1962年にはビル・エヴァンスとの連名で『アンダーカレント』を録音し、また、ソニー・ロリンズアート・ファーマーのリーダー・アルバムにも参加。1969年、12年ぶりのリーダー・アルバム『ジム・ホール・イン・ベルリン』発表。

1972年ロン・カーターと連名で制作したベースとギターのデュオ作品『アローン・トゥゲザー』が話題となる。ロンとは以後も度々共演。1975年には、チェット・ベイカーなどを迎えて録音したリーダー・アルバム『アランフェス協奏曲』が大ヒット。1976年、バンド・リーダーとしては初の日本公演を行う(サイドマンとしての初来日は1967年)[要出典]

1992年ゲイリー・バートンのアルバム『シックス・パック』に参加。1993年にはギター独奏による『デディケイションズ&インスピレイションズ』発表。1999年パット・メセニーとの共演盤『ジム・ホール&パット・メセニー』発表。

2003年、レーベルをArtistShareに移り、『マジック・ミーティング』というトリオ・アルバムの作成を発表。まだプロダクションが始まる前に先行販売しファンがアルバムに投資するという前代未聞のプロジェクトであった[要出典]2005年、ピアニストのGeoffrey Keezer(ジェフリー・キーザー)と共に『フリー・アソーシエィション』というデュオ・アルバムをArtistShareから発表。このアルバムは、ホールが教師をしていたThe New School for Jazz and Contemporary Musicで録音された。2008年、元教え子のビル・フリゼールと共にダブル・ディスクの『ヘミスフィア』を発表した。

2013年12月10日マンハッタンの自宅で死去[2][1]。享年83。

評価[編集]

ホールのギター演奏は静寂[3]、控えめさ[3]、忍耐[4]に特徴がある。

共演者でもあるジョー・ロヴァーノ英語版によるとホールのギターには聴衆を引き込む力があり、そのハーモニーとリズムの美しさに匹敵するのはビル・エヴァンスエド・ブラックウェル英語版くらいしかない[3]

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作品[編集]

  • ジャズ・ギター - Jazz Guitar(1957年1月録音)(Pacific Jazz) 1957年
  • ジム・ホール・イン・ベルリン - It's Nice To Be With You: Jim Hall In Berlin(1969年6月録音)(MPS) 1969年
  • ・・・ホエア・ウッド・アイ・ビー? - Where Would I Be(1971年7月録音)(Milestone) 1971年
  • アランフェス協奏曲 - Concierto(1975年4月録音)(CTI) 1975年
  • ライヴ! - Jim Hall Live!(1975年6月録音)(Horizon/A&M) 1975年
  • ジム・ホール・ライブ・イン・トーキョー - Jim Hall In Tokyo(1976年録音)(A&M) 1976年(「中野サンプラザ」におけるライヴ)
  • 哀愁のマタドール - Commitment (Horizon) 1976年
  • 無言歌 - Jazz Impressions Of Japan(1976年11月録音)(Horizon)1977年(ダイレクトカッティングで録音された)
  • サークルズ - Circles (Concord) 1981年
  • スリー - Jim Hall's Three (Concord) 1986年
  • All Across The City(1989年5月録音)(Concord) 1989年
  • ライブ・アット・タウン・ホール'90 - Live At Town Hall(1989年、1990年録音)(Jazz Heritage) 1991年(ライヴ。CD 2枚組。)
  • チャーリー・ヘイデンと共同名義, Charlie Haden/Jim Hall(1990年7月録音)(Impulse!) 2014年
  • サブセクエントリー - Subsequently (BMG/MusicMasters Jazz) 1992年
  • ユーカリ - Youkali (CTI) 1992年
  • サムシング・スペシャル - Something Special (Inner City/Music Masters Jazz) 1993年
  • Dedications And Inspirations (Telarc) 1994年
  • Dialogues (Telarc) 1995年
  • テクスチャーズ - Textures(1996年9月録音)(Telarc) 1997年
  • パノラマ:ライヴ・アット・ヴィレッジ・ヴァンガード - Panorama: Live at the Village Vanguard (Telarc) 1997年(ライヴ)
  • ジャズパー・カルテット+4 - Jazzpar Quartet + 4 (Storyville) 1998年
  • バイ・アレンジメント - By Arrangement (Telarc) 1998年
  • Jim Hall & Basses (Telarc) 2001年

デュオ作品[編集]

その他の共同名義[編集]

  • チェット・ベイカーらと共演, スタジオ・トリエステ - Studio Trieste (CTI) 1982年
  • ジョー・ロヴァーノ、ジョージ・ムラーツ、ルイス・ナッシュと共同名義, グランド・スラム - Grand Slam: Live at the Regatta Bar(2000年1月録音)(Telarc) 2000年(ライヴ)
  • ビル・フリーゼルらと共演, Hemispheres (ArtistShare) 2008年(CD 2枚組)

テレビ、ラジオ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Jazz Articles: Guitar Great Jim Hall Dies at 83 - By Jeff Tamarkin — Jazz Articles”. Jazztimes.com. 2014年9月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Jim Hall, quiet master of jazz guitar, dies at 83 The Washington Post By Matt Schudel December 11, 2013
  3. ^ a b c d A Guitarist Who Can Build Jazz On Silence NYTimes.com By PETER WATROUS Published: September 26, 1995
  4. ^ The Quietly Revolutionary Guitar of Jim Hall - The New Yorker By Taylor Ho Bynum

外部リンク[編集]